FC2ブログ

プロフィール

kohnai

Author:kohnai
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

服のレンタル

たくさん洋服があるのに、
着ていく洋服がないという
毎朝のクローゼットの前での憂鬱を
解決してくれるサービスが、続々
登場しているそうです。

割安で便利、ファッションの常識が
変わるかもしれないそうです。

定額制のファッションレンタルサービスが、
2年ほど前から続々とスタートしているそうです。

衣料レンタルと言えば、これまでは
冠婚葬祭などの特別な機会のものが主流だったそうです。

いま話題になっているのは、ネットから
申し込むだけで、毎日着る“普段着”が
定額で借り放題になるそうです。

服は店で試着をし、気に入ったものを
買うという“当たり前”が変わる日が
来るかもしれないそうです。

確かに、購入するのはもったいないですね。
レンタルの時代になっているのかも
しれません。

時代が変わっています。

スポンサーサイト

原子力の人材

原子力関連企業・機関と原子力産業への
就職に関心を示す大学生をマッチング
させる合同企業説明会「原子力産業セミナー」です。

3月に東京と大阪で催されるそうです。

福島第1原発の廃炉や原発再稼働を
担う原子力人材の確保は急務だが、
平成23年の福島事故以降は来場者が
激減。

東芝の米原発事業の巨額損失も
原子力離れに拍車をかける恐れがあり、
大手電力は「人材が枯渇しかねない」と
危惧しているそうです。

厳しいですね。
でも、福島の事故は、東京電力が
津波の対策をおこなっていたら
防げたかも知れません。
少なくとも、東北電力の女川原発は、
もっと大きい揺れと津波だったのに
事故は起こりませんでした。

経営判断の失敗です。
それが今の状況をおこしています。
仕方ないですね。

ふるさと納税

菅義偉官房長官が24日の
記者会見で、発言したそうです。

2016年度の全国の「ふるさと納税」の
寄付総額が、前年度の2倍程度に
なるそうです。

15年度の寄付総額は約1653億円で、
今年度は3千億円程度まで膨らむそうです。

菅氏は「ふるさと納税で多くの地域が活性化した」と
述べたそうです。

寄付総額は制度が始まった08年度は
約81億円だったが、各自治体が高級肉や
家電などの返礼品を用意したことが
話題になり、利用が拡大。

14年度は約389億円、15年度は
その4倍に急増していたそうです。

ふるさとに税金を納めたいですね。
地元の特産品ももらえます。
地域が活性化します。
いいことです。


トイレのIoT

KDDIです。

20日、トイレの利用状況がわかり、
節水管理もできるIoT
(モノのインターネット)サービスを
3月から法人向けに提供すると
発表したそうです。

個室の混雑緩和や水道料金の
削減効果が期待できるそうです。

オフィスビルのほか、商業施設などへの
販売を想定しているそうです。

個室の扉にセンサーを設置し、
開閉の状況から使用中かどうかを
確認するそうです。
近距離無線通信「ブルートゥース」や
インターネットを通して各個人の
スマートフォンなどに伝えられるそうです。

都会では、便利かもしれません。
技術がどんどん進んでいます。

男女間の給与格差

厚生労働省は22日、2016年の
賃金構造基本統計調査の結果を
公表したそうです。

民間の男女間賃金格差は過去最小で、
同省賃金福祉統計室は「役職者の増加と
国の保育士・介護職員に対する
処遇改善策が女性賃金の上昇に
つながった」と分析しているそうです。
正規・非正規間の格差も過去最小
だったそうです。

昨年6月の賃金額(残業代を除く)に
ついて従業員10人以上の民間事業所
4万9783社から回答を得たそうです。

短時間労働者以外の一般労働者(非正規含む)の
平均賃金は前年と同額の30万4000円。
うち女性は24万4600円(前年比1.1%増)
で過去最高だそうです。

いいことです。
確かに、女性の働く業界の
賃金が上がっていますね。
これで、全体的に給料が上がれば
景気もよくなります。

正社員不足

帝国データバンクが2月21日
企業の人手不足に関する調査結果を
発表したそうです。

それによると、「正社員が不足している」と
答えた企業は43.9%に上ったそうです。
前回調査(2016年7月)から
6.0ポイント増え、過去10年間で
最も高かったそうです。

正社員が不足しているという企業を
業種別にみると、「放送」が最も多く、73.3%。
「情報サービス」(65.6%)、
「メンテナンス・警備・検査」(62.9%)、
「人材派遣・紹介」(60.8%)、
「建設」(60.1%)も多かったそうです。

外食産業ではないのですね。
少し意外です。

でも、技術がどんどん進んで
いますから、人手不足をどこまで
解消できるかです。

マンション販売

不動産経済研究所のデータだそうです。

去年1年間に全国で発売された
新築マンションの戸数は、3年連続で
前の年の実績を下回ったそうです。

去年1年間に全国で発売された
新築マンションの戸数は7万6993戸と、
前の年から1.4%減少したそうです。
これで3年連続の減少で、1992年以来の
低い水準になったそうです。

