FC2ブログ

プロフィール

kohnai

Author:kohnai
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

中国のドイツ企業

中国共産党が対中進出している
外資の民間企業にも党組織を社内に
設置させ、党の意向を経営に
反映させるよう求めている問題に
ついてです。

在中国ドイツ商工会議所が、
「中国市場からの撤退や戦略転換を
図る企業が出る恐れがある」などと
警告を行ったそうです。

同商工会が公表した声明では、
「政党を含む第三者からの干渉を受けない経営が
イノベーションや成長の強固な基礎だ」と反論。

外資企業の経営判断に事実上の介入を
狙う共産党の方針を強く牽制したそうです。
商工会レベルで「撤退」まで示唆しながら
抗議の意を示したのは、初めてだそうです。

でもですね。
中国は共産党ですからね。
リスクは覚悟しておく必要があります。

市場だけで進出するのが
おかしいような気がします。
日本企業も反日を考える必要が
あります。
スポンサーサイト

業務用米

コメが値上がりしていると聞いても、
あまり実感がない方が多いかも
しれません。

家で炊くお米ではなくお弁当やおにぎり、
外食で使われる業務米の価格は、
3年で2割以上も上がっているそうです。

レンジでチンする「サトウのごはん」。
一部の商品を11月21日から6.7%程度
値上げするそうです。

牛丼チェーンの「すき家」は29日から、
特盛牛丼を50円値上げするそうです。

いま、品薄・高騰といわれている業務用の
お米とはこういった商品のこと。スーパーで
シニア層を中心に人気のお弁当やお寿司には、
業務用米も使われているそうです。

「ゆめぴりか」や「つや姫」など、
各都道府県では5キロ2000円を
超えるブランド米作りが盛んだそうです。

安い業務用から撤退して高いコメを
作るようになった農家が増えたのに加え、
国が家畜のエサ「飼料用米」への補助金を
厚くしたことで、転作を選ぶ農家も
増えているそうです。

相対的に業務用米の需要がまかないきれず、
品薄や高騰を呼んでいるそうです。

こういうのって政策の失敗ですね。
需要と供給を考えていませんね。
価格がどんどん上がります。

年収と増税

政府・与党は、2018年度税制改正で
焦点となっている給与所得控除の
見直しについて、会社員が増税となる
線引きを、年収800万円台~900万円台
とする方向で調整に入ったそうです。

一方、低所得の会社員に対する
減税は見送り、現在と税負担を
変えない方針だそうです。

給与所得控除は、スーツの購入代など
会社員が必要な支出を経費として認め、
所得税の負担を軽くする仕組みです。
年収に応じて控除額が増え、現在は年収1000万円を
超えると控除額が上限の220万円に
達して頭打ちになるそうです。

政府・与党は今回の見直しで、控除の
上限額を220万円から引き下げた上で、
上限に達する年収の線引きを
年収800万円台~900万円台に下げる方向だそうです。

年収1000万円超の会社員に増税する
方向で検討してきたが、この層に負担が
集中し過ぎないように増税対象を広げるそうです。

仕方ないかも知れません。
でも、政府と地方は、税金の無駄使いも
きちんとチェックする方法を考える
必要があります。

ひきこもり就労支援

ひきこもりなどを対象に就労準備を支援する
事業についてです。

主に事業主体となる福祉事務所を
設置している全国の自治体の半数以上が
断念していたそうです。
26日、厚生労働省の調べで分かったそうです。

対象者が「新しい環境に拒否感がある」
「必要性を理解していない」と訴えている
ことなどを理由としており、対象者が
社会と断絶し、支援が届きにくい実情が
浮き彫りになったそうです。

自立できなければ生活保護に移行し、
社会保障費がさらに増大することが
懸念されているそうです。

難しいですね。
社会基盤よりもまず、家族のサポートが
必要ですね。
自治体に頼るより、まず親が、動く必要が
あります。
そうでないと難しいでしょうね。

ファミマがコインランドリー

コンビニエンスストア大手の
ファミリーマートです。

23日、コインランドリー事業に
参入する方針を明らかにしたそうです。

都市部を中心にコインランドリーの
利用者は増えているそうです。
ファミマは2019年度末までに、
コインランドリーが使える店舗を
約500店展開する計画だそうです。

