FC2ブログ

プロフィール

kohnai

Author:kohnai
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

振り込め詐欺対策

振り込め詐欺が社会問題に
なっています。

三菱東京UFJ銀行など大手銀行が、
振り込め詐欺の被害を防ぐため、
高齢者による現金自動預払機(ATM)を
使った振り込みサービスの制限を
検討しているそうです。

各行はサービスを制限する利用者の
年齢や送金額などを詰め、2017年度中に
順次実施する方向だそうです。

警察庁は振り込め詐欺対策として、
高齢者によるATMでの送金を制限するよう
金融機関に働き掛けているそうです。

地方銀行や信用金庫、信用組合では
ATM利用を制限する動きが広がっており、
預金者の多い大手行が追随することで、
対策の強化につながりそうです。

被害が増えていますからね。
手口も巧妙になっています。
よいかも知れません。


スポンサーサイト



あきんどスシロー

回転ずし「あきんどスシロー」を
運営するスシローグローバル
ホールディングスdesu.

これまで手薄だった東日本へ進出攻勢を
かけるとともに、都心部の駅前への
出店で新たな顧客層を取り込むそうです。

国内の回転ずし市場はすでに飽和状態と
いわれているが、水留浩一社長は
「将来的には、現在より7割増の国
内800店舗の規模にまで事業を
成長させる」と意欲をみせているそうです。

競争が激しい業界で、頑張っていますね。
これからの注目ですね。


シダックス

カラオケ大手のシダックスです。

深夜の営業時間を短くするそうです。
深夜の稼働率が低迷していることに加え、
人手不足で深夜の人件費が
上がっているためだそうです。

シダックスは現在、カラオケ店を
全国で約190店運営しているそうです。
通常午前5時の閉店時間を原則として
午前2時に繰り上げ、営業を3時間
短くするそうです。
いつから深夜営業を短くするかは
今後検討するそうです。

「サラリーマンらが飲み会後の2次会に
『カラオケで朝まで』という人が少なくなった」
(広報)一方で、昼のランチ付きの
カラオケルーム利用は好調といい、
人材などの経営資源を昼の営業に振り向けるそうです。
深夜に働くアルバイト従業員を減らす
狙いもあるそうです。

時代が変わっています。
生活に合わせて企業を変えて
いく必要があります。

正社員不足

帝国データバンクは24日、人手不足に
関する企業の動向調査結果を
発表したそうです。

「正社員が不足している」と回答した企業は、
2016年7月の調査に比べ7.5ポイント増の
45.4%になったそうです。

06年5月の調査開始以来の最高を
更新したそうです。
人材難はIT関連業種などで深刻化しており、
企業活動を制約する可能性もあるそうです。

業種別では、ソフト開発など「情報サービス」が
9.7ポイント増の69.7%と最も高く、
「家電・情報機器小売」や「放送」、
「運輸・倉庫」も60%台だったそうです。

帝国データは「商品・サービスの
新規開発に影響が出ており、人手不足を
原因とした倒産も増加している」そうです。

人手不足が深刻ですね。
子供の不足を解消する対策が
必要ですね。

書店がゼロの自治体

書店が地域に1店舗もない
「書店ゼロ自治体」が増えているそうです。

出版取り次ぎ大手によると、
香川を除く全国46都道府県で
420の自治体・行政区にのぼり、
全国の自治体・行政区(1896)の
2割強を占めるそうです。

トーハン(東京)の7月現在のまとめによると、
ゼロ自治体が多いのは北海道(58)、
長野(41)、福島(28)、沖縄(20)、
奈良(19)、熊本(18)の順だそうです。

全国の書店数は1万2526店で、2000年の
2万1654店から4割強も減ったそうです。

人口が減っていますね。
本を読む人も減っています。
そして、いつでもネットで購入できます。
本を読むことも出来ます。

時代が変わっていますね。
書店ももっと知恵を出す必要が
ありますね。



スマホ市場

富士通が携帯電話事業の売却に
向けた調整に入ったそうです。

国内携帯市場はスマートフォン登場後、
「iPhone(アイフォーン)」を持つ
米アップルの独壇場です。

2000年代初めは10社を超えた日本勢だが、
撤退が相次ぎ、大手では富士通のほか、
ソニー、シャープ、京セラが残るのみだそうです。

調査会社のMM総研によると、16年度の
携帯出荷数シェアはアップルが43.5%で首位。
スマホ登場前はほとんどが日本勢だったが、
現在は2位のソニーでも12.5%にとどまるそうです。

