FC2ブログ

プロフィール

kohnai

Author:kohnai
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

工作機械の受注額

「1000億円」が好不況の目安とされている。

景気の先行指標とされる工作機械の
月間受注額のことだそうです。

それがこの8月、一気に900億円台さえ
割り込み、前年同月比37・1%減の888億
4700万円にまで急落した。

900億円割れは2013年4月以来、
実に6年4カ月ぶり。
米中摩擦をはじめとした不安定な
国際情勢が企業心理に影を落とし、
設備投資にブレーキをかけている格好だ。

日本工作機械工業会(日工会、会長=飯村幸生東芝機械会長)の
受注統計によると、月間受注額の1000億円割れは
32カ月ぶりとなった6月に続き今年に入って2回目だ。

ただ、6月の受注額自体は989億2800万円で、
1000億円割れといってもごくわずか。

7月にはすぐに1000億円台を回復していただけに、
今回の900億円割れには「黄色をすっ飛ばして
いきなり赤信号がともった感じ」(DMG森精機関係者)
として業界内にもショックが広がる。

直近のピークだった18年3月の1828億
6000万円と比べると、半分未満の水準にまで
落ち込んでしまったことになるそうです。

それだけ、中国の景気が落ちていることです。
設備投資が減少しています。
でも、これは、日本の対策ではどうにもなりません。
こういう時期は必ずあります。
スポンサーサイト



<< 日韓首脳会談 | ホーム | サウジアラビア >>


 BLOG TOP