FC2ブログ

プロフィール

kohnai

Author:kohnai
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

イオンの格安スマートフォン

イオンが、通信サービスをセットにした
スマートフォン(高機能携帯電話)を
低価格で発売するそうです。

端末代金と基本料、定額のネット接続料を
含め、携帯電話大手の半額以下の
月額2980円(税抜き)で提供するそうです。

4月1日から予約を受け付け、4日から
総合スーパー「イオン」の携帯電話売り場で
販売するそうです。

端末は米グーグルと韓国LG電子が
開発した「ネクサス4」だそうです。
本体価格は3万4080円(24回払いの月1420円)です。
これに基本料とネット定額を1560円にした
携帯電話用ICカード「SIMカード」を組み合わせるそうです。

通常のスマートフォンは、月に7000円くらい
かかっています。
3000円だと半分ですね。
安いですね。
いいと思いますよ。

スポンサーサイト



居酒屋のワタミ

居酒屋大手のワタミは27日、2014年度中に
運営する約640店舗の約1割にあたる
60店舗を閉鎖するそうです。

店舗での労働環境改善のためだそうです。
閉鎖する店舗で働く約100人の正社員と
約670人のアルバイトを、近隣の他店舗に
異動させ、1店舗あたりの人員を増やすそうです。

離職率の高さなどから設置した外部の
有識者委員会が今年1月、改善を求めていたそうです。

労働問題で訴訟を起こされていますね。
居酒屋は、労働環境は厳しいですね。

少しでも改善するのはよいことです。
牛丼業界も労働環境が厳しいですね。

レアアース問題

中国が鉱物資源レアアース(希土類)の
輸出を制限している問題です。

世界貿易機関(WTO)の紛争処理小委員会は26日、
WTO協定違反だと訴えていた日米欧の
主張を認める報告書を公表したそうです。

日米欧の「勝訴」で、遅くとも来年には
輸出制限がなくなる見通しのようです。

世界全体の生産量の97%を占める中国が、
2006年から輸出業者に高い税金をかけたり、
10年から輸出量を急に制限したりしたため、
日米欧が12年にWTOに提訴していました。

結局、日本は中国以外の調達先を作りましたので。
輸出制限がなくなっても影響は
ないですね。
中国1国に依存していた方がおかしかったのですね。

でも、これで、価格も安定するでしょう。

世論調査の影響

中国の記事が日本の世論調査を
伝えているそうです。

日本メディアが行った世論調査の結果です。
51%の日本人が中国と韓国との関係改善を
急ぐ必要はないと考えていることがわかった。
関係改善のために譲歩もやむを得ないと
回答したのは35%だったそうです。

安倍政権が直面する問題のなかで、
日本国民の外交に対する関心はそれほど
高くないということです。
首相が優先的に処理すべき問題については
「社会保障改革」が33%で最多。
それに続いたのが「財政再建」(20%)
「中国、韓国との関係改善などの外交政策」を
選んだ人はわずかに8%だったそうです。

中国も、きちんと内容を伝えるのですね。
いいことです。
いつも、日本の記事に文句を言っていますが、
今回は違いますね。

中国や韓国の重要性が減っています。
以前は、多くの企業が中国に進出していました。
今は、アジアになっています。
国民の意識も変わっています。

日本人は、動くときは、一緒に動きますからね。

激安のスマートフォン

激安のスマートフォンがどんどん出ているそうです。

スマートフォン(高機能携帯電話)向けの
割安な高速データ通信サービスで、
価格競争が激しさを増しているそづえす。

NTTコミュニケーションズは4月から
月額料金を値下げするそうです。

インターネットイニシアティブ(IIJ)も
料金据え置きで利用できるデータ
通信量を2倍にするそうです。
IIJではこのところ毎月の新規契約が1万件程度と
増加ペースが加速しているそうです。

サービスの低廉化で各社の利用者が大幅に
拡大しているそうです。

やっぱり、通常のスマートフォンの電話料金が
高すぎますね。
端末もどんどん安い商品が発売されて
います。
もっと安くなればよいですね。

WindowsXPの終了

4月9日のWindows XPのサポート終了まで、
あと3週間になりました。

依然としてWindows XPを
使い続けているユーザーも
少なくないそうです。

日本マイクロソフトでは、4月9日の
サポート終了時点でも700万人の
Windows XPユーザーが残ると
試算しているそうです。
4月以降もしばらくはWindows XPからの
乗り換え需要が続くそうです。

XPを使い続ける人は、
2014年4月9日に公開されるであろう、
Windows XPの最後のセキュリティパッチを当て、
最新の状況にしておくことだそうです。

でも、Widows8は、失敗ですね。
使いたくはありません。
少なくとも、スタートボタンは
残すべきでしたね。
それで、iPadなどに移った人も
多いと思います。
次のOSはどんな画面でしょうか。

