FC2ブログ

プロフィール

kohnai

Author:kohnai
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

田中将大投手

ヤンキースの田中将大投手です。
15日間の故障者リスト(DL)入りが
決まったそうです。

田中は28日にMRI検査を実施したそうです。
右手首の腱の炎症と前腕部の軽度の
張りにより、戦線を離脱することに
なったそうです。

故障が続いていますね。
アメリカに行ってから、いろいろなところが
故障しています。

食べ物とかあるのでしょうか。
松阪も、アメリカに行ってから
怪我をしました。
田中投手も、早く治してほしいですね。


スポンサーサイト



韓国の観光収入

円の対ウォンレートが7年ぶりの
安値を記録しているそうです。

中国人旅行客が日本に奪われて
いるとそうです。

円安を背景に日本を訪れる中国人旅行客が
増えているそうです。
2014年に訪日した中国人旅行客は
前年比83.3%増の241万人に達したそうです。
さらに15年1-2月には前年同期比99.2%増と
猛烈な勢いで増加しているそうです。

2月18日から24日にかけての春節
(旧正月)期間中に中国人旅行客は日本で
60億元(約1150億円)もの消費を
行ったそうです。

14年に韓国を訪れた中国人旅行客数は
613万人に達し、「日本を大きく上回った」
そうです。
韓国滞在中における消費額は減少傾向に
あるそうです。
韓国では、徐々に中国観光客が
減っているそうです。

国産ステルス戦闘機

航空自衛隊の戦闘機「F2」の
後継機となるステルス戦闘機「F3」
(仮称)です。

政府は開発する方針を固めたそうです。

ステルス機用の強力なエンジン(推力15トン)の
開発にめどがついたそうです。
国内技術だけで高性能戦闘機を製造できる
見通しが立ったそうです。

2015(平成27)年度からエンジン開発を
本格化するのと並行し、今夏から実験機による
飛行試験を始めるそうです。


米国との共同開発も視野に入れるものの、戦後70年の
歴史で初めて世界有数の性能を持つ純国産戦闘機が
誕生する可能性が出てきたそうです。

F3開発は数兆円規模を要する巨大事業となり、
安全保障だけでなく経済、外交などさまざまな分野に
影響が広がるかもしれないそうです。

いいですね。
この事業をやることで、周辺技術の向上も
できます。
画期的な技術が出てくればよいですね。

野菜が高騰

野菜が高騰しているそうです。

関東から九州にかけて4月初旬以降、
天候不順が続いた影響です。
各地で日照時間が平年の半分程度に
とどまっているそうです。

平年の2倍近い価格の野菜もあり、
消費者も頭を悩ませているそうです。

農林水産省によると、4月以降に野菜の
価格高騰が目立ち始めたそうです。

全国の主な市場のキャベツやキュウリなどの
卸売価格は前年同期より4~9割も高いそうです。

関東産を多く扱う都内の市場でも
前年比で2~5割ほど値上がりした野菜が
多いそうです。

日照不足は、野菜に直接影響を
しますね。
天候が安定しないと、消費者に
とっては影響が大きいですね。

マツダの業績

マツダが24日、2015年3月期決算を
発表したそうです。

純利益が前年比17・0%増の1588億円に
なったそうです。
2年連続で過去最高となったそうです。

売上高は前年比12・7%増の3兆338億円
だったそうです。
世界での販売台数は、前年比5・0%増の
139万7千台で、この20年では最も
多かったそうです。

日本では、消費増税の影響で8%減ったが、
北米や欧州、中国など主な市場で好調だったそうです。

ディーゼルエンジン車など、以前より
もうけが出る新型車が売れたほか、
円安による為替差益も利益を押し上げたそうです。

16年3月期も、好業績を見込むそうです。
マツダが好調ですね。
ユニークな車が多いですね。
人気があります。


中国の日本企業

中国経済の減速が鮮明になっています。

外資系企業の中国撤退が相次いで
報じられているそうです。
ネット世論にも経済の先行き不透明感が
どんよりと漂い始めたそうです。

特に日本企業は円安や人件費高騰などを
背景に国内生産に回帰する動きが
顕著のようです。
中国メディアも注目しているそうです。

ニュースサイトのコメント欄などには
悲観的なメッセージが目立つそうです。

パナソニックは1月、中国山東省のテレビ工場の
生産を停止し約300人の従業員の大半が
退職したそうです。
シチズンホールディングスの子会社も
2月上旬、広東省の工場を閉鎖し約1000人の
従業員を解雇したそうです。

