FC2ブログ

プロフィール

kohnai

Author:kohnai
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

民泊ビジネス

日本を訪れる外国人観光客が
急増しています。

個人が住宅の空室などに外国人を
有料で泊める「民泊」と呼ばれる
サービスが広がっているそうです。

ホテルの部屋が足りなくなる一方、
高齢化などで空室が増えている
ためだそうです。

月400万円以上稼ぐケースもあり、
関連事業も次々と登場しているそうです。

ただ、多くは旅館業法で必要な営業許可を
得ていないそうです。

お金を取って客を宿泊させる場合、都道府県知事から
営業許可を取るよう定めているそうです。
フロントの設置や寝室の面積など
必要な施設について一定の基準を
満たさなければ許可は得られないそうです。

食事を提供する場合は食品衛生法上
の許可も必要だそうです。

今後はこういうビジネスは
どうなるのでしょうかね。
スポンサーサイト



トヨタと独VW

トヨタ自動車です。

28日、2015年1~7月期の
グループ世界販売台数(日野自動車、
ダイハツ工業含む)を発表したそうです。

前年同期比1・5%減の586万台だったそうです。

独フォルクスワーゲン(VW)の同期の
グループ世界販売583万台を上回ったそうです。

トヨタは上期(1~6月期)実績でVWに
抜かれて世界首位を譲ったが、トップに
返り咲きました。

最大市場の中国で、トヨタは11・9%増の
60万台と好調だった一方、VWは5・3%減の
199万台と振るわなかったそうです。

トヨタ、VWとも世界販売の前年割れが
続いており、両社とも2014年に続く
1千万台超えは不透明になってきているそうです。

中国がよくないですからね。
在庫が増えているそうです。
厳しいですね。

シャープの液晶事業

経営再建中のシャープです。

主力の液晶パネル事業を売却する
検討に入ったそうです。

新たに作る合弁会社に事業を移し、
出資比率を50%未満に引き下げて、
経営の主導権を手放す考えだそうです。

近く液晶パネル製造大手のジャパンディスプレイ(JDI)
との交渉に入るそうです。

シャープは液晶事業で世界市場を先導してきたが、
現在はスマートフォン向けなど中小型パネルに
事業を縮小しており、単独での継続も
断念するそうです。

シャープで液晶がなくなると、どうなるのでしょうか。
影響が大きいと思いますが。

ガソリン価格

資源エネルギー庁が8月26日に
石油製品の店頭小売価格週次調査を
発表しました。

8月24日時点でのレギュラーガソリンの
全国平均価格は前週の調査から
1.5円値下がりしたそうです。
1リットル当たり136.7円となったそうです。

レギュラーガソリンの値下がりは7週連続で、
その間の値下がり幅は8.5円。2月16日の
調査以来、約6か月ぶりの安値となったそうです。

原油価格が下がっていますね。
ガソリン価格はもっと下がって
よいような気がしますが。

スタバのボトル缶

スターバックスが、ボトル缶コーヒーに
参入するそうです。

アメリカのコーヒーチェーン「スターバックス」は、
「サントリー食品インターナショナル」と
共同でボトル缶コーヒーの販売を
始めたそうです。

ボトル缶で発売されるのは、スターバックスの
店舗でも使われている豆から
つくられたブラックコーヒーだそうです。
一本の値段は200円だそうです。

他のボトル缶コーヒーよりも60円ほど
高めですが、「カフェ以外でも高品質な
コーヒーを楽しんでもらいたい」
ということだそうです。

ボトル缶市場は大きく伸びているそうです。

コンビニの入れたてコーヒーが
人気になっています。
ボトル缶がどのくらいヒット
するでしょうか。

上海株

中国の上海株です。

上海総合指数は、先週末に比べて-8.49%
になりました。
一時、一瞬だが、9%にも達したそうです。

3分の2以上の銘柄が、ストップ安と
なっているそうです。
以前は、この証券会社には、
雨の日でも大勢の投資家が訪れていたが、
その数は、めっきりと減ったそうです。
損に損を重ねて、「株離れ」が
進んでいるそうです。