店内に併設する形のほか、郊外の店舗では、
駐車場の一部に専用の建物を設けて
コインランドリーを使えるようにするそうです。
第1弾として、18年春をめどに関東地方の
2店舗で始めるそうです。

共働き世帯が増える中、週末にまとめて
洗濯をしたい利用者や単身世帯が増え、
クリーニングよりも安いコインランドリーの
需要は増しているそうです。
ファミマはこうした顧客を取り込む
ことでコンビニでの「ついで買い」に
つなげたそうです。

確かにそうですね。
コインランドリーはいいかも知れませんね。
コンビニがいろいろ始めています。

ロイヤルホスト

ファミリーレストラン「ロイヤルホスト」を
運営するロイヤルホールディングス(福岡市)です。

一斉に休業する日(休業日)を2018年から
設ける方針を固めたそうです。

全国の9割超の店舗で、元日を含む計3日間を
充てるそうです。

ファミレスの休業日の導入は珍しいそうです。
傘下の天丼チェーン「てんや」でも、
直営の154店舗のうち8割近くで
元日を休業日とする方針だそうです。

ロイヤルホストは、フランチャイズ店を
含めて全国に220店舗あるそうです。
元日も営業する商業施設などに入る
一部の店舗を除き、9割以上の
ロイヤルホストで元日のほか、5月と
11月にそれぞれ1日休業するそうです。

休日がニュースになるのですね。
それだけ、外食産業が大変だと
いうことです。
競争も激しいですからね。

タカタの事業譲渡

欠陥エアバッグ問題で経営破綻
した自動車部品大手タカタです。

21日、中国資本傘下の米自動車部品メーカー、
キー・セイフティー・システムズ(KSS)に
ほぼすべての資産と事業を譲渡することで
最終合意したそうです。
売却額は約1750億円だそうです。

タカタは6月26日に民事再生法の適用を申請。
同時にシートベルトなどの主力事業を切り出し、
KSSに事業譲渡することで基本合意していたそうです。

エアバッグ問題に伴うリコール(回収・無償修理)
への対応や支払い業務は残った会社が担うが、
最終的には清算するそうです。
リコール対象のうち、未回収の車はまだ
国内外で残っているそうです。

負債総額は約1兆500億円規模で
製造業としては戦後最大だそうです。

すごい負債金額です。
中国メーカーに1750億円ですか。
タカタは、対応が後手に回ったですね。
経営者の責任ですね。

セブンのシェア自転車

セブン―イレブン・ジャパンです。

コンビニ店を拠点にしたシェア自転車の
貸し出しを始めるそうです。
ソフトバンクと連携し、今月中にさいたま市の
9店舗で導入。
2019年3月末までに、首都圏や地方都市の
1千店舗に約5千台を設置する計画だそうです。

ソフトバンクと子会社が手がけるシェア自転車
サービス「ハローサイクリング」を活用。

「Suica(スイカ)」などの交通系
ICカードを登録すれば、事前予約なしで
利用できるそうです。
支払いには別にクレジットカードの登録が必要で、
料金は15分60円が基本だが、地域や
自転車の種類によって異なるそうです。

セブンイレブンの新しいビジネスです。
いいかもしれませんね。
コンビニはどんどん新しいサービスを
始めています。

日本版トマホーク

政府は、地上の目標を攻撃できる
巡航ミサイルを開発する方向で
検討に入ったそうです。

防衛省が2018年度から研究を
始める予定の対艦ミサイルに
対地攻撃能力の付加を計画しているもので、
日本が対地巡航ミサイルを本格的に
開発するのは初めてになるそうです。

敵に占領された離島の奪還が主目的だが、
敵基地攻撃も性能上は可能で、北朝鮮への
抑止力向上にもつながるそうです。

巡航ミサイルは搭載したレーダーなどによって
攻撃目標に向かう精密誘導兵器で、
弾道ミサイルが放物線を描いて上空から
飛来するのに対し、飛行機のように翼と
ジェットエンジンで水平飛行するそうです。

