FC2ブログ

プロフィール

kohnai

Author:kohnai
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

加熱式たばこ

ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)は
30日、加熱式たばこ「glo(グロー)」の
販売地域を、7月3日から東京都、大阪府、
宮城県全域に拡大すると発表したそうです。

2017年末までには全国展開する予定だそうです。

加熱式たばこについては、JTも6月29日から
東京、来年上期には全国での販売を
予定しているそうです。
主要都市において3社の製品が揃うことで、
競争は激化しそうです。

加熱式たばこについては、福岡市で
販売していたJTの「プルーム・テック」が、
6月29日から東京で販売を開始するそうです。

また、先行しているフィリップ・モリス・
インターナショナル(PMI)の
「iQOS(アイコス)」は、4月時点の
たばこ市場に占めるシェア(小売販売ベース)が
全国平均で10.0%と拡大を続けているそうです。

人気がでています。
競争が激しくなっていますね。
スポンサーサイト



東芝

東芝です。

半導体子会社「東芝メモリ」の
売却を巡り、協業先の米ウエスタンデジタル
(WD)が、政府系ファンドの産業革新機構を
軸とする「日米連合」と合流に向けて
協議しているそうです。

WDは、合流が実現して落札が見通せれば、
国際仲裁裁判所への売却中止の申し立てを
取り下げるそうです。

関係者によると、WDの提案を受け、東芝や
革新機構、経済産業省が検討に入ったそうです。

WDはこれまで、東芝メモリの他社への
売却に反対し、自社による株式の過半取得を
求めていたが、譲歩したそうです。

東芝と対立を長引かせ、今後の半導体生産に
悪影響が出ることを避ける意向があるそうです。

早急にまとめないといけませんね。
時間がありません。
それにしても、エルピーダといい
東芝メモリーといい半導体は日本から
なくなりますね。
経営者と銀行の責任ですね。

マイクロン(昔のエルピーダ)は、フル稼動で投資も
するそうです。
なぜ、倒産させてしまったのでしょうかね。

物流ベンチャー

アマゾンを筆頭とするインターネット通
販(EC)の荷物の急膨張に宅配業者が
悲鳴を上げているそうです。

最大手のヤマト運輸はたまらず、
受け入れ荷物の抑制を検討するなど、
宅配業者とアマゾンの対立構図が
浮き彫りになっているそうです。

そんな中、アマゾンとのビジネスで
急成長を遂げている会社があるそうです。
大阪に本社を構え、3月に東証マザーズに
上場したファイズだそうです。

ECの物流を一手に担う3PL(物流の一括受託)
企業だそうです。

2017年3月期の売上高は52億円と、
前期に比べ5割増加し、営業利益に
いたっては3.4億円と同3倍超になったそうです。
同社の売り上げの約7割をアマゾンとの
取引が占めており、まさにアマゾンと
ともに成長した会社だそうです。

物流企業ですか。
宅配との競争が激しくなりますね。
どんどん新しい企業が出てきます。

原油減産

石油輸出国機構(OPEC)と、
ロシアなど非加盟の産油国10カ国です。

25日、ウィーンで開いた閣僚会合で、
1月から6カ月の予定で始めた原油の
協調減産について、来年3月末まで
9カ月間延長することで合意したそうです。

減産幅は現状を維持するそうです。

原油在庫を減らして価格の引き上げを
めざすそうです。

減産に参加するのは、OPEC加盟国と、
ロシアやカザフスタンなど非加盟国10カ国だそうです。
減産に加わっていた非加盟国の赤道ギニアは
OPECに加盟したそうです。
OPEC加盟国のうち、国内の紛争で生産が
落ち込んだナイジェリアとリビアは
引き続き減産適用を除外するそうです。