TDKやシャープなども生産の一部を
国内工場に移すことを検討しているそうです。

日本企業は、外資系企業と違って
動きだしたら早いですからね。
一斉に動きます。

円安や人件費の問題もありますが、
メリットがなくなっていますね。
反日もあります。
いくら市場が大きくてもデメリットが
大きくなれば製造業が出てゆきます。
そんなものです。

ユニクロがシューズ

ファーストリテイリング が運営する
カジュアル衣料品の「ユニクロ」です。

4月22日、今月27日から全国で
シューズを発売するそうです。

販売するのは、スリッポンタイプと
シューレースタイプの2タイプの
スニーカーだそうです。
機能性と快適性、購入しやすい価格という
ユニクロのコンセプトを追求したそうです。

機能面では足に馴染むカップインソールを
採用した高いクッション性のほか、
グリップ性や耐久性も特徴だそうです。

色は白やネイビーなど各5色で、
サイズは23センチメートルから28センチメートルを
1センチメートル刻みで展開するそうです。
価格はいずれも税抜き価格で2990円だそうです。

ユニクロがシューズを売り出しました。
確かにシューズはなかったですね。
初めての試みですね。
面白いですね。

若者向けですね。
ヒットするでしょうか。

グッデイ

フジテレビ系の新番組「直撃LIVEグッディ!」が
3月30日にスタートしたそうです。

苦境に立たされているそうです。
20日放送の平均視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区)は、
午後1時55分から1時間で2・5%、
午後2時55分から55分間で1・7%だったそうです。
これまで4~2%台で推移していたが、ついに1%台を
記録したそうです。

同時間帯に放送の日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」は
好調だそうです。
1時55分~3時50分の115分間で
10・1%だったそうです。

厳しいですね。
なかなか視聴率があがりませんね。
ミヤネ屋に視聴者が流れているのですね。
対策が必要ですね。

最も影響力ある100人

米誌タイムが毎年「世界で最も影響力のある100人」
公表しているそうです。

安倍晋三首相は、今年は選ばれなかったそうえdす。

中国の習近平国家主席と北朝鮮の金正恩第1書記も
名を連ねる世界で最も影響力のある
政治家の中に安倍首相は含まれなかったそうです。

2014年は同首相が日本人でただ1人選ばれたそうです。
今年は作家の村上春樹氏と「片づけコンサルタント」の
近藤麻理恵さんが選出されたそうです。

習近平氏は国家主席就任が決まって以降
3年連続、金正恩第1書記も同じく3年連続で
選ばれたそうです。

オバマ米大統領は05年以降1回の例外を
除き毎年選出されているそうです。

あんまり関係ないですよ。
アメリカの新聞ですからね。
アメリカの主観で選んでいます。
アメリカにとって、利益がある人を
選んでいるのです。
意図的ですからね。
それ以外はないですね。
そういう国ですから。

企業も同じです。
気にする必要は全然ないですね。

中国人民銀行

中国人民銀行は19日、預金準備率
を20日から、1・0%引き下げるそうです。

大手銀行の準備率は、19・5%から18・5%に
引き下げられるそうです。
預金準備率の引き下げは2月以来、約2か月半
ぶりだそうです。
減速する景気を支えるそうです。

