FC2ブログ

プロフィール

kohnai

Author:kohnai
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

大手企業の夏のボーナス

経団連は29日、大手企業の
この夏のボーナス調査第1回集計を
発表したそうです。

対象となった63社の平均妥結額は
91万3106円だったそうです。
昨年の夏に比べ2.43%増えたそうです。
増加は3年連続だそうです。

90万円を超えるのは平成20年夏の
リーマン・ショック直前以来、7年ぶりだそうです。

調査は東証1部上場で従業員が500人以上の
企業が対象で、245社に調査協力を要請したそうです。

大手企業では業績連動制を採用している
ケースが多く、各社の好業績を反映しているそうです。

特に、大企業の業績がよいですね。
トヨタも最高益でした。
他の企業もいいですね。

ボーナスも増加しています。
いいことです。
スポンサーサイト



タイの高速鉄道

中国の記事だそうです。

日本とタイが27日にバンコクと
チェンマイを結ぶ路線について
新幹線方式を採用することを
前提とした覚書を交わしました。

「1100億ドル(約13兆6088億円)に
のぼるインフラ支援を発表した日本はすでに
行動を開始し、世界各地で中国と高速鉄道市場の
受注競争を展開している」と論じたそうです。

「新幹線方式の採用の可能性が言及されたのは初めて」と
する一方、あくまでも覚書であり、「新幹線方式の
採用が最終決定したわけではない」ということです。

でも、覚書ですからね。
このまま進むでしょうね。
記事の中で、日本には資金がないと
書いているようです。
アジア投資銀行に13兆円も支援しますからね。
誰がお金がないと言ったのでしょうか。
もっと客観的に記事にしないと
いけませんね。

韓国企業と円安

韓国の記事です。

韓国経済が円安の長期化による
影響を受けているそうです。

韓国では多くの企業から
「もう限界」との悲鳴が
聞こえているそうです。

記事は、フランスの高級ブランドで
あるルイ・ヴィトンのバッグを例に
あげているそうです。

韓国国内の免税店では184万ウォン
(約20万4000円)で販売されているが、
東京の銀座ではウォンに換算すると
152万ウォン(約16万8500円)だそうです。

韓国の免税店より17%も安く
販売されているそうです。
「これは円安の影響だ」と主張しているそうです。

ルイ・ヴィトンのバッグだったら
輸入価格は同じような気がしますが
販売価格は違うのでしょうか。

でも、韓国経済は大変なのですね。

韓国は、日本製品のまねばっかりして
いますから、製品が競合しています。
だから、韓国のオリジナルの製品を
開発したらよいのですよ。

円安

連休明け26日午前の
ニューヨーク外国為替市場の円相場です。

午前9時現在は1ドル=123円20~30銭と、
前週末午後5時(121円50~60銭)比1円70銭の
大幅な円安・ドル高になりました。

円は一時1ドル=123円29銭付近と、
2007年7月10日以来7年10カ月ぶりの
安値を付けました。

米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長や
フィッシャー副議長など、一連のFRB幹部の
発言をきっかけに米国が年内にも利上げに
踏み切るとの観測が強まったそうです。

欧米市場の連休明けを機に、投機的な円売り・
ドル買いの流れが加速した。

ヨーロッパが弱いですからね。
まだ、乱高下しそうですね。

JTの飲料自販機

国内清涼飲料2位の
サントリー食品インターナショナルです。

25日、日本たばこ産業(JT)の
子会社で、飲料の自動販売機事業を
手がける2社の保有株式を7月をめどに
取得するそうです。

株式を取得して事実上の子会社にするのは、
JTが70・5%を出資する「ジャパンビバレッジ
ホールディングス」と同49・7%出資の
「ジャパンビバレッジエコロジー」の
2社だそうです。

またサントリー食品はJTの缶コーヒーブランド
「Roots(ルーツ)」と清涼飲料水ブランド
「桃の天然水」も取得するそうです。
取得総額は全体で1500億円程度になるそうです。