国内ではNEC、パナソニックがスマホから既に撤退し、
東芝は富士通に携帯電話事業を譲渡したそうです。

何で、日本メーカーのスマホを購入しないのか
考える必要があります。
他のメーカーと同じであれば、iPhoneや中国製を
購入します。
やっぱりメリットだと思いますよ。

ホンダジェット

ホンダです。

21日、平成29年上期(1~6月)の
小型ビジネスジェット機「ホンダジェット」の
出荷数量が前年同期比約2・7倍の
24機になったと発表したそうです。

米国とカナダ、メキシコ、欧州で受注が増え、
この期間の小型ビジネスジェット機の
出荷では世界トップだったそうです。

ホンダは30年度末までにホンダジェットの
生産量を現在の月産4機から7機程度まで
増やす方針で、増産で納期の短縮を目指すそうです。

ホンダジェットは最大7人乗りで、エンジンを
主翼の上に配置した外観が特徴。
価格は450万ドル(約4億9千万円)だそうです。

27年12月から納入を始めており、北米や
中南米、欧州を中心に100機を超える
受注があるそうです。
29年は年間で50~55機の出荷を予定するが、
今後は米国の工場をフル稼働させ、
年間80~100機まで生産能力を増強して、
需要増に対応するそうです。

車の生産や品質管理のノウハウが
生きていますね。
三菱とは違っていますね。
本田宗一郎の夢でしたからね。
すごいですね。

バイク販売

国内バイク市場の低迷が
続いているそうです。

手頃な価格の軽自動車や
電動アシスト自転車が人気となり、
身近な移動手段だった原付きバイクの
販売が振るわないそうです。

二輪車大手は利幅の大きい中・大型に
力を入れるなどして打開したい考えだが、
若者のさらなるバイク離れを
招く恐れもあり、難しい対応を
迫られているそうです。

日本自動車工業会(自工会)によると、
2016年のバイクの国内販売台数は
33万8000台で、ピークの1982年
(328万5000台)の10分の1に
縮小したそうです。

車も若者は、購入しなくなっています。
カーシェアリングなどが人気です。
ましてやバイクは厳しいですね。
時代の流れでしょうか。

日照不足

日照不足です。

8月前半だけで、2,400億円の損失に
なるそうです。

冷たい夏の深刻な影響が広がり
始めているそうです。

実に4日ぶりに17日午後になって晴れ間が
のぞいた東京都心に、待望の日差しが
降り注いだそうです。

週末に日差しが確認されて以降、
14日、15日、そして16日と、3日連続で
日照時間がゼロだそうです。
4日ぶりの日差しとなったが、17日も
未明から雨を観測し、これで17日連続での
雨だそうです。

この夏の日照不足の影響で、エアコンなどの
家電や、飲料などの売り上げが
落ちているほか、レジャー業界などでも
消費が落ち込み、経済損失は8月前半の
2週間だけで2,400億円と試算され、
このままの状況が続くと、損失額はおよそ
4,800億円にまで膨らむそうです。

