FC2ブログ

プロフィール

kohnai

Author:kohnai
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

党首討論

約1年半ぶりに行われた30日の
党首討論では、質問に立った4野党が
2つに割れたそうです。

立憲民主党の枝野幸男代表と
共産党の志位和夫委員長は、
十年一日のように「モリ・カケ」追及に
明け暮れたのに対し、国民民主党の玉木雄一郎
共同代表と日本維新の会の片山虎之助
共同代表はあえてモリ・カケに触れず、
建設的な議論を目指したそうです。

「対決より解決」を掲げる玉木氏は一切、
モリ・カケに言及しなかったそうです。

玉木氏は討論で、米トランプ政権が
検討している自動車の輸入制限や、
ロシアのプーチン大統領との北方領土返還交渉を
取り上げたそうです。

これには、首相も「最後の時点まで外に
出すわけにはいかない」と述べつつ、
こんな事実を明かしたそうです。

 「(プーチン氏との)テタテ
(通訳だけが入る1対1の会合)では、
平和条約交渉の話しかしていない」

こういう首相の言葉を引き出したのは
玉木氏の功績ですね。

国民はもうモリカケ問題にあきあきしています。
国民に何が関係しているのでしょうか。

国民民主党は支持率が上がるかも
しれませんね。
国民は見ています。
スポンサーサイト



<< かりゆしウエア | ホーム | シェールガス >>


 BLOG TOP