フレッツ光

フレッツ光が低迷しているようです。

NTTグループの光回線サービス
「フレッツ光」です。
平成25年度の契約純増数は目標を
3割下回る70万件にとどまるそうです。

ライバル企業は携帯電話との「セット割引」が
好調のようです。

NTTは法で規制されているうえ、スマートフォン
(高機能携帯電話)やタブレット端末、
次世代高速通信(LTE)普及が、PC離れによる“回線離れ”に
拍車をかけているそうです。

先月総務省の部会で規制見直しの議論が
始まったそうです。

無線や、LTEが普及しています。
そして、スピードがどんどん速くなって
います。

時代の流れですね。
今から新しく回線を引く人はそんなに
増えないでしょうね。


ユニクロの正社員

「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングは、
パートやアルバイトとして働く1万6000人を
正社員にするそうです。

国内のユニクロ店舗では約3万人が
パートやアルバイトとして働いているそうです。
このうち、学生などを除く1万6000人を
正社員にするそうです。

最近は、小売りや飲食業界では人材確保が
課題になっているそうです。
正社員化を進める企業が増えているそうです。

小売は、拘束時間が長いですからね。
社員の定着もよくないですね。

いいことです。
それにしても、1万6000人というのは
すごい人数です。
景気がよくなっているのですね。

高校生の就職内定率

高校生の就職内定率が改善しているようです。

厚生労働省は18日、今春卒業予定の
高校生の就職内定率を発表しました。

1月末時点で9割を超え、初めて
リーマン・ショック前の水準を
上回ったそうです。

大学生の内定率(2月1日時点)も
82.9%と3年連続で改善したそうです。

地域別では、
関東地区88.3%
近畿地区83.4%
中部地区81.0%
などは高水準です。
地元への就職志向の強い
中国・四国地区73.2%
九州地区74.8%
では落ち込んでいるようです。

公共事業の増加による景況感の改善が
影響しているようです。
地域では、ばらつきがありますね。
まだ景気も地方までは及んでいないようです。

アリババが上場

中国のアリババがアメリカで
上場するそうです。

中国の電子商取引最大手、
阿里巴巴(アリババ)集団です。

ニューヨーク市場での新規株式公開(IPO)を
申請するそうです。
上場すれば、資金調達額は150億ドル
(約1兆5200億円)を超えるそうです。

米国では2012年5月のフェイスブック
(160億ドル)以来の大型IPOとなるそうです。
早ければ4月にも申請するそうです。

アリババの筆頭株主はソフトバンク
(36.7%、13年3月末時点)だそうです。
ソフトバンクは資金調達ができますね。
すごい金額です。

世界のレアアース市場

世界のレアアース市場の
状況です。

独紙が12日、レアアース(希土類)市場で
中国の影響力が低下しつつあると
指摘する記事を書いたそうです。

4年前にレアアース市場で中国のシェアは
98%に近かったそうです。
独占的地位にあったが、現在では競争が起き、
中国が市場を操る力は依然大きいものの、
シェアは縮小してきているそうです。

2010年に世界のレアアースの97.6%は
中国産だったが、この割合が13年には92.1%に
縮小したそうです。
米国の割合は4.3%、ロシアは2.3%だそうです。

前の報道では、中国の生産量は、半分近くになって
いました。
上の割合と違いますね。
何のデータが正しいのかよくわかりませんね。

1月の機械受注

1月の機械受注統計です。

内閣府が13日、1月の機械受注統計
(季節調整値)を発表しました。

民間設備投資の先行指標となる
「船舶・電力を除く民需」は、前月比13.4%増の
8435億円になったようです。
比較可能な2005年4月以降2番目に
高い伸びを記録したそうです。
増加は2カ月ぶりだそうです。

受注額は2カ月ぶりに8000億円台を
回復し、内閣府は「増加傾向にある」との
基調判断を維持したそうです。

製造業では、電気機械、化学工業など前月に
落ち込んだ業種からの受注が回復し、15業種中
9業種がプラスだそうです。

設備投資が増えているのでしょうか。
景気が持続すればよいですが。

東芝のテレビ事業

東芝がテレビ事業を分社化するそうです。

東芝は、これまで、東芝のテレビ事業は
社内カンパニーであるデジタルプロダクツ&
サービス社で行なっていたそうです。

テレビなど映像事業を分割して、
生活家電を担う東芝ホームアプライアンスに
統合するそうです。
新会社東芝ライフスタイルになるそうです。
4月1日より事業運営するそうです。

東芝ライフスタイルでは、映像事業と
家電事業を一体運営。
両事業のそれぞれの人員や物流などの
経営資源の共通化、コスト最適化などを
進め、効率的な事業運営を図るそうです。

