FC2ブログ

プロフィール

kohnai

Author:kohnai
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

八ツ場ダム

旧民主党出身の議員が「八ツ場(やんば)」との
言葉に神経質になっているそうです。

政権時代に「無駄な公共事業」として建設凍結に
動いた八ツ場ダム(群馬県)が台風19号で
一定の治水効果を発揮したとされるためだそうです。

しかし、かつての当事者から「反省」の
言葉は聞こえず、むしろ批判に反論する
発言が目立っているそうです。

八ツ場ダムをめぐっては、自民党が
旧民主党政権が掲げたキャッチフレーズに
引っかけ「『コンクリートから人へ』との
かけ声のもとで、紆余(うよ)曲折を
経てきた」(松山政司元科学技術担当相)
などと野党を攻撃している。

これに対し、菅直人政権の官房副長官
だった立憲民主党の福山哲郎幹事長は16日、
記者団に「台風対応に懸命に取り組まなければ
いけないのに、批判すること自体がナンセンスだ」と
反論したそうです。
一方、建設を一時中断した判断そのものへの
言及は避けた。

副総理や外相などを歴任した岡田克也衆院議員は
17日の記者会見で「1つの事例を捉えて
大規模ダムの建設を正当化するのは当たらない。
それならば、すべてスーパー堤防にして、
全部ダムを作ればいい」と反発。
建設中止を決定した当時の首相で、政界を
引退した鳩山由紀夫氏も18日の
ツイッターで、八ツ場ダムの効果を
主張する声に「事実ではない」などと
反論したそうです。

だから、野党は駄目なのです。
結果的に、間違っていましたからね。
ここで、誤ればよいのです。
間違っていたことを、反省しないで、
政権なんかとれませんよ。
馬鹿な野党です。
スポンサーサイト



<< 中国の対米貿易 | ホーム | ニンテンドースイッチ >>


 BLOG TOP