雨が多いですね。
経済への影響が大きいですね。

しまむらがネット通販

しまむらはネット通販への
参入を見据え、社内に「EC(電子商取引)
研究プロジェクト」を立ち上げたそうです。

顧客からの店頭にない商品の
注文を簡略化する方法を研究するとともに、
ICタグ(電子荷札)の導入も検討するそうです。

しまむらはECやICタグ装着には
慎重な姿勢だったが、業界の
EC化が進展しているため、
「デジタル」にシフトするそうです。

これまで顧客の要望する色や柄、
サイズが店頭にない場合、顧客に
カタログを見せて注文を受けると
いった対応をとっており、時間が
かかっていたそうです。

リアルとネットの融合ですね。
成功するでしょうか。
注目ですね。


シニアの経済事情

働き続けることを望むシニアは多いが、
年金などの収入が足りず働かざるを
得ない人も少なくないそうです。

内閣府の2017年版高齢社会白書では、
家計にゆとりがなく「多少心配」
「非常に心配」と答えた人は計34.8%だそうです。

1カ月当たりの平均収入額は「10万~20万円未満」が
32.9%で最も多く、10万円未満という人も
計20.2%に上ったそうです。

福岡市の70歳単身者の場合、
生活保護基準は1カ月約10万7000円。
シニアの2割以上がそれを下回る収入で
暮らしていることになるそうです。

また60歳以上で18歳以上の子や孫がいる人のうち、
2割以上が、子や孫の生活費を負担しており、
現役世代に頼れない事情もうかがえるそうです。

年金が少なくても、まだ出ますからね。
収支は赤字です。
若い人が払っています。
高齢者が多すぎますね。
高齢者は、なるべく働くしかないと思いますよ。


格安スマホ

月額料金の安さをうたう
「格安スマートフォン」です。

LINEやイオンなど異業種も参入して
利用者が増えるに伴い、国民生活センターに
寄せられる格安スマホ関連の相談も
増えてきたそうです。

2016年度は1127件と前年度比約3倍で、
今年度もすでに6月までの3カ月で
約400件だそうです。

携帯メールが使えないことや、
電話番号などを記録したSIMカードの
設定が初心者には想定外の“難問”に
なっているそうです。

格安スマホでは、「ウェブメール」などの
他のアドレスに切り替える必要があり、
NTTコミュニケーションズは
ネット接続サービス「OCN」の
アドレスを提供しているそうです。

ただ、友人に新しいアドレスを
説明しても、相手がパソコンからの
メールを携帯電話で受信できない
設定にしている場合は、設定変更が
必要になるそうです。

メールが変わるのは仕方ないですね。
電話会社を変えますからね。
そこもわかって格安スマホに
変更すべきですね。

安いものは何かデメリットが
あります。


コンビニのチキン

コンビニのレジ横に並ぶ
カウンター商品の中でも、
年間を通じて大人気なのが
フライドチキンだそうです。

専門店よりも低価格ながら、
店内調理で揚げたてを味わえるのが
人気の秘訣だそうです。

各社とも毎年のように商品を
強化し、「チキン戦争」が
繰り広げられているそうです。

中でも最近好調なのがローソンの
「Lチキ」だそうです。
商品本部の橋本拓也氏は笑顔で
こう語る。「Lチキはリニューアル後、
想定以上に売り上げが伸びている。
10~30代の若い世代を中心に支持されており、
男性のみならず女性のお客様にも
購入していただけている」。

ローソンはチキンを研究して
いますね。
人気があります。
コンビニがどんどん生活に
入り込んでいます。

HKT48

福岡を拠点に活動6年目を
迎えたアイドルグループHKT48です。

指原莉乃さんという強烈なカリスマに
率いられてブレークした今、
「脱さっしー問題」に直面しているそうです。
カリスマ経営から集団体制へ。

今後の活2012年6月にAKBからHKTへの
移籍が発表された指原さんは当時から
高い人気を誇りました。

HKTの劇場支配人兼任になり
一層手腕を発揮し、ライブでは
パフォーマンスに加え、MCで笑いを取り、
セットリストも手がけます。
動を語る上で抜きにできないのが
指原さんの存在です。

厳しいですね。
指原の次が出てきませんね。

AKBも同じです。
やっぱり、指原のようなタレントを
育てるべきですね。
そうでないと、今までのやり方では
だんだん厳しくなります。
正念場です。

マクドナルドの業績

日本マクドナルドホールディングスです。

9日、2017年6月中間連結決算を
発表したそうです。

店舗改装や新商品投入の効果により、
販売が増え、純利益が前年同期の
約68倍の107億1600万円となったそうです。

売上高は前年同期比15.6%増の1212億円。
既存店の売上高も14.3%増えたそうです。

17年12月期予想は純利益を過去最高と
なる200億円に上方修正したそうです。

異物混入問題などで低迷した業績が
回復に転じた形だが、記者会見したサラ・
カサノバ社長は「完全復活とは言えない」と語り、
経営基盤の強化を図る考えを示したそうです。

やっぱり、新商品ですね。
新しい商品でないと消費者は
戻りませんね。
これからです。


マツダの新型車

マツダは8日、燃費性能を現行より
3割高めたガソリンエンジンを
搭載した新型車を2019年から
発売すると発表したそうです。

燃料が少なくても効率よく
燃やせる世界初の技術を用いるそうです。

環境規制の強化で世界的に車の
電動化が進んでいるが、当面は内燃機関が
主流との見方は多くの自動車メーカーに
共通しており、エンジン技術の向上が
今後も競争のカギを握りそうです。

電気自動車も増えています。
でも、当分はガソリン車も続くでしょうね。
どちらの開発も必要です。


弾丸フェリー

神戸~大分、大阪~別府、
大阪~志布志(鹿児島県)の
3航路を運営するフェリーさんふらわあです。
「弾丸フェリー」と呼ばれるプランの
人気が高まっているそうです。

