FC2ブログ

プロフィール

kohnai

Author:kohnai
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

自動芝刈りロボット

ホンダです。

28日、自動芝刈りロボット
「Miimo(ミーモ) HRM520」を
国内で発売したと発表したそうです。

ヒト型ロボット「アシモ」の技術を
応用した製品で、芝刈りの手間を
大幅に軽減するそうです。

曜日や時間、芝を刈り取る範囲や
長さを設定すると、傾斜地や起伏のある
場所でも、芝を均一に刈り取れるそうです。

電池残量が少なくなると自動で充電しに
戻るそうです。
障害物に衝突した場合はモーターが
自動停止するそうです。

価格は53万7840円で、年間200台の
販売を見込むそうです。
ホンダは2012年から販売している欧州では、
累計3万7千台が売れたそうです。

ホンダは、いろいろな事業を
おこなっていますね。
飛行機もあります。
すごいですね。


スポンサーサイト



グーグルに制裁金

欧州連合(EU)です。

27日、独占禁止法違反で米グーグル(Google)に
約24億ユーロ(約3000億円)という
過去最高額の罰金を科すと発表したそうです。

グーグルにとって新たに大きな
痛手となるとともに、ドナルド・トランプ
(Donald Trump)米大統領を激怒
させる一因となるかもしれないそうです。

声明では「欧州委員会(European Commission)は
グーグルに対し、EUの独占禁止法に違反した
ことで24億2000万ユーロ(約3040億円)の
罰金を科した」そうです。

さらにグーグルが、世界最大の検索エンジンと
しての市場優位性を乱用し、傘下の
ショッピングサービスに不正な利益を
与えたとしているそうです。

実際はどうなのでしょうか。
ヨーロッパは厳しいですからね。
金額も大きいです。
これからに注目です。

新入社員調査

公益財団法人「日本生産性本部」などが
今春の新入社員に行った調査だそうです。

「職場の同僚、上司らとは勤務時間以外は
付き合いたくない」との回答が
過去最高の30・8%(昨年度比10・1
ポイント増)に上ったそうです。

分析担当者は「深夜に及ぶ飲み会の
準備などが問題になった電通事件が
影響した可能性もある」としているそうです。

調査は1969年度から実施しており、
今年度は3~4月、新入社員1882人から
回答を得たそうです。

プライベートを大切にする傾向が続いており、
「仕事は人並みで十分」は57・6%と、
過去最高だった昨年度の58・3%からほぼ横ばい。
「仕事中心か私生活中心か」の質問では、
「私生活」が14%と、「仕事」の6・9%を
3年連続で上回った。
最多は「両立」の79・1%だったそうです。

