FC2ブログ

プロフィール

kohnai

Author:kohnai
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

花王

トイレタリー国内首位の花王に、
不安要因が出てきたそうです。

花王は2月4日、2018年12月期決算を
発表した(国際会計基準)そづえす。

売上高1兆5080億円(前期比1.2%増)、
営業利益2077億円(同1.4%増)と
堅調ながら、期初に会社が公表していた
売上高1兆5400億円、営業利益2150億円には
届かなかったそうです。

会社計画に未達だったいちばんの要因は、
これまで業績の牽引役だった子ども用
紙おむつ「メリーズ」が失速したことだそうです。

メリーズは同社を代表する製品で、
主要カテゴリーの1つである「ヒューマン
ヘルスケア事業」の売上高2677億円のうち
約半分を占めるそうです。

このヒューマンヘルスケア事業は、2017年12月期に
前期比7.8%増と好調。
ところが、2018年12月期は同4.8%減と減速したそうです。

理由は、花王が事前に予測しなかった2つの出来事が降りかかっているためだ。

その1つが、中国政府によるソーシャルバイヤー
(転売業者)に対する規制だそうです。
今年1月に現地で「中華人民共和国
電子商務法」(通称:EC法)が施行され、
ソーシャルバイヤーには営業許可証の
取得や納税義務が課されることになった。
これにより、昨年後半からソーシャル
バイヤーは日本製品の買い控えを続けているそうです。

予測しなかった出来事の2つ目が、
ソーシャルバイヤーによる在庫の
「たたき売り」だそうです。

今までの販売が異常だっただけだと
思います。
これから、正常になるということです。

スポンサーサイト



<< IT企業のデータ | ホーム | 中国リスク >>


 BLOG TOP