アメリカも日本も株安ですが、
中国の8%はすごいですね。
これからどうなるのでしょうか。

国立大学の文系学部

文系学部のある全国の
国立大60校についてです。

各国立大学長を対象にした
読売新聞のアンケート調査だそうです。

半数近い26校が2016年度以降、
文系学部の改廃を計画しているそうです。

教員養成系学部を中心に計1300人以上の
募集が停止され、定員の一部を新設学部に
振り分けるなどの改革が行われるそうです。
国立大の文系に再編の波が押し寄せているそうです。

文部科学省は今年6月、大学改革を狙いに、
法学部や経済学部などの人文社会科学系と
教員養成系の学部・大学院の廃止や他分野への
転換を求める通知を出したそうです。

文系は、就職が少ないですからね。
理系の人は、どこの業界でも
就職があります。

時代の流れですね。

原油価格

原油価格が落ちています。

週末21日午後のニューヨーク商業取引所
(NYMEX)の原油先物相場です。

米国産標準油種WTIの中心限月10月物は
一時1バレル=39.86ドルと、約6年半
ぶりに40ドルを割り込んだそうです。

主要エネルギー消費国である中国の
景気減速懸念画原因のようです。

民間調査会社が発表した8月の
中国製造業購買担当者景況指数
(PMI)速報値は6年半ぶりの低水準に
落ち込んだそうです。

中国の景気が悪くなっているのですね。
影響が大きいですね。

米国株が下落

20日のニューヨーク株式相場です。

優良株で構成するダウ工業株30種平均は
前日終値比358.04ドル安の
1万6990.69ドルでした。
約10カ月ぶりに1万7000ドルを割り込んで
終わりました。

ハイテク株中心のナスダック総合指数は
141.56ポイント安の4877.49でした。 

中国の景気減速で世界経済の先行き
不透明感が強まる中、大幅続落しました。

中国が大変になっているようです。
中国株も下落しました。
日本株も影響を受けますね。

コンビニが駅ナカへ

大手コンビニエンスストア各社が、
通勤や通学の乗降客による商品購入が
見込める駅構内(駅ナカ)への出店に
力を入れているそうです。

道路沿いやビル内部などへの新規出店余地が
狭まっています。
鉄道会社と提携し未開拓の首都圏や
関西圏の駅ナカへ進出し、業績の
拡大につなげる狙いだそうです。

ローソンは4日、業務提携する
東京メトロとの駅ナカの新業態
「ローソンメトロス」の1号店を
地下鉄日比谷線秋葉原駅構内に
オープンしたそうです。

最大手のセブン-イレブン・ジャパンは、
JR西日本が運営する「キヨスク」と
「ハート・イン」の計500店をセブンの
店舗に転換するそうです。

コンビニがどんどん進出しています。
生活の一部になっています。
すごいですね。

ファミリーマート

ファミリーマートは18日、
調剤薬局やドラッグストアを
展開するファーマライズホールディングス
(HD)とヒグチ産業の2社と
合弁会社を設立することで
最終合意したそうです。