人件費や資材価格の高騰を背景に、
去年1年間のマンションの平均発売価格は
4560万円と、過去2番目の水準に
高止まりしていて、売れ行きが
鈍っていることが要因だそうです。

高すぎますね。
4000万円って今の正社員の給料で
買えませんね。
もっと、安くならないと難しいですね。

セーブオン

前橋市に本社を置く中堅コンビニチェーンに
「セーブオン」というのがあるそうです。

2月1日、は、業界大手のローソンとの
業務提携を発表したそうです。

これにより、群馬県内の180店を含む、
埼玉、新潟など6県の503店が来年
(平成30年)末までに「ローソン」に
転換するそうです。

昭和58年に群馬県渋川市に1号店が
オープンして以来、長く県民に親しまれた
名前が消えるだけでなく、その「特徴ある商品」の
行方にも関心が集まっているそうです。

平田実セーブオン社長はローソンとの
提携について業界の寡占化による
競争激化のほか、「人手不足で人件費も高騰。
顧客のニーズに応えるために決断した」と
会見で説明したそうです。

中小のコンビニは厳しいですね。
どんどん大手に吸収されています。
競争の上げしい業界です。

トラックの自動走行

政府の成長戦略をつくる「未来投資会議」
(議長・安倍晋三首相)です。

16日、運転手が不要な自動運転車の
一部を2020年度に実現するための
実行計画をまとめたそうです。

自動運転の開発競争は国際的に
激しくなっていて、政府は
実証実験を急ぐことで世界で
優位に立ちたい考えだそうです。

計画の柱は二つ。
一つは高速道路でのトラックの隊列走行だそうです。
先頭車両だけドライバーが運転し、
無人の後続車が自動走行で
追走するそうです。

物流業界の運転手不足を解消する狙いがあるそうです。
新東名高速道路で18年1月にすべての
車両に人が乗った実証実験をスタートさせ、
19年1月から後続車を無人に切り替えるそうです。
22年度以降に東京―大阪間での商業化を
めざすそうです。

すごいですね。
自動運転が自動化されます。
どんどん技術が進化します。
運転手の解消になります。

中国経済

麻生太郎財務相は15日の
衆院財務金融委員会で、発言したそうです。

高い成長を続けてきた中国経済について
「駄目になるのは間違いない。いつ、
どう駄目になるかが問題だ」と述べ、
先行きに対して強い警戒感を表明したそうです。

その上で「ソフトランディング(軟着陸)
してもらうにはどうするか。
こっちも迷惑するので頭に入れておかなければ
いけない」と述べたそうです。

日中財務当局間の連携を強化する
必要性を強調したそうです。
民進党の木内孝胤氏への答弁だそうです。

世界が、中国の景気に敏感に
なっています。
正確な情報がないので、よくわかりませんね。
中国政府の発表も正確では
ないですからね、

 

東芝

東芝です。

14日、同日予定していた2016年4~12月期
連結決算発表を延期し、監査承認前の業績を
見通しとして公表したそうです。

米原発事業の巨額損失が響き、
純損益は4999億円の赤字になったそうです。

前年同期の4794億円の損失に続く
2年連続の赤字だそうです。

営業損益ベースで、7125億円の原発関連損失を
計上。
12月末の株主資本は1912億円のマイナスとなり、
負債が資産を上回る債務超過に陥るそうです。

債務超過ですか。
銀行がお金をだすでしょうか。
厳しいですね。

ほぼ日刊イトイ新聞

人気ウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」です。

運営する「ほぼ日」(東京都)は
3月16日、ジャスダック市場に
株式を上場するそうです。

東京証券取引所が13日、承認したそうです。
上場によって最大約6億円を調達する
見込みで、調達資金は新規事業や
人件費などに充てるそうです。

「ほぼ日」はコピーライターの
糸井重里氏が代表取締役を務める。
前身は1979年に設立された東京糸井重里事務所で、
昨年12月に「ほぼ日」に社名変更したそうです。
2016年8月期の売上高は37億円だそうです。

すごいですね。
ウェブサイトで、上場するのですね。
人気があるサイトです。


トランプ氏の娘

ドナルド・トランプ
米大統領です。

8日、長女イヴァンカさんが
手掛けるファッションブランドの
販売中止を決めた米大手百貨店
ノードストロームを非難したそうです。

米国とカナダに約350店舗を擁する
ノードストロームは先週、女性向けの
服やアクセサリー、靴などの
高級ファッション製品を展開する
イヴァンカさんのブランドについて、
売上不振を理由に今後は扱わないと
発表していたそうです。

ツイッターで発言したそうです。

公私混同ですね。
でも、こういう人が大統領に
選ばれたのですからね。
それだけ、アメリカが大変だと
いうことです。

中国の外貨準備高

中国の外貨準備高です。

約6年ぶりに3兆ドルを
下回ったそうです。

このまま、中国当局による外貨準備の
取り崩しが続くと、中国経済への
不安が高まる恐れがあるそうです。

日本企業は中国ビジネスに二の足を
踏みかねないそうです。

さらに、金融市場で投資家がリスク
回避姿勢を強めれば、円高人民元安や
円高ドル安を招き、輸出企業の価格競争力が
弱まる可能性もあるそうです。

中国は、為替の介入をしていますからね。
どんどんドルが海外に行っています。
中国の景気がよくないのでしょうね。

燃油サーチャージ

燃油サーチャージdesu.