時代が変わっています。
組織のあり方も変わって
きていますね。

日欧EPA

日本と欧州連合(EU)との
経済連携協定(EPA)交渉です。

政府がEUからの輸入品について
全貿易品目のうち、9割を超える割合で
関税を撤廃する方向で調整しているそうです。

日本が環太平洋経済連携協定(TPP)で
関税を撤廃する割合の95%に迫る
水準になるそうです。

日本とEUは自由貿易の推進で一致しており、
EU側も極めて高い割合で撤廃する
見通しだそうです。

日本側は、工業品についてほぼ全ての
品目で関税を撤廃するそうです。

しかし、EUで生産が豊富なチーズ
などの品目については、国内の酪農家を
保護するため、できるだけ関税撤廃を
見送りたいそうです。

9割ですか。
すごいですね。
EUともEPAが結ばれるのですね。

東芝2部降格

東京証券取引所は23日、東証1部に
上場している東芝株を8月1日付で
2部に降格させると発表したそうです。

東芝が米原発事業で巨額損失を出し、
3月末時点で債務超過になると確認
したためだそうです。

また、東芝はこの日、30日が法定期限の
2017年3月期の有価証券報告書
(有報)の提出を8月に延期すると
発表したそうです。

東芝メモリー事業の売却は
なんとかめどがつきそうですが、
厳しいですね。
これからどうなるのでしょうか。

陸上イージス

防衛省です。

陸上配備型の新たな迎撃ミサイルシステム
「イージス・アショア」の導入に向けた
関連経費を2018年度当初予算案に
計上するよう要求する方針を固めたそうです。

北朝鮮の弾道ミサイルへの対処能力を
高める狙いだそうです。
候補に挙がっていた高高度迎撃ミサイルシステム
(THAAD=サード)の導入は見送られるそうです。

日本の弾道ミサイル防衛(BMD)は
イージス艦の迎撃ミサイル「SM3」が
大気圏外で迎撃し、撃ち漏らせば
地対空誘導弾「PAC3」が大気圏内で
迎え撃つ二段構えだそうです。

イージス・アショアの導入で
補完する狙いがあるそうです。

北朝鮮の脅威が迫っています。
国産で開発できればよいですね。

NY原油価格

NY原油先物8月限は続落しています。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の
WTI先物8月限は前日比-0.98ドルの
42.53ドルで取引を終えたそうです。

21日発表された週間原油在庫統計では
原油在庫、クッシング在庫、ガソリン在庫は
予想以上に減少しており、在庫調整が
進んでいることが確認されたが、
投資家の心理状態は改善せず、供給超過に
対する市場の懸念は払拭されなかったそうです。

昨日も下がっていますね。
あがる気配はありません。
減産しているのに大変です。

シェールオイルは、40ドルでも
採算が出るようになっているそうです。
すごいですね。

加熱式たばこ

加熱式たばこです。

世界のたばこ市場で争っている、
日本たばこ産業(JT)、米フィリップ・
モリス・インターナショナル、
英ブリティッシュ・アメリカン・
タバコ(BAT)です。

これら3社による「加熱式たばこ」の
三つどもえの闘いが、いよいよ東京でも
火蓋を切ろうとしているそうです。

目下のところ、フィリップ・モリスの
「IQOS(アイコス)」が2014年11月に
名古屋限定で発売、途中延期されたものの、
2016年4月からはいち早く全国でも売られ、
国内では先行して独走中だそうです。

一方のJTは、2016年3月から福岡県福岡市で
「プルーム・テック」を投入したが、
販売体制がようやく整ったことから、
6月29日(木)に東京でスタートしたそうです。

またBATも、2016年12月から「グロー」を
宮城県仙台市で展開、やや遅れて7月3日(月)に
東京と大阪で売り出すそうです。

アイコスは品切れになっていましたが
解消したのでしょうか。
競争が激しくなります。

関西電力

関西電力は19日、電気料金の
値下げを8月1日にすると
発表したそうです。

値下げ幅については、今後詰め、
国に届けるそうです。

国は値下げ幅を専門会合などで
妥当かどうかを見極め、問題が
なければ値下げを認めるそうです。

東京電力福島第一原発事故後、電気料金を
値下げするのは大手電力では初めてだそうです。

関電はこれまで、高浜3、4号機の
2基が再稼働して営業運転に入った後、
減らせる分の燃料費を元手に電気料金を
値下げすると明言してきたそうです。

原油価格も下がっています。
下がることが当然だと思います。

値上げしたところもあります。
信じられませんね。

日本の鉄道分野

日本と欧州連合(EU)の経済連携協定(EPA)
交渉についてです。

日本が鉄道分野の市場開放に
応じる方向で調整に入ったそうです。

政府が出資する東京メトロなどに対し、
一定額以上の鉄道設備を調達する際には、
外国企業も参加できる「国際競争入札」を
義務づける方向だそうです。

世界貿易機関(WTO)の協定では、
政府機関や公的企業などが一定の金額以上の
物品を購入したり、建設事業を発注したりする場合、
国際入札を行うように義務づけているそうです。