米国の「トマホーク」と共通点が多いことから、
防衛省内では開発するミサイルを
「日本版トマホーク」と位置付けているそうです。

北朝鮮の脅威が大きくなっています。
敵地攻撃能力を考える時期に
なってきました。


日産自動車

日産自動車が無資格検査問題の
調査結果を発表したそうです。

本社と生産現場との意思疎通が
不十分だったことが明らかになり、
経営の不作為が改めて浮き彫りに
なったそうです。

カルロス・ゴーン会長が社長を
務めていた時代から問題は続いており、
拡大路線を進める中で完成検査員の
人員不足が慢性化していた可能性も
指摘されたそうです。

報告書は問題の背景として、
「現場と本社の管理者層との間に
距離があり、管理者層が問題を把握し
対処することを困難にした」と
指摘。
西川広人社長が「是正した」と公言した後も
無資格検査が続いていたことが発覚し、
国内販売向け車両の生産・出荷停止につながって
問題が深刻化したが、その背景に
社内の意思疎通に問題があったことが
明確になったそうです。

業績が上がりましたが、
いろいろ問題もあったのですね。
経営者の責任ですね。
組織の問題もあります。


ビッグ・トゥモロウ

青春出版社(東京都新宿区)の、
月刊誌「BIG tomorrow(ビッグ・トゥモロウ)」です。

12月14日発売の増刊2018年1月号を
最後に休刊すると公式ホームページで
告知したそうです。

「青春出版社 広告部からのご報告」と
題した広告主向けのもので、「この度、月刊BIG 
tomorrowは、2018年1月号(11/25発売)、
増刊は2018年1月号(12/14発売)を
もちまして、休刊することになりました」と
説明しているそうです。

同社によると、すでに10月16日に掲載。
休刊の理由は「諸般の事情により、
としか言えません」と話しているそうです。

「ビッグ・トゥモロウ」は、1980年に
男性誌として創刊。
ビジネスや処世術などの記事を掲載。
最新号の特集は「疲れた体でも最速で
仕事が終わる『集中力』の手に入れ方」
「人の3倍お金を稼ぐ人は今、何を
勉強しているのか?」などだそうです。

最近は、あまり読まなくなりましたね。
部数が減っているのでしょうか。
インターネットの普及でしょうね。
出版業界も厳しくなっています。

小池都知事

小池百合子都知事が、希望の党代表を
辞任しました。

11月12日に行われた葛飾区議選で、
都民ファーストの候補者5人のうち
4人が落選したことや、各社の世論調査で
「都政に専念すべき」という声が圧倒的に
多いことを受けて、慌てて「都政に専念します」
という姿勢を打ち出したそうです。

本当はどうかわかりませんが、
2つは出来ませんからね。
1つにした方がよいと思います。

でも、国民は見ていますから、
都民ファーストの議員は、
これから大変ですね。

小池さんは自分を過信していましたね。

無印良品

「無印良品」を運営する良品計画です。

来年に売り出す家具や雑貨など
2400品目を値下げするそうです。

標準的な店舗の品ぞろえの4割に
あたるそうです。

好調な売り上げを背景に、製造や流通にかかる
経費を削減するそうです。

消費者の節約志向も意識し、値下げに
よって客数を伸ばすそうです。

先月発表された同社の2017年8月
中間決算は増収増益と好調で、「売り上げが
増えることでスケールメリットを生かして
経費を削減できる」(広報)そうです。

ただ、松崎暁社長は足元の消費について
「日用品、消耗品の価格への見方は厳しい」とみているそうです。
今年も春夏商品300品目を値下げしたところ、
売り上げが伸びたそうです。

値上げするところと値下げするところが
ありますね。
競争が激しくなっています。

国産キウイ

日本の果物消費は、落ち込み
続けているそうです。

そういった中でも、キウイフルーツの
消費量は、2007年から、1.6倍に
伸びているそうです。

しかし、わたしたちが口にするキウイの
7割は、ニュージーランドからの輸入。
ニュージーランド産の出荷数が少ない時期に、
国産キウイを普及させようと始まった、
新しい取り組みがあるそうです。

都内の倉庫に積み上げられた箱の
中のキウイを1つ1つ見ると、
「宮崎」と書かれたシールが貼ってあるそうです。

その味は、かまなくても、口の中に
溶け込んでいくくらい、柔らかくて甘い。
1個で、ビタミンCがレモン8個分に
のぼるそうです。
「サンゴールドキウイ」というそうです。