中国経済は、景気減速が続いており、
今年1~3月期の実質経済成長率は
7・0%に鈍化しているそうです。

政府は年間成長率目標を「7・0%前後」
としており、政府は3月にも貸出基準金利
などの引き下げにも踏み切っているそうです。

減速が鮮明になっています。
お金を出しても、使う企業がいないと
だめですね。
インフラや不動産ではなくて
民間の企業が借りれないと
だめですね。

モスバーガー

モスバーガーが値上げするそうです。

モスフードサービスは17日、ハンバーガーなど
大半の商品・セットを5月19日から
10~70円値上げすると発表したそうです。

原材料費や人件費がかさんでいるためだそうです。
値上げは昨年4月の消費税引き上げ時以来だそうです。

看板商品「モスバーガー」は30円高い
370円になるそうです。

モスバーガーなど主力の商品は20~30円値上げし、
「フレンチフライポテト」などサイドメニューは
10~20円上げるそうです。

ドリンク類は10~50円あげるそうです。

厳しいですね。
合計すると、かなりあがりますね。
値上げに対して、他に付加価値が
ないと困りますね。

マクドナルドの再建

日本マクドナルドホールディングスです。

今期(12月期)の業績が上場後最大の
380億円の最終赤字になるそうです。

これを受けて、本社スタッフを対象にした
約100人の早期退職募集や、不採算店舗
131店を年内に閉鎖する改善策を発表したそうです。

経営責任を明確にするため、サラ・カサノバ社長の
6カ月間20%を筆頭に、役員報酬を減額するそうです。

業績については、今期の売上高は前期比10%減の
2千億円、営業赤字は前期より182億円悪化して
250億円に拡大するそうです。

暫定対策ですね。
やっぱり、恒久対策が必要です。
消費者が食べたいと思う商品が
必要ですね。

中国のGDP

中国の2015年1~3月期の
国内総生産(GDP)です。
国家統計局が15日発表したそうです。

物価の上昇分を除いた実質で
前年同期に比べて7・0%増と
なったそうです。

成長率は14年10~12月期より
0・3ポイント減速したそうです。
リーマン・ショック直後の09年1~3月以来、
6年ぶりの低水準だったそうです。

工場や建物への固定資産投資は1~3月に
13・5%増で、14年通年を2・2ポイントも
下回ったそうです。

環境破壊も進んでいますね。
北京は、黄砂とPM2.5で危険レベル
だそうです。
工場をとめることもできずに、
どうするのでしょうかね。


酒の安売り規制

自民党は14日、酒の過剰な安売りを
規制するため、酒税法などの改正案を
今国会に提出するそうです。

財務相が適正とする取引基準を定め、
従わない業者には是正命令や免許の
取り消し処分をできるようにするそうです。

量販店などによる安売り競争で経営が
苦しくなった小規模小売店を
救済する狙いがあるそうです。
一方で、規制は酒の実売価格上昇に
つながりかねず、消費者の反発を
招く可能性があるそうです。

国が、価格を規制するのはおかしいですね。
小規模小売店を救済するのは、
時代の流れに逆こうしています。

市場にまかせるべきですね。
そうでないと競争が生まれません。

日本と中国

韓国の記事だそうです。

日本と米国が「新密月期
(親密な関係にあること)」と
言われるぐらいまで近づいているそうです。

最近、日中関係が、日米関係のように
親密な関係になったとまでは言えないが、
かなり近づきつつある状態であるそうです。

一時、日中関係は悪化していたが、
ここにきて「心変わり」を見せているそうです。

韓国だけ孤立しているのではないかという
懸念が出ているそうです。

このような日中関係の背景には、昨年11月、
北京で開かれたアジア太平洋経済協力会議
(APEC)首脳会議での習主席と安倍首相の
初首脳会談以降であると指摘しているそうです。

