FC2ブログ

プロフィール

kohnai

Author:kohnai
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

シャープの業績

シャープが28日、2017年3月期決算を
発表したそうです。

本業のもうけを示す営業損益が、
624億円の黒字(前年は1619億円の赤字)に
なったそうです。

営業黒字は3年ぶりだそうです。
経営が行き詰まり、昨年8月に
台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業の
子会社になって初めての通期決算で、
業績が大きく改善したそうです。

売上高は前年比16・7%減の
2兆506億円だったそうです。
上半期まで続いた事業見直しの一環で、
北米でのテレビの自社販売から
撤退したほか、主力の液晶パネルの
販売が減ったそうです。

一方で、鴻海傘下に入ってからは、
中国向けの販売が持ち直したそうです。

太陽電池の事業では、鴻海出身の戴正呉
(たいせいご)社長の指示で、原材料の
調達先と契約を結び直すなどして
コストを引き下げたそうです。
この結果、苦戦していた太陽電池を
含め、七つある事業部門すべてで
営業黒字を確保したそうです。

黒字になったのはよかったですね。
なぜ、今までできなかったのでしょうか。
不思議です。

スポンサーサイト



東京ディズニーリゾート

オリエンタルランド(OLC)です。

27日、東京ディズニーランド(TDL)と
東京ディズニーシー(TDS)を合計した
2018年3月期の入場者数が、
前期比2%減の2950万人に
とどまるとの見通しを発表したそうです。

減少は3年連続だそうです。
3000万人割れは5年ぶりだそうです。

OLCは18年3月期の入場者数の
マイナス見通しについて、
「前期にTDSの15周年イベントが
あった反動によるもの」(横田明宜取締役)と
説明したそうです。

ただ、入場者数の減少が続くのは、
慢性的な混雑や昨年4月まで3年連続で
入園料を値上げした影響の可能性もあるそうです。

同社は大型アトラクションの
導入などで、混雑の解消に努めるそうです。

価格が高くなって、混雑したら
行きたくないですね。
アトラクションにも乗れません。
混雑解消が必要ですね。

ヤマト運輸

宅配便最大手のヤマト運輸です。

通信販売会社との配送契約の
一部を打ち切る方針を固めたそうです。

違法な長時間労働が常態化する
宅配ドライバーらの負担を軽減するためには、
法人客との取引を打ち切ってでも、
扱う荷物量を減らす必要があると
判断したそうです。

すでに一部の荷主に対し、
契約打ち切りの通告を始めているそうです。

荷物量などに応じて適用する運賃の
割引幅が大きく、採算割れしている
法人客が契約打ち切りの主な対象で、
大手の通販会社も含まれるそうです。

契約期間の満了をもって取引を
終えるそうです。

ヤマトが昨年度に扱った荷物
(約18億7千万個)の数%分の
取引が対象になる可能性があるそうです。

9月末までに打ち切り交渉を終え、
10月に始める中期経営計画に
交渉の結果を反映させるそうです。

どこの企業を辞めるのでしょうか。
アマゾンでしょうか。
利益の上がらない法人は
やめた方がよいですね。


日本郵政

日本郵政です。

2007年の郵政民営化後初の
最終(当期)赤字になるそうです。

損失処理するオーストラリアの物流子会社は、
15年の買収時から巨額の買収額や
その効果を疑問視する声は多く、
経営陣の判断の甘さが出ているそうです。

それに加え、経営を監視すべき
社外取締役らによるガバナンス(企業統治)
体制の不備を指摘する声も出ているそうです。

せっかく民営化されたのに
赤字は、困りますね。
株主も怒っています。

経営者は、責任を明確に
すべきですね。
判断が甘すぎます。


うるま市長選

2018年の知事選の前哨戦と
位置付けられたうるま市長選です。

自民が公明と推薦した島袋俊夫氏が
当選したそうです。

自民は1月の宮古島、2月浦添に続く
市長選3連勝を県政奪還の足掛かりと
したい考えだそうです。

翁長雄志知事ら「オール沖縄」勢力に
とって3連敗は痛手となり、名護市辺野古の
新基地建設に反対する民意を選挙結果に
つなげる手法の練り直しが
急務となるそうです。

政治対決の舞台は知事選に
直結するとされる来年1月の
名護市長選に移るが、それぞれに
懸念や課題も残るそうです。

両方の対立が深まっています。
これからどうなるのでしょうか。

中小企業の人材不足

中小企業のほぼ半分が
人材不足を感じているそうです。

政府が21日閣議決定した
今年の中小企業白書で明らかに
なったそうです。

景気回復で中小企業の経営環境には
明るさも戻っているが、人手不足で
商機を生かせない懸念が高まっているそうです。

白書では、専門性の高さなどから
高度な業務を担う「中核人材」と、
比較的定型的な業務を担う「労働人材」に
分けて調べたそうです。

回答した約3千社のうち、中核人材に
ついては48・2%、労働人材は52・6%が
「不足」だったそうです。
「過剰」と答えたのは、それぞれ1・5%、
2・6%にとどまったそうです。