協定には例外規定があり、日本は鉄道の
信号や運行管理システムなどの運転上の
安全に関わる調達は国際入札の対象外と
してきたそうです。

安全が確保できればよいですね。
いいシステムは、外国企業でも
導入すべきですね。

クラフトボス ラテ

サントリー食品インターナショナルです。

16日、ペットボトル入り
コーヒー飲料「クラフトボス ラテ」の
出荷を一時休止すると発表したそうです。

13日に発売したばかりだが、想定以上の
売れ行きで供給が追い付かないためだそうです。
再開時期は未定だそうです。

ラテは、4月発売の「クラフトボス ブラック」の
2倍の水準の売れ行きだそうです。
同シリーズは、ペットボトルという
目新しさやデザイン性で人気となっているそうです。

デザインなのでしょうか。
ラテって、人気があるのかも
知れませんね。


 

タカタが倒産

欠陥エアバッグの大規模リコール問題で
経営が悪化しているタカタです。

早ければ来週にも民事再生法の
適用を東京地裁に申請する方向で
準備に入ったそうです。

負債総額は1兆円超とみられ、
タカタは事業を継続しながら
裁判所の管理下で再建を図ることに
なるそうです。

米国子会社のTKホールディングス(ミシガン州)も
日本の民事再生法に当たる米連邦破産法11条の
適用を申請する予定だそうです。

タカタは出資を伴う支援を仰ぐ中国・寧波均勝電子
傘下の米自動車部品メーカー、キー・セーフティ・
システムズ(KSS)との合意を目指しているが、
日米での適用申請前に合意が得られない可能性も
あるそうです。

最初のリコールでの対応がずっと
尾を引いていました。
結局、難しかったですね。
誰の責任でしょうか。

死亡率1位

都道府県別にみた2015年の死亡率です。
厚生労働省が14日、調査結果を
公表したそうです。

調査は5年ごとに実施。
地域比較できるよう都道府県の
年齢構成の違いをそろえ、人口10万人
当たりの死亡数(都道府県別年齢調整死亡率)を
算出しているそうです。

男女ともに青森が最も高く、長野が最も
低かったそうです。

北東北3県が男性の上位を占め、
担当者は「保存食として塩分を多く使う
寒い地域の食文化の影響で、長野は
生活習慣を改善してきた効果がある」そうです。

全国平均は男性が前回の10年調査より
58・3ポイント減の486・0人、
女性が同20・0ポイント減の
255・0人で、ともに下がったそうです。

都道府県別だと、
男性は青森が585・6人で4回連続のトップで、
秋田540・3人、522・5人の岩手が続いた。
女性も青森が288・4人で2回連続で
最も高かったそうです。

生活習慣がありますね。
でも、長野は下がっているということは
地域によって、差がありますね。
対策などがあるのかも
知れませんね。

ビールが値上がり

6月1日から酒類の過度な安売りの
規制が強化されました。

その影響で、ビールの店頭価格が
1割以上値上がりしているそうです。

政府は大手スーパーなどとの
安売り競争に苦しむ「町の酒屋さん」を
守る狙いから酒税法改正に踏み切ったが、
ビール価格の上昇で需要が冷え込む懸念も
あるそうです。

全国のスーパーの価格動向を調べる分析会社
「カスタマー・コミュニケーションズ」(東京)は
13日、6月1~7日のビールの店頭価格の
速報値を発表したそうです。

それによると、アサヒビールの
主力ブランド「アサヒスーパードライ」
(350ミリリットル入り缶6本、消費税別)の
価格は規制強化前の5月の平均に比べて
12%高い1159円だったそうです。