JTは、飲料部門がなくなって困らないのでしょうか。
サントリーとしては、飲料と自販機が
手に入ります。
よかったと思いますよ。

日本訪中団

24日付中国各紙です。

習近平国家主席が23日に北京で
二階俊博自民党総務会長ら約3100人を
前に語った発言の内容を大きく伝えたそうです。

記事は日中間の民間交流の推進を
好意的に伝える内容が目立ったそうです。

日本の文化、観光などの分野での協力を強め、
民間交流を歴史問題など政治分野の
対立とは切り離す中国側の意向が
反映されたそうです。

何故、日本は、訪中したのでしょうかね。
こりないですね。
また、中国に進出して痛い目にあうのです。

中国は、経済が失速していますから
日本からの投資が必要ですからね。

もう、中国に進出するメリットは
ありませんよ。
日本から技術を盗むことばかり
考えています。
今回の訪中には、違和感がありますね。

東証一部の時価総額

22日の東京株式市場です。

東京証券取引所第1部に上場する
企業全体の時価総額が終値で591兆
3007億円になったそうです。
過去最高となったそうです。

これまでの最高はバブル期の平成元年12月29日に
つけた590兆9087億円で、約25年5カ月
ぶりに更新したそうです。

22日の日経平均株価の終値は、前日比61円54銭高の
2万0264円41銭でした。

時価総額は「バブル期超え」を果たしたが、
平均株価は平成元年12月29日の終値(3万8915円87銭)の
半分強の水準にとどまっているそうです。

時価総額が過去最高なのはよいですね。
バブルではなくて、企業の業績が
よくなっています。

このまま続けばよいですね。

南シナ海

南シナ海問題です。

米国防総省のウォーレン報道部長は
21日に記者会見したそうです。

中国が岩礁埋め立てを進める南シナ海で
航行の自由を確保するため、中国が
人工島の「領海」と主張する12カイリ
(約22キロ)内に米軍の航空機や
艦船を進入させるのが「次の段階」と
なると明言したそうです。

大規模な岩礁埋め立てを見過ごせないとの
立場から中国を強くけん制する発言だそうです。

ただ、実施時期については「全く決まっていない」と
強調。
それまでは12カイリの外側で航空機や艦船の
活動を継続していく考えを示したそうです。

オバマ政権が中国の進出を招きました。
完全に、外交の失敗です。
そして、今アメリカが南シナ海に
出て行っています。
中国も、いまさらあとには引けなくなって
います。

どうなるでしょうかね。



訪日外国人

訪日外国人が増加しているそうです。

訪日外国人の急増が関連企業の
収益を押し上げているそうです。

鉄道や航空業界などで好決算が
相次いでいるそうです。
外国人向けの売り上げが
好調な衣料品メーカーは従業員への
臨時ボーナス支給に踏み切ったそうです。

すごいですね。
JR東日本、東海、西日本の3社は
2015年3月期決算の売上高が
過去最高を記録したそうです。

帝国ホテル(東京)の14年度の
外国人宿泊客は前年度比約2割増えたそうです。

国内の景気もよくなっています。
その上に訪日外国人が
増えているのですね。
いいことです。

ワールド

「アンタイトル」などのブランドを
展開するアパレル大手の
ワールドです。

18日、平成27年度中に全約3千店のうち
400~500店を閉鎖するそうです。
全約100ブランドの1割強にあたる
10~15の不採算ブランドを廃止するそうです。

29年度まで3年間にわたる事業構造改革の
一環だそうです。
ブランド廃止や閉店では過去最大の規模だそうです。

店舗・ブランドの維持費を削って収益性を
改善するうえ、黒字事業に資本を集中するほか、
ECサイトでの拡販でテコ入れを図るそうです。

その成果として29年3月期に、
27年3月期の約2倍となる
100億円の営業利益を目指すそうです。

大改革ですね。
でも、このくらいしないと収益は
改善しないのかも知れませんね。


パイロット不足

パイロットが不足しているそうです。

多くの乗客の命を預かる航空機パイロットです。

法定の航空身体検査の項目で
1つでも不合格となれば乗務できないそうです。

年間1万人余りが申請するが、厳しい内容のため、
不合格者は1千人以上になるそうです。

航空需要の高まりに伴うパイロット不足が
今後深刻化する見通しのようです。

質と量を両立させる抜本的な解決策は
なかなかないそうです。

航空身体検査では国が指定した医師が内科、
循環器、外科、眼科、精神神経、
耳鼻咽喉の各項目を詳細にチェックするそうです。

肥満にも厳しく、体容量指数(BMI)の
標準は30未満が標準だそうです。

厳しいですね。
でも、それだけ危険ですから基準が
厳しいのですね。
やっぱりリニア新幹線が必要なのかも
知れません。


シャープの再建

シャープが大変のようです。
今期も2000億円近い、赤字に
なるそうです。

5億円への減資や社内カンパニー制導入などを
柱とした中期計画を発表したそうです。

再建策では、
(1)資本金を5億円に減資し、
(2)みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行が
各1000億円ずつ、ジャパン・インダストリアル・
ソリューションズが250億円をそれぞれ優先株として
引き受ける形で出資するそうです。
(3)国内の希望退職3500人程度を含む
グローバル10%の人員削減などをおこなうそうです。