10月1日に設立予定の新会社の名称は
「薬ヒグチ&ファーマライズ」だそうです。

ファーマライズHDが55・1%、
ヒグチ産業が30%、ファミリーマートが
14・9%出資するそうです。

ヒグチ産業が展開するドラッグストア事業は
新会社に移管するそうです。

新会社は、ドラッグストアとコンビニの
一体型店舗の導入などを加速し、収益の
拡大を目指すそうです。

こんびにの新しい形態ですね。
薬とコンビニですね。
いいかも知れませんね。
これからの注目です。

ニッセンが早期退職

通販大手のニッセンホールディングス(HD)です。

17日、同社と傘下の通販事業会社ニッセンの
全社員の17%に当たる計120人の
早期退職を募るそうです。

2014年12月期決算で、2期連続の
税引き後赤字となったそうです。

全従業員を対象に、9月下旬から10月上旬に
募集するそうです。
退職予定日は10月末だそうです。
人件費の削減効果は年間約9億円と
見込んでいるそうです。

通販業界は、苦戦していますね。
時代が変わっています。
通販ではなくて、インターネットを
使うようになっています。

韓国の製造業

韓国の製造業が今、危機に
直面しているそうです。

韓国製造業は日本に対する価格競争力を
失うと同時に、技術面では中国に
追いぬかれようとしているそうです。

韓国の7月における購買担当者景気指数
(PMI)が47.6になったそうです。

インドネシア、ギリシャ、ブラジルと
いった経済が不調な国と同等の
水準まで落ち込んでいるそうです。

韓国の大手造船メーカー3社の
2015年第2四半期における
赤字額は計43億米ドル(約5348億円)に
達したそうです。

中国の景気減速がありますね。
そして、中国企業の追い上げです。
どんどん韓国に追いついています。

正念場です。

中国の大気汚染

米カリフォルニア大バークリー校の
研究結果だそうです。

中国で深刻な大気汚染の影響によって、
1日約4千人が死亡しているそうです。

中国当局が定めた新たな大気の
監視基準に基づいて算出したそうです。

中国では年間約160万人が、大気汚染を
原因とする心臓や肺の疾患、脳卒中で
死亡しているそうです。

世界保健機関(WHO)が2014年に
発表した報告書では、世界中の大気汚染に
関連する死者は年間約700万人だそうです。

そのうち約23%を中国が占めているそうです。

それだけ、大気汚染が深刻なのでしょうね。

ラオックスの売り上げ

免税販売大手ラオックスです。

13日、2015年6月中間決算を
発表したそうです。

売上高が前年の2倍強の451億円、
純利益が79倍にあたる46億円だったそうです。

円安を背景に、訪日中国人を中心にした
来店客が、前年の4倍近い延べ
149万人まで増えたことが影響した
そうです。

でも、これからは、わかりませんね。
人民元が切り下げられました。
円安の影響が少なくなります。
中国の景気も減速しています。

対策を考えておく必要が
ありますね。

ワールドが希望退職

アパレル大手のワールド
(神戸市中央区)です。

12日、7月に募集した希望退職に
453人が応じたそうです。

社員の約25%に当たるそうです。
同社は「予定通りの応募数」だそうです。
退職は9月20日付で、追加募集などの
計画はないそうです。

希望退職の対象は、ワールド本体の社員
約1800人(3月末時点)のうち、
40歳以上の正社員と定年後に再雇用された
60歳以上の社員を合わせた
約1300人だったそうです。

25%は多いですね。
アパレル業界も、戦略が
明確でないと生き残るのは難しいですね。

人民元の切り下げ

中国人民銀行(中央銀行)です。

11日、通貨・人民元の対米ドルの
基準値を、前日基準値よりも
2%近く切り下げたそうです。

基準値の算出方法を同日から
変更したためだそうです。
元安・ドル高に誘導することで
輸出を促進する狙いだそうです。

人民銀が、同日朝に公表した対米ドルの
基準値は、1ドル=6.2298元でだったそうです。
前日(6.1162元)から約2%の
元安・ドル高だそづえす。

市場では、中国経済の減速や、米国の
利上げが年内にも見込まれることを受け、
元は基準値よりも下落する傾向が
続いていたそうです。

かなり景気が悪くなっているのでしょうか。

中国株式市場

中国株式市場です。

数百に上るとされる海外の
ヘッジファンドやトレーダーが
厳しい規制をかいくぐって
活動しているそうです。
投機的な手法を駆使して
投資しているそうです。

海外勢は最近ますます存在感を
高めているそうです。
当局の一連の株価対策を
効きにくくしている可能性が
あるそうです。

かなり規制をしているようですが。
あまり効果はないのでしょうかね。

中国の株価はどうなるのでしょうかね。

パナソニック

パナソニックです。

一時は全面撤退も検討したテレビの
生産台数を、平成30年度に1000万台まで
高める計画を立てているそうです。

27年度見込みの約1.5倍に
あたるそうです。

同社のテレビ部門は赤字が続いているが、
日本、欧州、東南アジアなどに販売地域を
絞り込むとともに、フルハイビジョンの
4倍の解像度「4K」に対応する
高価格製品を拡販し、V字回復を
目指すそうです。