人手不足が、影響していますね。
買い手市場ですからね。
大手企業を目指しますね。
当分は続きますね。

貿易黒字

財務省が20日、2016年度の貿易統計速報
(通関ベース)を発表したそうです。

輸出額から輸入額を差し引いた
貿易収支は4兆69億円の黒字だったそうです。

年度ベースでの黒字は10年度以来6年ぶりだそうです。
11年3月に起きた東日本大震災後では
実質的に初めてだそうです。

円高や原油など資源価格の
値下がりで輸入総額が大幅に
減少し、輸出のマイナス幅を
上回ったそうです。

米国のトランプ政権から注視される
対米貿易収支は、6兆6294億円の黒字。
円高の影響などで、黒字幅は前年度比
8.2%減と5年ぶりに縮小したそうです。

黒字が増えて、アメリカとの貿易収支は
よくなっているのですね。
いいことです。

原油価格の下がったのが大きかった
のでしょうか。

新卒社員

アベノミクスやトランプ景気の
影響で日本経済は好調です。

同時に新卒採用は学生による
売り手市場が続いています。

少子化による人口減少という
環境変化も採用が活況です。

企業の採用意欲の高まりは、
採用計画に関する各種調査結果を
見ても顕著で、かつてのバブル景気
並みの採用難のようです。
その一方で、せっかく採用した
新入社員(大卒者)の3割が3年で
辞めているそうです。

従業員規模が小さいほど
「新卒3年目までの離職率」が高いそうです。
大企業志向(安定志向)は依然として強く、
「待遇の良さ」を求める傾向は
今も昔も変わらないそうです。

退職理由で最も多かったのは
「キャリアの成長が望めない」25.5%。
その後を僅差で「残業・拘束時間の長さ」24.4%が続き、
以下、「仕事内容とのミスマッチ」19.8%、
「待遇・福利厚生の悪さ」18.5%、
「企業の方針や組織体制・社風などとのミスマッチ」14.0%
だそうです。

この理由は、昔から変わりませんね。
景気がよくなっても退職する人は
いるということです。

ASUSのスマートフォン

格安スマホの拡大とともに、日本でも
「SIMフリースマートフォン」
(どの携帯会社の回線でも使える端末)が
注目されています。

このSIMフリースマホ市場で
中国・ファーウェイと上位を争っているのが、
台湾・エイスース(ASUS)だそうです。

価格以上の性能と質感を実現する
コストパフォーマンスの高さに加え、
日本市場への対応に積極的な
ことが人気の要因になっているそうです。

日本のSIMフリースマホを盛り上げ、
市場の牽引役となったのが
同社の「ZenFone(ゼンフォン)」
シリーズだそうです。

同社が日本でZenFoneシリーズを
最初に投入したのは、2014年11月
発売の「ZenFone 5」。
最も安いモデルで2万6800円という
低価格ながら、“格安”とは思えない
質感の高さを実現し、それでいて
高速通信規格のLTEに対応するなど、
十分な性能を備えているそうです。

格安スマホが増えていますからね。
端末が安くて機能がよければ
よいですね。

これから人気が出るでしょうね。

中国のGDP

中国国家統計局が17日,
今年1~3月の国内総生産(GDP)wo
発表したそうです。

物価変動の影響を除いた実質で
前年同期比6.9%増となり、
2四半期連続で前の四半期を
上回ったそうです。

中国の経済成長率は2016年に
6.7%と26年ぶりの低水準に
なるなど、減速基調が続いていたが、
景気対策の効果で下げ止まりが
鮮明になったそうです。

でも、不動産や投資ですからね。
個人消費ではないですからね。
建物を作ればGDPが増えます。

本当の景気はどうなのでしょうか。


格安スマホ

ワイモバイルとUQモバイルが3月から、
iPhone SEの販売を開始したそうです。

iPhone好きが多い日本では、
廉価ながら機能アップした
iPhone SEの投入は人気がでるかも
しれないそうです。

iPhone SEは、アップルが2016年に
発売した廉価モデルです。

ボディーは、過去に販売されたiPhone 5、
5sのものをほぼそのまま使いながら、
中央演算処理装置(CPU)やカメラなどの
機能を、当時最新のiPhone 6s、
6s Plusと同等にしたスマートフォンだそうです。