キリン「一番搾り」(同)やサッポロ「黒ラベル」
(同)も同様に12~13%値上がりしていたそうです。

また、安さを売りものにしてきた
サントリー「金麦」などの「第3のビール」
(同)も軒並み10~12%値上がりしていたそうです。

町の小売店を守ろうとしても、結局
やすい、スーパーやディスカウント店で買いますからね。

ビールの需要が減る方が心配です。


パンダ株

東京・上野動物園のジャイアントパンダ
「シンシン」が6月12日正午前、赤ちゃん1頭を
出産したと報じられました。
シンシンの出産は2012年7月以来
約5年ぶりのことだそうです。

同日の東京株式市場では出産を受け、
上野動物園近くに本社を構える
西洋料理店の精養軒と中華料理店の
東天紅の株価が急伸したそうです。

精養軒の前週末9日終値は879円でしたが、
この日の始値は936円。
その後、午後1時56分頃に年初来高値と
なる978円をつけ、前週末比57円高
(プラス6.48%)の936円で取引を
終了したそうです。

出産のニュースで株価が上がるのですね。
よい話なのでよいですが。

セブンの沖縄出店

コンビニエンスストア国内最大手の
セブン-イレブン・ジャパンです。

沖縄県内出店を正式表明したそうです。

2019年度をめどに出店し、5年間で
一気に250店を展開する計画だそうです。
人気のプライベートブランド(PB)商品で
幅広い層から支持を得るセブンの参入は、
県内小売業者にとって「大きな脅威」
(関係者)だそうです。

顧客や労働者の奪い合いも確実で、
既存店は対策と情報収集に
追われているそうです。

確かに他の県でもセブンとの競争が
激しくなっています。
沖縄でも、他の小売業は大変でしょうね。
かなり影響を受けますね。
どうやって対策をするかですね。


紙の地図

国土地理院が発行する紙地図の
販売数が低迷しているそうです。

販売を受託している日本地図センターによると、
2016年度の売り上げは約47万枚で、
記録のある1946年度以降で最少しているそうです。

最盛期だった81年度の約910万枚と
比べると約20分の1だそうです。

地理院の紙地図は登山者にとって
必携だったそうです。

しかし、大学の山岳部やワンダーフォーゲル部など
組織化された登山者は減っており、
複数で紙地図を見る場面は珍しく
なっているそうです。

さらに、スマートフォンの普及が
紙地図の減少に追い打ちをかけているそうです。
世界中の地図が見られ、GPS
(全地球測位システム)機能で現在地も
分かるためだそうです。

時代が変わっています。
紙の地図ってほとんどみませんね。
技術革新です。
紙の地図はどうやって生き残るので
しょうか。

マダコの完全養殖

日本水産です。

8日、マダコの完全養殖に
成功したと発表したそうです。

卵を人工でふ化させてから親ダコに
なるまで育て、産卵させる
サイクルを繰り返す完全養殖です。

成功例は、スペインで1件報告されているが、
日本では初めてだそうです。

日本水産は2020年にも出荷を
開始することを目指すそうです。

マダコは、日本をはじめ世界中で
食べられている身近な海産物の一つだそうです。
ただ、卵からふ化した「幼生」が海中を
浮遊した後、海底で「稚ダコ」となるまでに
死滅するため養殖が難しく、現在、国内に
流通する全量がアフリカなどからの
輸入を含めた天然物だそうです。