「弾丸フェリー」は、往復で船中泊、
現地宿泊なしの0泊3日というプランだそうです。

値段は、最も安いベッドなしの
相部屋「ツーリスト」を利用すると
往復1万円(子ども5000円)で、
3つの航路において同価格で設定されて
いるそうです。
旅行先では8~12時間滞在することが
できるそうです。

神戸~大分航路における「ツーリスト」の
通常運賃は片道1万1200円(2017年7~9月乗船分の普通運賃)
ですので、半額以下で往復が可能だそうです。
大人ひとりとバイク1台分で往復1万5060円
からの「バイク弾丸フェリー」、
同じく大人ひとりとクルマ1台分で
3万3000円からの「マイカー弾丸フェリー」も
あるそうです。

面白いですね。
安く旅行したい人は
いいかもしれません。
新しいサービスがどんどん出てきます。

燃料電池車

フランスに続いて英国がガソリン車の
販売禁止を打ち出したことで、
欧州のEV(電気自動車)シフトが
急速に進み始めたそうです。

中国も事実上のEVシフトを決め、
米国でもEV化の流れはほぼ確実と
いわれているそうです。

水素をエネルギー源とするFCV
(燃料電池車)を次世代エコカーの主力に据えているのは、
事実上、日本だけとなるそうです。

どうなるでしょうか。
電気自動車は、誰でも作れます。
でも、燃料電池車は、どこでも作れません。
今後に注目です。

トヨタの業績

トヨタ自動車です。

4日、2018年3月期連結決算
(米国会計基準)の業績予想を上方修正すると
発表したそうです。

売上高は5月時点の予想から1兆円引き上げ、
28兆5000億円(前期比3・3%増)と、
当初の減収予想から一転して過去最高を
見込むそうです。
最近の円安傾向が追い風となり、輸出の採算が
改善しているためだそうです。

本業のもうけを示す営業利益と
最終利益はともに2500億円増え、
それぞれ1兆8500億円(同7・2%減)、
1兆7500億円(同4・4%減)と減益幅を
縮小させたそうです。
想定為替レートは5月時点から5円円安の
1ドル=110円に変更したそうです。

上方修正ですか。
すごいですね。
他の企業にも影響しますね。


スズキの業績

スズキが3日、2017年4~6月期決算を
発表したそうです。

売上高が前年同期比15・3%増の8693億円、
営業利益が43・8%増の850億円、
純利益が72・4%増の654億円と、
いずれも第1四半期として過去最高だったそうです。

利幅の大きい多目的スポーツ車(SUV)が
好調だったそうです。

四輪車の世界販売も9・7%増の
74万1千台で過去最高を更新。

欧州ではSUV「SX4 S―CROSS」
などが好調で販売台数が19・8%増え、
乗用車市場のシェア5割を占める
インドでも14・3%増えたそうです。

スズキが好調ですね。
いいことです。

auの契約数

KDDIです。

1日、7月14日に導入した
新しい料金プランの効果で、
番号持ち運び制度(MNP)を使って
他社からauに移った契約数が
2倍に増えたと発表したそうです。

田中孝司社長は「予想外の増加。相当
受け入れられたと手応えを感じている」と
話したそうです。

新プランは端末購入への補助をなくす
代わりに、通信料金を7~30%程度下げたそうです。

プラン発表前の7月上旬と、導入後の
7月下旬の各3日間を比較したところ、
他社からの流入が約2倍になったそうです。

かなり安くしたそうです。
通信料金って高すぎます。
格安スマホが増えています。
対抗措置で、auへの流入が
増えたのですね。

ヤマトホールディング

宅配便最大手ヤマトホールディングスです。

31日、今年4~6月期の営業損益が
100億円の赤字になったそうです。
前年同期は74億円の黒字だったそうです。

追加の勤務実態調査で見つかった
残業代の未払い分、52億円を
計上したのが主な要因だそうです。

ヤマトは2月から全社的な勤務実態調査を始め、
4月に約190億円の残業代未払いがあったと
発表し、2017年3月期に費用として
計上したそうです。

だが、社員から「調査の時間が短い」などと
不満が続出。
そこで追加調査に踏み切り、6月に約40億円が
新たに見つかったと発表していた。
決算発表に向けて残業時の賃金割増率などを
精査し、さらに12億円増えると
わかったそうです。
未払いの総額は242億円になったそうです。

すごいですね。
人件費の未払いは考えられません。
赤字ですか。
早急に改善が必要ですね。

| ホーム |


 BLOG TOP