これで原油価格が安定するでしょうか。
アメリカのシェールオイルが
どうなるかですね。

日本としては、安い方がよいですね。

イチロー

マーリンズのイチロー外野手(43)です。

23日(日本時間24日)のアスレチックス戦に
「9番・左翼」で出場し、2回に右前2点適時打を
マークしたそうです。

6日以来17日ぶりのスタメンで、10試合
ぶりの安打を放ちチームの勝利に貢献。

前の試合まで自己最長となる14試合連続で
スタメンから外れていたメジャー最年長野手は、
出場機会が少ない中で結果を残す難しさと
苦悩があるそうです。

体力が落ちているようです。
もう限界でしょうか。
試合にも出ないと体調を
キープするのも大変ですね。

でも、もっとメジャーで見たい気もします。

シャープ

シャープです。

次世代ディスプレー「マイクロLEDディスプレー」の
開発・製造で、米eLux(イーラックス)と
業務提携契約を結んだそうです。

平成30(2018)年度から液晶テレビ用の
バックライトに採用し、将来的には
60インチ以上の大型ディスプレーへの
実用化を目指すそうです。

イーラックスは、シャープ親会社の台湾・
鴻海精密工業のグループ企業が出資し、
マイクロLEDディスプレーの開発・製造を
手がけるそうです。

シャープは、10月に自社が持つ
同ディスプレーに関連する特許21件を
イーラックスに供与し、代わりに同社株を
70万株(700万ドル)取得。
シャープは議決権ベースでイーラックスの
31・82%を握るそうです。

シャープが攻勢をかけています。
有機ELの先の技術であれば、これからですね。
どんどん技術が進みます。

格安スマホ

ドコモやauなどの大手通信事業者から
回線を借りる格安スマホ(MVNO)は、
料金の安さで利用者を急激に増やしているそうです。

それ以上にトラブルも増えているそうです。

国民生活センターへの2016年度の
相談件数は前年度比2.8倍にもなったそうです。

調査会社・MM総研によると、2015年3月末には
326万契約だった市場規模が、16年9月末には
657.5万へと拡大。
1年半でほぼ倍増したそうです。
一方で、急成長ゆえのひずみも
浮き彫りになりつつあるそうです。

公表されている相談内容は、
「実店舗がなく、不明な点を問い合わせようと
しても電話がつながらない」
「修理中の代替機貸し出しがなかった」
「端末にSIMロックがかかっていて
使えなかった」といったものが
挙げられているそうです。

でもですね。
安いには理由があります。
店舗やサポートなどがないので、
安いのです。
全部自分でおこないます。

そういうこともわかって、
おこなうべきですね。
出来ない人は安易におこなうべきでは
ないですね。

ゴルフ市場

この20年余で、ゴルフ関連の
市場規模は半減したそうです。

ゴルフ人口の減少もようやく
底打ちしたかどうかだそうです。

東京オリンピックの開催まであと3年、
今が復権のラストチャンスだそうです。

ゴルフ人口がピークの3分の2以下になり、
ゴルフにかける単価にしても
以前は1万円を超えていたのが、
今や半分以下だそうです。

ゴルフ場の数はそんなに変わって
いないから、1ゴルフ場当たりの
売り上げも減っているそうです。

安くしたパッケージのプレー料金が
さらに安くなって、デフレスパイラルが
特に地方で生じているそうです。
ゴルフ用品購入も中心が新品から
中古品に移っているそうです。