日本発券分の国際線の運賃に
上乗せされる燃油サーチャージが、
4月から今よりおよそ2倍に
値上がりするそうです。

全日空や日本航空の北米やヨーロッパ行きでは
現在、片道で3500円上乗せされていますが、
4月からは7000円になるそうです。

円安が進んだことや原油価格が上がったことが
要因だそうです。
両社は今月中に発表するそうです。

ゴールデンウィークは、早めに
チケットを買ったほうがよいそうです。

2倍は、大きいですね。
値段が上がることが多いですね。

サッポロビール

サッポロビールです。

主力ブランド「黒ラベル」の
缶ビール販売を今後5年間で現在の
2倍の年間1200万ケース程度
(1ケースは大瓶20本換算)に
引き上げるそうです。

消費者の節約志向で「家飲み」が
増える中、スーパーなどへの営業を
強化するそうです。

また、酒税が段階的に一本化される
ことを受け、税率の下がるビールに
力を入れる狙いもあるそうです。

黒ラベルは飲食店向けの業務用の
販売比率が約65%と高く、
家庭用は約35%にとどまっているそうです。

黒ビールは人気があるのですね。
ビール業界は、売り上げを上げるために
いろいろなことをやっていますね。

自爆自転車

突然自転車が壊れるそうです。

そんな事例が続発しているそうです。

運転中にハンドルが折れたり、
あるいはタイヤが外れたりするそうです。

自転車に見えない爆弾がついていて、
ある日いきなり大破するような感じだそうです。

車と違って国が定める安全基準がなく、
型式指定審査のようなチェックシステムも
ないそうです。

輸入自転車の9割を占める
中国をはじめ、海外から
欠陥商品が流入している問題も
指摘されているが、国産製品も
例外ではないそうです。

安全な自転車は、車体に貼られている
「自転車マーク」が一つの
目安になるそうです。

マークは事業者団体が任意で
いくつか設けているそうです。
約90項目の検査にクリアした自転車のみに
貼られる「BAA」マークや、自転車安全整備士に
よるメンテナンスを受けたことを示す
「TSマーク」などがあるそうです。

怖いですね。
自転車もきちんと基準を設ける
必要がありますね。
それ以外の販売はやめさせる
べきです。

スカパーの契約

有料衛星放送を手掛ける
スカパーJSATです。

2日、1月末の契約件数が
前月末比6万7487件減の328万990件と
大幅に減少したと発表したそうです。

Jリーグ中継から撤退した影響で
解約数が10万件近くに上り、
加入数を大きく上回ったそうです。

同社の契約件数は昨年8月以降、
6カ月連続のマイナスだそうです。

ネット動画配信大手の英パフォームグループが、
2017年以降のJリーグ放映権を取得したそうです。
これに伴い、スカパーはJリーグ中継からの
撤退を余儀なくされたのが大きいそうです。

確かに、影響は大きいですね。
サッカーが好きな人は、契約していますからね。
厳しいですね。

新型ワゴンR

スズキです。

1日、約4年半ぶりに全面改良した
主力軽自動車「ワゴンR」を発売したそうです。

軽では初めて、運転席のダッシュボードに
「ヘッドアップディスプレー」を採用し、
車道から視線を外さずに車速などを
確認できるそうです。

先行車両を検知して自動でブレーキを
かける機能など安全装備も充実し、
低迷する軽販売の立て直しを目指すそうです。

通常モデルのほか、デザイン性を高めた
「スティングレー」や、スポーツ感のある
「FZ」などのラインアップを用意したそうです。

ハイブリッド車(HV)は燃費を1リットル
あたり最高33・4キロとし、従来車から
0・4キロ改善したそうです。

4年ぶりだったのですね。
最近、他のメーカーに押されて
いましたからね。
新車で、頑張ってほしいですね。

三菱自動車

三菱自動車です。

31日、2017年3月期通期の
連結業績予想を上方修正したそうです。

営業損益は10億円の黒字
(前期は1384億円の黒字)となるそうです。
従来は276億円の赤字を見込んでいたが、
為替の円安効果に加え、経営効率の改善が
寄与するそうです。

会見した池谷光司副社長は、
営業黒字見通しに転換した理由について、
日産自動車との提携開始以降、「採算を重視した
経営管理の取り組みを一段と進め、経営効率の
改善による収益力強化に努めてきた」そうです。

為替の変動を踏まえて採算優先で
販売地域を変更したほか、広告宣伝や
インセンティブ(販売奨励金)の管理、
日産をベンチマークにした購買施策などを
実施した効果が表れているそうです。

すごいですね。
どなるかなと思いましたが、
黒字はよかったですね。
思ったより早くよくなるかも
知れません。

| ホーム |


 BLOG TOP