このiPhone SEを取り扱うことを表明したのが、
格安スマホの市場で火花を散らす、
ワイモバイルとUQモバイルだそうです。

ワイモバイルはソフトバンク、
UQモバイルはauのサブブランドだそうです。

どちらも、これまで、iPhone 5sを
販売しており、学生を中心に
ヒットしているそうです。

iPhoneが使えるようになるのは
よいですね。
格安スマホの競争がどんどん激しくなります。

松屋

牛丼チェーンを展開する
松屋フーズです。

14日、ラーメンチェーンに
本格的に参入すると発表したそうです。

トマトを使って健康志向を
強調したラーメンを売りにして
主に郊外のショッピングセンターの
フードコートに出店するそうです。

家族層をターゲットに、牛丼、
トンカツ両チェーンに次ぐ柱に
育てたいそうです。

国内の1073の松屋フーズの店舗のうち、
牛丼チェーンの「松屋」が9割、
「松のや」などトンカツ業態が
1割を占めるそうです。

同社はすでに東京都内にラーメン店
「セロリの花」2店舗を展開しており、
ラーメン業態を第3の柱にすることを
視野に入れるそうです。

ラーメンですか。
トマトスープ麺ですか。
ヒットするでしょうか。
若い女性がターゲットでしょうか。


人気の就職企業

楽天が運営する就職情報サイト
「みんなの就職活動日記」
(みん就)が2018年卒の就職人気企業
ランキングをまとめたそうです。

昨年1位だった電通が23位と、
大きく順位を落としたそうです。

新入社員が過労自殺した問題で
イメージを落としたそうです。

1位は全日本空輸(昨年2位)、
2位は日本航空(昨年59)と、
大手航空2社がトップになったそうです。

4位のJTB(昨年8位)は上位の
常連だが、33位の近畿日本ツーリスト
(昨年79位)や65位の阪急交通社
(昨年163位)が大幅にランクアップ
するなど、トラベル系の人気が高いそうです。

電通は大きく順位を落としたものの、
博報堂/博報堂DYメディアパートナーズは
トップ10圏内の10位(昨年4位)だったそうです。

電通は、まだ23位なのですね。
圏外にならないのが不思議です。

航空会社が、上位なのも不思議ですね。
もっと、いい会社がたくさんあるのに。
何故でしょうか。

東芝の決算

東芝です。

11日、2度延期した2016年
4~12月期連結決算を発表したそうです。

前例のない3度目の延期を回避するため、
監査法人から「決算内容は適正」との
意見を得られないまま異例の発表に
踏み切ったそうです。

監査法人の承認がない決算は
上場廃止基準に当たる恐れがあり、
東証が審査に入ることになったそうです。

東芝は昨年12月末時点で2256億円の
債務超過に陥っているそうです。

過去、いろいろな不祥事がありました。
上場廃止になると影響が
大きいですね。

どうなるのでしょうか。
注目です。

高齢者の働き方

10日公表された推計人口です。

若干、スピードが緩んだものの、
この先も厳しい少子高齢化が続く
人口減少社会の姿が示されました。

かつて経験したことのない、
超高齢社会に対応していくため、
社会保障制度をはじめ、従来の
少子化対策だけでない、女性、
高齢者の働き方改革や外国人材解禁など、
人口減を前提とした社会の仕組み作りを
早急に進めることが求められています。

今回の推計で、現役世代(15~64歳)の
人口は50年後、現在より4割以上減るそうです。
人口構成が激変していく中、社会の担い手を
どう確保していくのか議論と対策が
必要になります。

現役世代の男性に偏っていた働き手に、
女性や高齢者にもより多く加わってもらい、
経済活動の維持を図る狙いがあるそづえす。

今後、65歳以上の雇用延長も進める方針で、
高齢者に、支えられる側から支える側に
回ってもらいたい考えだそうです。
高齢者となっても「引退」しない時代が
目前だそうです。

でも、それには、健康であることが
必要です。
そこをどうやっていくかですね。

日本が、寿命は長いですが健康寿命は
長くないです。
そこが問題です。

ポテトチップス

まもなく、コンビニやスーパーの
菓子売り場から数多くの
ポテチが消えるそうです。

大手菓子メーカーのカルビーから
流通各社へ、商品の取り扱いに関する
一通の文書が流れたのは3月上旬のこと
だそうです。

その内容は“ポテトチップスの
一部商品を休売する”というもの
だそうです。

この背景には北海道産野菜の
壊滅的打撃の影響があるそうです。

カルビーの広報担当者がこう話す。
「昨年8月末の北海道台風の影響で
原料(北海道産ジャガイモ)の調達が
間に合わず、4月から一部商品を
休売させていただきます」
だそうです。

同社は“一部”というが、休売商品は
結構多いそうです。
定番品ではポテトチップスの『フレンチサラダ』
『しょうゆマヨ』『梅味』『しあわせバター味』が
まもなく(4月中旬~)休売になるそうです。