若い人がゴルフにかないからでしょうか。
人口が減っている影響もあるでしょうね。

あんな広いゴルフ場はもったいないですね。
ジョギングだったらどこでもできます。
時代が変わっています。

ヤマト運輸

ヤマト運輸です。

5月19日、宅急便の基本運賃を
10日1日から値上げするそうです。

荷物のサイズに合わせて
140~180円プラスするそうです。

4月時点では実施時期を9月末と
していたが「社内で検討した結果、
10月1日に決めた」(広報部)そうです。

例えば60サイズ(縦、横、高さの
合計が60センチ以内、重さが2キロ以下)では、
現行の宅配便基本運賃(税別)に140円を加算。

同様に80サイズは140円、100サイズ/120
サイズは160円、140サイズ/160サイズは
180円それぞれ値上げするそうです。

消費者にとっては厳しいですね。
アマゾンなどの一部のネット販売で
取り扱い量が増えたのに、全部の
料金を上げるのは、違和感がありますが。




GDP

内閣府が18日、2017年1~3月期の
国内総生産(GDP、季節調整値)の速
報値を発表したそうです。

物価変動の影響を除いた実質で
前期比0.5%増(年率換算2.2%増)と
5四半期連続でプラスになったそうです。

個人消費の持ち直しが要因だが、
消費者の節約志向は依然根強く、
成長の力強いけん引役とはなっていないそうです。

海外経済もリスクが山積しており、
頼みの外需も先行きは見通せない状況だそうです。

でも、少なくとも成長しているのは
よいことです。
実感はわきませんが。
でも、企業は利益をあげていますね。


週刊少年ジャンプ

漫画誌「週刊少年ジャンプ」(集英社)です。

印刷部数(印刷証明付き)が、
今年1~3月の平均で191万5000部となったそうです。

200万部を割り込んだそうです。

日本雑誌協会が5月16日、1~3月の
平均印刷部数を公表したそうです。

週刊少年ジャンプは2016年10~12月平均
から約9万部減ったそうです。
ピークの1994年には公称ながら
653万部を発行しており、当時から
3分の1以下に落ち込んだそうです。

「週刊少年マガジン」(講談社)は
16年7~9月に100万部を割り込んでおり、
1~3月は96万4158部だったそうです。

「週刊少年サンデー」(小学館)は
31万9667部だったそうです。

少子高齢化ですね。
子供が減っていますからね。
部数も減少します。

日本郵政

日本郵政が15日、2017年3月期連結決算を
発表したそうです。

純損益が289億円の赤字に
転落したそうです。

15年に買収したオーストラリアの
物流大手、トール・ホールディングスの
業績低迷を受けて4003億円の
特別損失を計上したためだそうです。
赤字は07年10月の民営化後初めてだそうです。

トール社は豪経済の悪化に伴って
業績が悪化。
日本郵政は買収価格と実際の資産価格の
差額に当たる「のれん代」の
償却費用などを損失として
一括計上したそうです。

記者会見した長門正貢社長は
「初めての赤字決算は大変残念。
(損失処理は)負の遺産を一掃し、
スタートラインに立つためだ」と
強調したそうです。

やっぱりきちんと責任を
とるべきですね。
経営者の責任です。
4000億円ですからね。

うんこ漢字ドリル

「うんこ漢字ドリル」が売れているそうです。

6学年分の全3018例文に「うんこ」を使い、
「日本一楽しい漢字ドリル」だそうです。

出版元の文響社(東京都)によると、
発行部数は3月下旬の発売から1カ月半で
シリーズ累計100万部を突破したそうです。

各学年の子どもたちが理解できる
例文であることが大前提だそうです。

語彙が増える高学年の方が、
うんこと組み合わせたら
面白そうな熟語が増え、
考える幅は広がるそうです。

確かに、小学生には受けますね。
これで、いろいろな言葉の
学習ができればよいかも
知れません。

実際に売れていますからね。

ポテチ用の芋

農水省は11日、不足していた
ポテトチップス用ジャガイモの
供給量について、今後の見通しを
示したそうです。

九州産の収穫が5月下旬から
始まるのを皮切りに、各産地が
ピークを迎えるそうです。

8月には主力の北海道産の
収穫も始まることから、同省は
「不足感は解消に向かう」と
見通しを発表したそうです。

昨年秋の台風被害で2016年の北海道産
ジャガイモの生産量は前年を1割下回る
172万トンにとどまったそうです。

このうち、ポテトチップス用としては
2割を仕向けたものの、不作により
原料が不足。
4月に入り菓子メーカーがポテトチップスの
販売を休止する事態が相次いだそうです。