この首脳会談は時間的には30分程度と
短いものであったが、それ以降、日中関係は
徐々に回復傾向にあるそうです。

韓国は、大統領が反日ばっかり
言っていたら難しいですね。
一度、振り上げた手はなかなか
おろすことができません。

次の大統領まで難しいでしょうね。

永谷園が値上げ

永谷園は10日、茶漬けやふりかけなど
主力商品の価格を、7月1日納入分から
約5~10%引き上げると発表したそうです。

値上げは1990年8月以来ほぼ25年ぶりだそうです。
原材料価格や物流コストが高騰して
いるためだそうです。

市販品で対象となるのは60品目だそうです。
「お茶づけ海苔 4袋入」の税抜きの
希望小売価格は10円高い120円になるそうです。
「おとなのふりかけ 本かつお」は8円アップの
138円になるそうです。

ちらしずしの「すし太郎」や
「チャーハンの素」シリーズも
値上げするそうです。

他の食品がどんどん値上げされています。
便乗値上げってないのでしょうか。
円安の影響でしょうか。

でも80円の円高のときは、どこの
会社も値下げをしませんでしたね。
最近、少し疑いますね。

新幹線

JR東海は3月にダイヤ改正が
ありました。

東海道新幹線の最高時速を15キロアップし、
285キロでの営業運転を始めたそうです。

これにより、東京-新大阪間の所要時間が
3分短縮されるそうです。
たった15キロ、わずか3分と
侮ってはいけないそうです。

平成19年にデビューしたN700系に、
空気の力で車体を傾けることに
よってカーブを高速で通過できる
「車体傾斜システム」を搭載したそうです。
従来は減速していた急カーブでも
スピードを落とさず通過できるように
なったそうです。

今回の285キロ化では25年にデビューした
最新型のN700AとN700系の
改造型を対象に、このシステムに付属している
空気タンクを増設したそうです。
車体を傾ける区間を距離にして約2倍、
急カーブだけでなくやや緩めのカーブにも
拡大し、時間短縮につなげているそうです。

スピードから言えば、ヨーロッパや中国が
最高時速をだせます。
それは、直線だからです。

日本は、山が多いので、直線では
ありません。
だから、スピードをあげるために
いろいろな技術が必要になります。

日本の韓国企業

日本に進出した韓国企業の
撤退や事業縮小が相次いでいるそうです。

急激な円高の進行で価格競争力が
低下しているそうです。
そのうえ、日韓の政治関係の悪化で
韓国製品の人気が下がっていることも
要因だそうです。

アパレル、化粧品メーカーなどが撤退、
事業縮小を決めているほか、韓国最大の
企業、サムスン電子もシェアが急落しているそうです。

日本経済が安倍晋三政権の経済政策
「アベノミクス」を背景に力強い回復を
見せています。
でも、韓国企業は「日本特需」の恩恵に
あずかれていないそうです。

いい商品だったら売れます。
今までは、価格が安かったですからね。
でも、価格が高くなっています。
日本で販売するのは難しいでしょうね。

プリウスの値引き

新車の値引き幅が拡大しているそうです。

プリウスです。
これまでハイブリッド車と言えば値引き
条件が厳しいと言われてきたそうです。

しかし昨年秋あたりからジワジワ値引き額は
多くなり始め、今年に入って30万円の
大台も普通になってきたそうです。
3月の決算期など40万円以上の値引きも
出たそうです。