およそ1カ月前に、宮崎・都農町で、
収穫の時を迎えていたそうです。

ニュージーランド産のキウイが品薄になる、
4~12月に、国産キウイを生産しようと、
2年前から、ニュージーランドの技術支援を
受け始めたそうです。

まもなく、宮崎県で生産されたキウイ、
およそ8,000箱(30トン)が出荷・
販売される予定だそうです。

すごいですね。
いいことです。
農家もいろいろな取り組みを
おこなうべきですね。

企業の現預金

企業が抱える現金と預金です。

財務省の法人企業統計調査(金融・保険除く)の
データを分析したそうです。
調査対象は国内企業で、海外子会社は含まれないそうです。

2016年度末に211兆円と過去最高に
ふくれあがっているそうです。

アベノミクス前(11年度末)と比べ
3割(48兆円)増えたそうです。

人件費はほぼ横ばいで、企業の空前の
利益が働き手に回らない構図が
鮮明になったそうです。

16年度の純利益は、5年前の2・6倍の50兆円で、
バブル最盛期の1989年度(18兆円)を
大きく超えるそうです。
円安で輸出企業を中心に業績が伸び、4年連続で
過去最高を記録したそうです。

巨額のもうけは賃金や設備投資増に回らず、
現預金などに向かっているそうです。

でも海外では、M&Aなどに行っています。
国内は成長しないですからね。

セブンイレブン

コンビニエンスストア最大手の、
セブン-イレブン・ジャパンです。

10月の既存店売上高がを発表したそうです。
前の年の同じ月に比べ、0.5%減ったそうです。

マイナスは、2012年7月以来、5年3カ月ぶりだそうです。

客単価は、4.2%増えたものの、
台風など天候不順の影響で、
客数が4.5%減っているそうです。

一方、店舗数は、1万9,887店に増加し、
チェーン全店の売上高は、2.5%増えたそうです。

5年3カ月ぶりに前の年より減ったそうです。
それでもすごいですね。

ずっと成長していたのがすごいですね。

紅白歌合戦

「週刊文春」史上初のアンケート企画
「紅白に出てほしい歌手・出てほしくない
歌手」のランキングだそうです。

アンケートは9月29日から11月6日まで、
小誌メルマガ会員を対象に募集し、
回答総数は4500票超にのぼったそうです。

「出てほしい歌手」部門の1位は1121票を集めた
安室奈美恵(40)だそうです。

「出てほしくない歌手」部門の1位は1879票の
得票で和田アキ子(67)だったそうです。

「出てほしくない歌手部門」では、AKB48が2位に。
「ひと枠でいい。AKBとか欅坂とか乃木坂とか
キリがない」(52・女)といった意見が
目立ったそうです。

また、3位に嵐、8位にTOKIO、
13位にSexy Zone、18位に近藤真彦が
入るなど、毎年多数出場するジャニーズ所属の
タレントに対し、「ジャニーズだからといって、
枠が多すぎて他の歌手が少なすぎる」(13・女)
といった指摘もあるそうです。

確かにそうですね。
出て欲しくない歌手で、和田アキ子ですか。
わかりますね。
AKBやジャニーズもわかります。
ヒット曲もないのに、たくさん出ています。
一部のコアなファンだけのような気がします。

アンケートは面白いですね。

納豆の消費

納豆の人気が高まっているそうです。

2017年の消費額は過去最高を記録した
16年をさらに上回る勢いになっているそうです。

安くて栄養豊富な点が節約志向にマッチし、
最近は高めの商品も健康重視の女性らに
売れているそうです。

地域や世代間で消費に差があり、消費額が
昨年最多だった水戸市や業界関係者は
粘り強く魅力を発信しているそうです。

全国納豆協同組合連合会(東京)によると、
業務用を含む16年の消費額は推計で2184億円。

11年比で26%増え、以前のピークの04年を
超えたそうです。
タンパク質やカルシウムが多く、価格は手頃。
保存も簡単で「消費者ニーズにぴったり」
(同連合会)なため、高齢の単身世帯などで
よく売れているそうです。

2000億円もあるのですか。
すごいですね。
健康志向ですからね。

冬のボーナス

経団連が6日大手企業の冬のボーナスを
発表しました。

妥結状況(第1回集計)によると、
74社の組合員平均は前年比1.19%減の
91万6396円となり、5年ぶりに減ったそうです。

「労働組合がベースアップの獲得を優先し、
要求水準を下げた」
(労働政策本部)そうです。
なお高水準だそうです。

夏冬ボーナス一括で妥結した企業が多く、
夏に5年ぶりマイナスとなった流れを
反映したそうです。
ただ第1回集計としては2015年から
3年連続の90万円超えで、1959年の
集計開始以来初めてだそうです。