完全養殖ですか。
すごいですね。
どんどん養殖できる時代になっています。

早稲田塾

学習塾を展開するナガセです。
6日、大学受験予備校「早稲田塾」の
23校舎のうち、首都圏の11校を
8月末をめどに閉鎖するそうです。

少子化などの影響で苦戦が続いており、
生徒数の多い校舎に講師らを集中し、
効率化を図るそうです。

閉鎖するのは、秋葉原校(東京都)や
松戸校(千葉県)、大宮校(埼玉県)、
川崎校(神奈川県)などだそうです。

残るのは東京都と神奈川、千葉県内の
12校になるそうです。
閉鎖する校舎に通っている生徒には、
近隣の校舎への転校などで対応するそうです。

ナガセは大学受験予備校「東進ハイスクール」や
学習塾「四谷大塚」などを展開し、
2014年に早稲田塾を買収したそうです。

少子化や他社との競争激化で厳しく
なっているそうです。

子供が減っていますからね。
当然、競争が激しくなります。
厳しい業界です。

ビール

麦やホップなどに限られていた
ビールの原材料に、2018年4月から
果実や香辛料が使えるようになるそうです。

特色あるビールづくりを得意とする
地ビールメーカーはもちろん、
大手メーカーも停滞するビール販売てこ入れの
好機と捉え、新商品開発に力を入れるそうです。

かんきつ類のほか、コーヒーや
かつお節などを使った風味豊かな
「個性派ビール」が続々と
登場する見通しだそうです。

新たな原材料は、酒税法でのビールの
定義変更に伴い、麦芽量の5%まで
使用が認められるそうです。

近年は素材や製法にこだわった
「クラフトビール」や輸入ビールの
人気が高まっているそうです。

現在は法定外の原材料を使えば、
代替品のイメージがある「発泡酒」と
表記しなくてはならない場合が多いそうです。

ビールの消費量が落ちていますからね。
各社、いろいろなビールを開発
するのですね。
いいかも知れません。


豆腐業界

豆腐の定義作りに業界が乗り出したそうです。

これまで定義が曖昧だったため、
大豆の使用割合が多いこだわり製品と、
安値になりがちな汎用(はんよう)品とが、
同じくくりで販売されていたそうです。

品質に応じた製品表示で不当廉売を防ぎ、
製造業者や原材料の供給元となる農家が
適正な利益を得られるようにするそうです。

納豆業界も製品の定義や区分の策定に動き、
国内外で規格認証の取得を目指していくそうです。

豆腐業界の定義作りは、
豆腐事業者の全国団体でつくる
豆腐公正競争規約設定委員会だそうです。

定義では、豆腐に含まれる大豆の割合
「大豆固形分」を基準に、10%以上を
「とうふ」、8%以上を「調製とうふ」
、6%以上を「加工とうふ」と大まかに
分類するそうです。

消費者はわかりませんからね。
明確にすべきです。

面接の解禁

企業の採用面接が1日解禁され、
2018年春卒業の大学生らの
就職活動はヤマ場を迎えたそうです。

一部の就職情報大手では、既に3人に
1人が事実上の内定(内々定)を
得ているとの調査結果も出ているそうです。

昨年以上に「売り手市場」となり、
企業による学生の囲い込みが
過熱しているそうです。

経団連の指針は採用活動の解禁日について、
会社説明会が3月1日、面接が6月1日と
規定しているそうです。

ただ、深刻化する人手不足に対する企業の
危機感は強い。「ブラック企業」の
社会問題化や政府主導の働き方改革の
本格化を受け、学生の労働条件に対する関心が
高まる中、今年は休暇の多さや残業の
少なさなどをアピールする企業も目立つそうです。

電通の問題もありました。
これだけ人手不足になると企業は、大変ですね。
休暇や残業などにも厳しい目が
注がれます。


6月値上げ

6月1日から私たちの生活に
身近な商品で値上げが相次ぎぐそうです。

カー用品店のイエローハットは6年ぶりに
タイヤを値上げするそうです。
天然ゴムなど原料の輸入価格が
上昇していることが要因だそうです。

日本郵便は、はがきの郵便料金を
52円から62円に引き上げます。
人件費が高騰しているためで、消費税増税以外の
理由で値上げするのはおよそ23年ぶりだそうです。

また、大手電力10社は、燃料費が
上昇しているとして、6月分の電気料金を
標準家庭で30円から65円値上げ。
ガス4社も、ガス料金を20円から25円
引き上げるそうです。

電気とガスはわかりませんね。
原油価格は下がっています。
なぜ、あげるのでしょうか。
もっと、企業努力をすべきですね。

| ホーム |


 BLOG TOP