プリウスでも、在庫車を抱えるように
なってきたそうです。
生産調整に入ったが、それでも工場の
完成車駐車場だけでなく、様々な場所で
保管している状況だそうです。

自動ブレーキの採用遅れや、あまりに
売れすぎてユーザーが飽きた等々あるそうです。

確かに、多すぎますね。
違う車がほしいような気がします。


ローソンが宅配

コンビニエンスストア大手のローソンが、
佐川急便の持ち株会社と合弁会社を設立するそうです。
宅配事業などに乗り出すそうです。

コンビニがどんどん進化していますね。
ローソンとSGホールディングスが
合弁会社を、設立するそうです。

佐川急便が預かった荷物や、ローソンが
インターネットで販売する商品などを、
ローソンの店舗から周辺地域へ宅配するそうです。

また、高齢化などに対応して、配達時に、
ほかに必要な商品がないか注文を受ける
「御用聞き」のサービスも始めるそうです。

新会社は、2015年6月に設立し、世田谷区など
東京都内4つの区からサービスを始めるそうです。
2015年度中に、都内全域に拡大する予定だそうです。

ローソンは、介護支援も始めています。
コンビニもどんどん進化しています。

外資系ハンバーがーチェーン

外資系ハンバーガーチェーンが
次々と東京進出を発表しているそうです。

ニューヨークNo.1との呼び声も
高いグルメバーガー「シェイク・シャック」です。
2016年に東京に1号店を出店し、東京五輪が
行われる2020年までに10店舗を
展開する計画だそうです。

1980年代後半から1990年代にかけて
日本で数店舗を展開していた
「カールス・ジュニア」も2015年秋に
再上陸するそうです。
都内に1号店を出店し、約10年で全国150店舗を
目指すそうです。

背景は、円安と2013年に米国産牛の
輸入規制が緩和されたのが大きいそうです。

でも、どうでしょうか。
マクドナルドやケンタッキーは
苦戦しています。
消費者は、品質と信頼に敏感に
なっています。
ヒットするでしょうか。
注目ですね。

幸楽苑

北海道から岡山県までラーメンチェーン
約520店を展開する幸楽苑
(本社・福島県郡山市)です。

290円(税抜き)の低価格で
人気があった「中華そば」の
販売を一部店舗で終えたそうです。

材料費や人件費といったコストの
上昇で採算がとれなくなったそうです。

今月上旬に約80店舗で順次、
販売を終了するそうです。

最も安いラーメンはしょうゆ、
みそ、塩の各390円となったそうです。

他の店舗に拡大するかどうか
顧客の反応を見ながら検討するそうです。

殆どの食品が値上げされていますからね。
仕方がないでしょうね。
でも、値上げしてもまだ安いですが。

すき家が値上げ

牛丼チェーン最大手のすき家です。

15日から全国1956店(沖縄県を除く)
での牛丼の値上げを決めたそうです。

デフレの象徴だった業界各社の
価格競争がおさまっているそうです。

輸入牛肉などの原材料費や
人件費の上昇を吸収しきれなく
なったそうです。

牛肉価格、人件費、電気代の三つが
高騰しているそうです。

最値上げだそうです。
厳しいですね。

シャープの下請け企業

シャープの下請け企業が減っているそうです。

経営再建中のシャープの
今年3月の下請け企業数です。

1万1175社になったそうです。
過去2年半で6・6%減少しているそうです。

経営再建に伴い取引先の
見直しを進めたためだそうです。

帝国データバンクの調査だそうです。
全国の経営危機の平成24年10月以来2回目、
当時の下請け企業数は1万1971社だったそうです。

減少したのは、工場などの機械を納入している
「産業用電気機器卸」の下請けが、
一次が163社、二次が654社で最も多いそうです。

シャープの家電などのソフトを受託生産している企業が
1次159社、2次569社だったそうです。

そrでも、1万社もあるのですね。
影響が大きいですね。1
確かに、一次下請けだけではなく、
その下もいれると、大きいでしょうね。
シャープも早く、経営をよくしないと
いけませんね。

銀行の再雇用

全国地方銀行協会に加盟する64行は31日、
再就職を希望する行員を相互に紹介する
「地銀人材バンク」制度を4月1日に
創設するそうです。

結婚や配偶者の転勤、介護などで
勤務先の銀行を退職する場合、
転居先の地銀に再雇用を仲介し、
働き続けることができるよう支援するそうです。

64行は、昨年11月に
「輝く女性の活躍を加速する地銀頭取の会」を結成し、
女性行員が働き続けやすい環境づくりで
連携を進めているそうです。

こういう取り組みっていいですね。
今までの技術が次の職場でも
生かせます。

銀行も、いい人を雇用できます。
仕事の内容が同じだからできるのでしょうね。

他の業界では、難しいでしょうか。

| ホーム |


 BLOG TOP