北海道の台風は、過去なかったですからね。
全然、進路が変わっていました。
影響も大きくなります。
仕方ないのかも知れませんね。


ヤマト運輸

宅配便最大手のヤマト運輸です。

主要取引先であるインターネット
通販大手アマゾンの「当日配送サービス」の
引き受けから撤退する検討に
入ったそうです。

人手不足の中で夜間配達が増える
原因ともなっており、サービスを
維持するのは難しいと判断。

当日配送の引き受けを徐々に
減らす方針だそうです。

アマゾンは日本郵便などの
利用を増やす考えとみられるが、
国内で独自に進化した当日配送などの
利便性で成長してきたインターネット
通信販売にとって、サービス体系を
見直す転機となる可能性もあるそうです。

アマゾン日本法人は「契約に関するコメントは
控えたい」としているそうです。

過剰サービスですね。
必要ないです。
即日サービスが、他の企業の
迷惑になっています。
アマゾンももっと考えるべきです。

東芝

経営再建中の東芝です。

進めている半導体子会社売却の
入札で、台湾の鴻海(ホンハイ)
精密工業など2陣営が2兆円超の
買収額を提示したそうです。

東芝は子会社の価値を
「少なくとも2兆円」
(綱川智社長)とみているそうです。

東芝の希望を満たす提案額が
あったことになるそうです。
日本企業の参加はなかったそうです。

2兆円の提示ができる企業は
少ないですね。

日本勢は、ないのですね。
寂しいですね。
どこが、買うのでしょうか。

銭湯業界

銭湯の人気がじわじわと
復活しているそうです。

東京・台東区にある「日の出湯」。
ここは、シェアオフィス付きの
銭湯だそうです。

お湯につかってサッパリしたら、
同じビル内のオフィスで仕事が
できるそうです。

オフィスだけでなく、シェアハウスが
隣接する銭湯もあるそうです。
神奈川県横浜市の「清水湯」だそうです。

若者が経営しているそうです。
銭湯だけではなく、周りの
いろいろなサービスを一緒に
おこなっているそうです。

確かに、銭湯だけで、利益を
あげるのは難しいですね。
他のビジネスとの相乗効果で
売り上げを上げるのが
よいかも知れません。

逃げ恥

2016年10月クールに放送され
「恋ダンス」などで社会現象を
巻き起こした新垣結衣主演の
TBS系連続ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」です。

Blue-ray BOX(3月29日発売)が、
4月10日付のオリコン週間Blue-ray
 Disc(BD)ランキング(集計期間3月27日~4月2日)で
初週3・0万枚を売り上げ、BD総合2位に
初登場したそうです。

同作は16年11月16日発売の
「世界一難しい恋 Blue-ray 
BOX(初回限定版)」が記録した
ドラマBD作品の最高累積売上2・1万枚を
大きく更新し、歴代ドラマ
BD売上1位になったそうです。

すごいですね。
ドラマが終わったので、
みんな飽きたかなと思ったら、
ブルーレイで、人気になって
いるのですね。

再度、人気になっているのですね。
続編の話が出てもよいような
気がしますが。

USJとディズニー

東西の2大テーマパークの
2016年度の入園者数(3日発表)が、
対照的な結果になったそうです。

東京ディズニーリゾート(TDR、
千葉県浦安市)は前年度比0・6%減の
3千万4千人で、2年続けて減少したそうです。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン
(USJ、大阪市)は約5%増の
約1460万人で3年連続で
過去最高を更新したそうです。

TDRは、開園15周年を迎えた
東京ディズニーシーで記念のショーを
導入したり、限定グッズを販売したりして
話題をつくったそうです。
しかし、1983年開業の東京ディズニーランドで
新味を欠き、2パーク合計では前年割れに
なったそうです。

やはり開業15周年だったUSJは、
昨年3月にできた新型ジェットコースターの
人気に加え、夏場に開いたアイドルグループ
「AKB48」の常駐ライブや漫画「ドラゴンボール」の
期間限定アトラクションの設置などがよかったそうです。

やっぱり、内容ですね。
目玉商品が必要ですね。

東芝半導体

東芝です。

半導体の記憶媒体(メモリー)
事業を分社化して設立する新会社株の
売却先を決める入札に、
米グーグルやアマゾン・ドット・コムも
参加したそうです。

半導体メーカーだけでなく、アップルを
含め資金力が豊富な米IT(情報技術)
大手も巻き込んだ争奪戦に発展する
見通しになったそうです。

経営が悪化する東芝は2017年
3月期の連結最終利益が1兆円超の
赤字となり、負債が資産を上回る
「債務超過」の金額が3月末で
6200億円に達する可能性があるそうです。

再建のためにはメモリー事業を
少なくとも1・5兆円以上で
売却したい考えだそうです。

できれば、日本の企業に買って
ほしいですが。
どこかいないのでしょうかね。

| ホーム |


 BLOG TOP