2015年度で固定費285億円を削減。15年度に
営業利益800億円を達成し、16年度に
最終黒字転換をするそうです。

でも今回、失敗すると、危ないですね。
でも、売り上げを上げる対策が
ないですね。
新しい商品が必要です。


東芝の業績

東芝の業績です。

東芝はインフラ工事を
巡って過去に不適切な会計処理が
行われていたそうです。

2012年3月期~14年3月期の
営業利益を累計で500億円強、
下方修正するそうです。

工事の原価総額を過少に見積もり、
利益が一時的に底上げされていた
ことなどが理由だそうです。

営業利益は約1900億~約2900億円
だったそうです。

不適切な会計処理を行った理由は
明らかにしていないそうです。
こういうのは、企業の信用に
なりますから、重要ですね。

税理士や公認会計士などは
わからなかったのでしょうかね。

KDDIの業績

KDDIが12日、2015年3月期の
連結決算を発表したそうです。

売上高は前期比5・5%増の
4兆5731億円で、営業利益、
売上高とも過去最高を更新したそうです。

営業利益が前期比11・8%増の7412億円に
なったそうです。
2年連続の2けた増となったそうです。
6390億円だったNTTドコモを
初めて超えたそうです。

販売比率54%に達したスマートフォンが
牽引し、純増数が295万件に達したほか、
1人当たり収入も30円増の4230円と
上昇に転じて収益を押し上げたそうです。

営業利益で、ドコモを超えたのは
すごいですね。
auも人気がありますね。

法科大学院

文部科学省の調査だそうです。

今年度の法科大学院入試です。
54校のうち93%にあたる50校で
定員割れだったそうです。

今年度入試では新たに13校が募集を
停止したそうです。
54校の総入学定員は3169人だそうです。

受験者数は9351人で、法科大学院が
創設された2004年度以降初めて
1万人を割り込んだそうです。

受験者数を合格者数で割った実質的な
「競争倍率」は1・87倍で、
過去最低となったそうです。

弁護士は、就職がないですからね。
難関の試験を合格しても、就職が
なくてはどうしようもありません。
就職しても給料が少ないようです。

法科大学院に行こうとする人も
いなくなりますね。

トヨタの業績

トヨタ自動車が8日、平成27年3月期の
連結決算を発表したたそうです。

売上高は6.0%増の27兆2345億円、
営業利益は20%増の2兆7505億円
だったそうです。
ともに過去最高だそうです。

最終利益が前期比19.2%増の
2兆1733億円になったそうです。
同社として過去最高であり、日本の
企業全体で見ても初の2兆円突破と
なるそうです。

すごいですね。

日本一の企業ですからね。
トヨタが儲かるということは
他の企業も儲かっているということです。

景気もよくなります。
最終利益で、2兆円てすごいですね。

連休の旅客数

鉄道、航空、高速道路各社は7日、
大型連休中の利用状況を発表したそうです。

後半の5連休の影響で、旅客数は
いずれも増えたそうです。

3月に金沢まで延伸開業した北陸新幹線は、
延伸区間の上越妙高―糸魚川で昨年の
在来線特急の3・1倍の39万人が
利用したそうです。

JR各社によると、期間中(4月24日~5月6日)の
利用者数は前年比9%増の1356万人だったそうです。

北陸新幹線は、先行開業していた高崎―軽井沢でも
2・1倍の72万人だったそうです。
2009年以来となる善光寺の御開帳があった長野駅には、
32%増の33万人が訪れたそうです。

北陸新幹線の影響ってすごいですね。
便利になりました。
勧告客もかなり増えていますね。

日本の中国ブランド

中国の記事だそうです。

中国製品は今日の日本人の生活の隅々にまで
浸透しているそうです。
スーパーや100円ショップだけでなく、
家電からスマートフォンにいたるまで
多くの中国製が日本に「進出」しているそうです。