どうなるでしょうか。
韓国、中国などのメーカーが
多いですからね。
利益を確保できるでしょうか。

マクドナルドの売り上げ

日本マクドナルドホールディングスです。

7日、7月の既存店売上高を
発表しました。

前年同月比12.6%減となったそうです。
マイナスは18カ月連続だそうです。

6月まで7カ月続いた20%以上の
減少よりは改善したものの、依然2ケタの
マイナスが続いているそうです。

販売不振が深刻なようです。
いろいろ対策をおこなっているようですが、
なかなか、売り上げが戻りませんね。

食の信頼は、すぐに落ちますが
戻るのは、難しいですね。

大卒就職率

学校基本調査です。

今春の大学卒業者の就職率は
72・6%だったそうです。
5年連続で改善し、1994年以来
21年ぶりに70%台に回復したそうです。

正規雇用での就職率も68・9%と
前年より3・0ポイント増えたそうです。

景気回復の効果だそうです。

調査によると、今春の大学(学部)卒業者は
56万4025人で、うち就職した人は
40万9754人だったそうです。

就職率は72・6%で前年を2・8ポイント
上回ったそうです。

就職した人のうち正規雇用は38万8606人。
契約や派遣社員などの非正規雇用は2万1148人だった
そうです。

まだ非正規もいるのですね。
景気は、よくなっていますから、
職業を選ばないと正社員になれると
思いますよ。

トヨタの業績

トヨタ自動車が4日、今4~6月期連結決算を
発表したそうです。

売上高は9.3%増の6兆9876億円だったそうです。
リーマン・ショック前の07年4~6月期
(6兆5226億円)を超えて過去最高になったそうです。

営業利益が前年同期比9.1%増の
7560億円となり、4~6月期としては
過去最高だったそうです。

最終利益も10.0%増の6463億円と
過去最高だったそうです。

消費税増税の影響で国内は苦戦したが、
米国での販売が好調だったそうです。
円安やコスト削減効果も利益を押し上げたそうです。

売り上げか販売は、フォルックスワーゲンに
負けましたが利益はすごいですね。

やっぱり、利益をあげることが
重要です。

トランクルーム

衣類や書籍、家電など生活する中で
増え続ける荷物を預けられる
トランクルームサービスです。

市場が急拡大しているそうです。

さまざまなサイズを取りそろえるだけでなく、
BGMの音楽を流したり、トイレや
流し台を備えた“別荘”のような
形態も登場しているそうです。

多様化するニーズに応じ、便利なサービスが
次々と登場しているそうです。

このトランクルームは重量鉄骨
2階建て。中に入ると、廊下を
挟んで両側にマンション部屋の
ような50室の収納スペースが
広がっているそうです。

部屋は高さ2メートル、畳2畳程度が
標準だそうです。
ミカン箱程度の段ボールだと、約180個の
収容が可能だそうです。
24時間いつでも出入りできるそうです。

いろいろなタイプもあるそうです。
都会の住宅価格が高いので、
ニーズはあるのかも知れませんね。

プレミア商品券

市内の商店などで使える
市民向けのプレミアム付き商品券です。

大分市は30日、換金に時間がかかるなどの
理由で取扱店の資金繰りが厳しく
なっているとして、金融機関が通常よりも
手続きを短縮する融資システムや、
小切手を発行して対応するそうです。

商品券は1冊1万円で1万2千円分の
買い物ができることから人気を集めています。

市内の商業施設などで1日から計36億円分を
販売したところ6日に完売したそうです。

現在、市内の約2500店舗で利用でき、
15日までに約20%の約7億2千万円分が
使われたそうです。

取扱店は毎月15日と月末締めで
大分商工会議所などに商品券を
持参。

商議所が「振り込み依頼書」を金融機関に
持ち込むと、半月後に取扱店の口座に
現金が振り込まれるそうです。

換金に最短16日、最長1カ月
かかるそうです。
中小店舗から「資金繰りに困っている」
との声が数件、商議所に寄せられたそうです。

通常の取引だと、そんなものです。
2ヶ月先というのも多いですね。
現金商売の店舗は大変かも
知れません。

100円コーヒー

国内コーヒー市場が沸いているそうです。

けん引役は コンビニエンスストア店頭で
豆からひいたいれたてコーヒーだそうです。

1杯100 円からの低価格で本格的な
味わいを楽しむことができ各社の
販売は好調だそうです。

一時は成熟したとも言われた
国内コーヒー市場が盛り返しているそうです。

1ド ル以下でちゃんとした
コーヒーが飲める国は世界でも
あまりないそうです。

やっぱり、どこでも買えるのが
いいですね。
いまだと、厚いので、氷の入った
アイスコーヒがいいですね。
この氷もヒットだと思います。


| ホーム |


 BLOG TOP