季節や災害の影響はわかりませんからね。
でも、解消に向かっているのは
よいことです。

ソフトバンクの業績

通信大手のソフトバンクグループです。

今年3月期の決算で、最終利益が
1兆円を超えたそうです。

国内企業の1兆円超えはトヨタに
次ぐ2社目だそうです。

ソフトバンクグループは、今年3月期の
決算で、最終利益が初めて1兆円を
超えたと発表したそうです。

国内の通信事業やアメリカでの
携帯電話事業が伸びたためだそうです。

1兆円超えについて、孫社長は「あくまで
通過点にすぎず、感慨はない。トヨタは
67年かかったが、われわれは36年で
到達した」と述べたそうです。

トヨタは製造業ですから。
でも、ソフトバンクは製造業ではありません。
原材料がない分、楽かもしれません。

日通

国内物流最大手の日本通運です。

9日、取引先の法人顧客に配送料の
値上げを要請するそうです。

林田直也取締役が2017年3月期の
決算会見で、「今期(18年3月期)、
全ての取引先に値上げを要請する」と
述べたそうです。

取引先は数十万社に上るそうです。
トラック運転手や作業員の人手不足により、
配送を外部に委託する費用が増え、
料金に転嫁せざるを得ないそうです。

宅配業者の人手不足が深刻なのですね。
ヤマト運輸も料金を
あげるそうです。
消費者に影響が出ますね。

大和証券

大和証券グループです。

現在は70歳の営業職員の
定年延長の上限を撤廃する
方針を明らかにしたそうです。

高齢社員の積極活用などで、
金融資産を多く保有する
高齢世代向けの営業を
強化するそうです。

現在の国内の金融資産は
「団塊の世代」を含む65~70歳に
最も多く集まっているそうです。

高齢者の顧客に特化した
専門の営業員を今年度後半から
段階的に各店舗に配置するそうです。

将来的には全118支店に配置する
そうです。

高齢者の活用はいいかも
知れませんね。
景気もよくなります。

LINEのキャンペーン

LINEは5月1日、コミュニケーションアプリ
「LINE」ユーザー向けキャンペーン
「LINEのグリーンウィーク」を開始したそうです。

5月1日~7日にかけて、「みどりくじ」と
呼ぶくじを友達に送ることで100円~100万円が
当たるというものだそうです。

くじを開封すると「LINE Pay」アカウントが
開設される仕組みに困惑する声も
上がっているそうです。

同社の決済サービスLINE Payの利用を
促進するための施策だそうです。

当選金の受け取りには、LINE Payの
アカウント作成が必要だそうです。

当選金は5月8日以降、LINE Payの残高として
付与される形で、くじを送った人と
受け取った人に、半額ずつが
振り込まれるそうです。

こういうキャンペーンもあるのですね。
100万円が欲しい人は、アカウントを
作ればよいと思います。

自己責任でが、子供にはキャンペーンを
送らないようにした方がよいと
思いますが。

佐川急便

宅配便大手の佐川急便を
傘下に持つSGホールディングス
(HD)です。

1日、通販会社など大口の顧客に対し、
運賃の値上げを要請しているそうです。

インターネット通販の急拡大で
取り扱う荷物量が増加し、人手不足に
伴って人件費が上昇しているためだそうです。
個人向けの宅配運賃は据え置く方針だそうです。

大口顧客への値上げについては、
最大手のヤマト運輸も約1000社と
個別に交渉しているそうです。
ヤマトも値上げしますからね。

大口顧客向け宅配便1個当たりの
平均単価を17年度末に518円程度と
1年前と比べて7円増やすそうです。

人手不足が深刻ですね。
よい解決策を考える必要が
あります。

| ホーム |


 BLOG TOP