AQUA(アクア)ブランドのもと
洗濯機などの白物家電を展開する
ハイアールアジアは、2014年12月期の
単独決算で初の黒字になったそうです。

比亜迪(BYD)製の電気バスが
京都急行バスに導入されたそうです。

中興通訊(ZTE)が2014年秋に続いて、
4月23日にスマートフォン「Blade S6」を
発売したそうです。

でも、中国製品は減っていますね。
100円ショップでは中国製品が
他のアジアの製品になっています。
アクアは、前の三洋電機ですからね。

中国国内では、まだ日本では中国製品を
使っているよといいたいのでしょうかね。

中国の株式市場

中国株式市場が高騰しているそうです。

年始以来、3000ポイント前半で
推移していた上海総合指数は、
3月から右肩上がりで続伸しているそうです。

20日には一時、7年ぶりとなる
4300ポイント台をつけたそうです。

今年1~3月期の実質成長率が7%にとどまるなど、
中国経済はスローダウンも指摘されているそうです。
対照的な株価高騰には、バブルの懸念もあるそうです。

利下げや預金準備率引き下げなどの
金融緩和や、株の信用取引の規制緩和、
さらに不動産や理財からの投資マネーの
還流などがあるそうです。

景気が減速しているので、金融緩和
しています。
でも、実体が伴わないとはじけますね。

原油価格

原油価格は、昨秋から急激な値下がりが
続いてきました。

でも再び上昇基調に転じ始めたそうです。
原油供給増加の主な要因となっていた
米国のシェールオイル開発にブレーキがかかるなど、
過剰感が薄らいできたからだそうです。

初夏は行楽地へのドライブなどで
米国を中心にガソリン需要が高まるそうです。
価格はさらに上がる可能性もあるそうです。

米国産標準油種(WTI)は、昨年6月には
1バレル=107ドル台をつけたが、
昨秋以降、下落に転じ、今年3月には
同43ドル台まで下落したそうです。
だが、その後はじわじわと上昇し、WTIは
5月1日の時間外取引で一時59・90ドルと
60ドル台に迫ったそうです。

原油高騰は日本経済にとって逆風となる
恐れがあります。

困りますね。
また、ガソリン価格が上がります。
他の価格が上がらなければよいですが。

ベネッセの業績

ベネッセホールディングスです。

1日、平成27年3月期の連結決算を
発表しました。

最終損益が107億円の赤字(前期は199億円の黒字)に
なったそうです。

売上高は、前期比0.7%減の
4632億円で5年ぶりの減収だったそうです。
営業利益は18.4%減の292億円
だったそうです。

昨年7月に発覚した会員情報の流出事件に
伴う顧客離れに加え、リストラ費用の
特別損失計上などが響いたそうです。

通期業績が最終赤字に転落するのは、
事業会社時代を含めても平成7年の
上場以来初めてだそうです。

情報漏えいの影響が大きいですね。
初めての赤字になったのですね。

江守グループホールディングス

江守グループホールディングスです。
資本金17億9428万1600円、従業員47名で、
東証一部の企業だそうです。

4月30日に東京地裁へ民事再生法の
適用を申請したそうです。

1906年(明治39年)3月創業、58年(昭和33年)
5月に法人改組したそうです。
薬種商から始まり、染料、工業薬品などの化学品や
合成樹脂、電子材料などへ事業を拡大し、
その後、システム開発や情報機器などの
情報事業にも積極的に展開していたそうです。

グループ企業を国内外に多数有し、近年は中国を
中心としたアジア戦略を展開したことで
グループの業績を拡大したそうです。
94年2月に日本証券業協会に株式を店頭登録し、
2005年4月には東証2部に株式を上場、
翌2006年3月には東証1部に指定替えを果たして
いたそうです。

2015年2月6日、取引先の資金繰り悪化に伴い、
中国子会社において滞留している売掛債権の
回収可能性および取引の妥当性に疑義が生じ、
2015年3月期第3四半期の決算報告ができない
事態が発生したそうです。
約439億7600万円の四半期純損失を計上し、
約234億2400万円の債務超過に転落していたそうです。

東証一部でもあっという間に倒産するのですね。
中国市場は危ないのでしょうかね。

| ホーム |


 BLOG TOP