FC2ブログ

プロフィール

kohnai

Author:kohnai
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

工場閉鎖が増えている

歴史的な超円高で輸出型産業が
苦境に立たされています。

九州でも昨年末以降、工場の撤退表明が
相次いでいます。

地域経済を支えてきた生産拠点の消失に、
地元自治体などは雇用確保など対応を急ぐが、
専門家からは「小さな自治体では、工場が
消えることで局地的な空洞化の懸念がある」との
声が上がっているようです。

大分県日出町では、米半導体大手のテキサス・
インスツルメンツ(TI)の工場閉鎖による
ショックが広がっています。

TI日出工場は昭和48年操業で、従業員約500人のうち
146人が町民。
工場は平成25年7月末までに閉鎖されます。

法人税や従業員の住民税など、TI日出工場に
関連した町の収入は年間約1億6千万円。

町全体の税収27億4千万円(平成23年度見込み)
の6%にも及ぶそうです。

一方、鹿児島県日置市では、パナソニック
グループの半導体製造工場の閉鎖が決まりました。

こちらも約40年間稼働してきた老舗工場だが、
海外勢に押されパナソニックが半導体事業再編を
進める中で、2年後をめどに幕をおろすそうです。

時代の流れですね。

時代に合わせて、工場は変化する必要が
あります。
時代が変わってきたのだと思いますよ。


スポンサーサイト



<< 中国の副主席 | ホーム | ビール大手の決算 >>


 BLOG TOP