やっぱり金額ですね。
金額が増えたほうがよいですね。
まだ景気がいいのですね。
株価も上がっています。


鉄鋼業界

大手鉄鋼4社の2017年4―9月期連結決算が
出そろったそうです。

各利益段階とも軒並み大幅に改善したそうです。

18年3月期連結決算の業績予想でも、
品質データ改ざん問題の影響が
予想される神戸製鋼所を除き、
そろって大幅増益を見込んでいるそうです。

自動車産業をはじめとする鉄鋼需要の
回復が背景にある。
ただ、各社の好業績には原料価格の
上昇に伴う在庫評価の好転といった
一過性の要因に支えられた側面もあり、
利益構造の抜本的な改善が急がれるそうです。

下期の需要も堅調に推移するとの見方が強いそうです。

鉄鋼業界もよいのですね。
自動車業界の影響も
大きいですね。

iPhoneX

11月3日発売のiPhone Xです。

をたくさん売りたいと、ドコモ、au、
ソフトバンクの大手通信3社はあの手
この手の割引策を用意したそうです。

iPhone Xは、高機能でこれまでの
iPhoneとはデザインも異なり、見た目も
中身も大きな進化をとげたそうです。

一方で、価格も過去最高だそうです。
アップルが販売するSIMロック
がかかっていないバージョンの価格は、
データを保存できる容量が64ギガバイトの
ものが12万1824円、
256ギガバイトだと14万184円にもなるそうです。
目新しさはあるが、スマホに強い関心が
ある人でないと、簡単には払えないそうです。

端末と料金を分離したプランが
主力となっているau。
同社はiPhone向けに二つのアップグレード
プログラムを用意したそうです。

通常のアップグレードプログラムは、
分割払いを24回から48回に延ばし、
24回分支払った後は、端末の下取りを
条件に残りの支払いが免除されるというものだそうです。
これは、iPhoneだけでなくアンドロイドも含め、
すべての端末で利用できるそうです。

確かに、いろいろなプランがあるでしょうね。
でも、価格が高すぎますね。
ヒットするでしょうか。
パソコンよりかなり高いです。

全席禁煙

2020年東京五輪・パラリンピックに向けて
屋内禁煙の機運が高まるなか、外食業界が
分煙席を設けない全席禁煙にカジを
切り始めたそうです。

先行する日本マクドナルドなどに続き、
日本KFCホールディングスやファミレス
「デニーズ」も全店で踏み切っているそうです。

背景には来店客だけでなくアルバイトの
従業員までたばこの煙を嫌っていて、
従来の分煙では採用が難しく
なってきたことがあるそうです。

人手不足が外食各社の背中を押した
格好だそうです。

外食業界は禁煙強化に慎重論が根強いそうです。
飲食や飲酒と喫煙は親和性が高く、
喫煙客の反発から短期的な売り上げ減少が
避けられないためだそうです。
ただ若年層の喫煙率が下がるなか、
各社は将来にわたって来店してもらうためには
禁煙が不可欠とみているそうです。

禁煙でないとアルバイトなどが
集まらないのは驚きますね。
喫煙している人が減っています。
時代の流れでしょうか。

ヤマト運輸

宅配便最大手のヤマトホールディングス(HD)です。

31日、2017年9月中間決算会見で、
9月末を目標に進めた法人顧客との
運賃値上げ交渉の結果、数百社との
契約を終えると明らかにしたそうです。

17年度に運ぶ荷物量は、16年度より
4100万個少ない18億2600万個に
減るそうです。

ヤマトではネット通販の急増を受け、ドライバーらの
違法な長時間労働が常態化。
荷物量削減を狙って法人顧客約1100社と
値上げ交渉を進め、9割の企業と交渉を
終えたそうです。

数百社は契約更改の際に契約終了と
なる。
値上げを受け入れなかったおすです。

その結果、17年度の荷物量については
目標の18億3100万個よりさらに
500万個多く減らせそうだということです。

ネット販売が増えすぎましたね。
これで、ヤマト運輸も少しは
楽になるかも知れません。
でも、消費者にとって値上げが厳しいですね。
サービスも変わりません。

| ホーム |


 BLOG TOP