4月ですから、企業が組織を見直して
います。
東芝は、他の電機企業よりよいですが、
さらに組織を見直すのですね。

Xperiaが人気

Xperiaが人気のようです。

NTTドコモの4.3型スマートフォン
「Xperia Z1 f SO-02F」です。
高い人気を維持しているそづえす。

価格.comの「スマートフォン」カテゴリーに
おける人気ランキングです。

2014年3月1日に1位へ返り咲いたそうです。
片手操作がしやすいコンパクトボディだけでなく、
動作レスポンスやバッテリー駆動時間も高い
評価を受けているそうです。

「Xperia Z1 f SO-02F」は、4.3型HD(720×1280)
液晶搭載のスマートフォンです。
アルミフレームを用いた防水・防塵設計のボディは、
幅が65mmで、重さ約140gの小型・軽量設計と
なっています。

Xperiaは、人気がありますね。
ソニーもこういう製品を作れば少し高くても
売れると思いますが。

くまモン商品

くまモンの商品が人気のようです。

くまモンの関連商品の売り上げです。

2013年の1年間に前年の約1・5倍の
449億円になったそうです。

熊本県が10日、利用を許諾した3840の
事業者への調査回答を集計したそうです。
ただ、3分の1にあたる1336社は
回答していないそうです。
実際の売上高はさらに大きいようです。

内訳をみると、文房具などのグッズが
176億円(前年比3・7倍)、
菓子などの食品が274億円(同1・1倍)
だそうです。

すごい経済効果です。
熊本産を使っていないとだめなようですが
誰でもくまモンを使えるのがよいですね。
熊本は成功しました。

マレーシア機

マレーシア機が以前不明のままです。
マレーシア航空370便(乗客乗員239人)が
消息不明となっています。

米半導体大手フリースケール・セミコンダクターの
社員20人が搭乗していたそうです。

大半が技術者だそうです。
いずれも豊かな経験と専門知識を
持っており、非常に重要な社員だということです。

20人の国籍別内訳は、マレーシア人が12人、
中国人が8人。中国・天津とクアラルンプールに
ある、自動車やコンシューマー製品など向け
半導体のテストやパッケージングを手掛ける
設備の整備に従事していたそうです。

企業にとって多大な損失ですね。
でもここまで、見つからないと、
難しいですね。

アップルの車載システム

米Appleはスイスのジュネーブで開催の
モーターショーで、車載システム
「CarPlay」を発表したそうです。

いくつかのメーカーが搭載車両を披露するそうです。
CarPlayは、iPhoneと自動車のダッシュボードを
接続するそうです。

iPhoneのナビ、音楽、メール、チャットなどを
ダッシュボードのタッチ対応ディスプレイや
専用コントローラー、あるいはSiriで
操作する車載システムだそうです。

Appleが昨年のWWDCで2014年に追加すると
発表したiOS 7の機能「iOS in the Car」だそうです。

音楽はよいですが、他のは使う可能性が
ありますかね。
でも、新しいことをやるのはよいことです。
スマートフォンの販売も売上げがだんだん
鈍っていますからね。

墓じまい

「墓じまい」をする人が増えているそうです。

「墓じまい」とは、古里にある先祖代々の墓を撤去し、
遺骨を永代供養の合葬墓などに移すことだそうです。
増えているそうです。

少子高齢化の時代になり、「墓守の後継ぎがいない」と
いった事情があるためだそうです。
手続きを代行する業者も出てきたそうです。

先祖が入った合葬墓は、霊園が管理する
永代供養墓になるそうです。

子供もいなかったり、近くにいないと
お墓の管理ってできませんね。
永代供養がよいのかもしれません。
時代の流れです。

中国のレアアース

中国の記事です。

2014年の中国のレアアース産業の
状況です。

米国などの開発強化、日本の供給ルート
多元化などによって「さらに厳しい試練に
直面することとなる」そうです。

2010年に尖閣諸島海域で
漁船衝突事件が起きました。

以降、中国が日本に対してレアアース
輸出制限という外交カードを切りました。

約90%を中国の供給に頼っていた日本の
レアアース業界が供給源多元化を模索し始め、
12年には依存度が56%にまで下がったと
記事にしているそうです。

13年秋には、日本の商社がオーストラリアからの
輸入を開始し、14年にはインドでの産出計画も
あると伝えたそうです。

中国は、日本の商社の力を完全に見くびりましたね。
日本が、世界から輸入できるのは日本の商社が
世界で一番すごいからです。
どこからでも、調達してきます。
だから、レアアースを中国がストップしても
1年くらいで、他の国から調達しました。

中国はこれからも大変です。

 

ソニーの戦略

ソニーは、平成26年3月期連結業績予想を
下方修正しました。
今年は赤字でした。

ソニーの平井一夫社長が今後の方向性として
「スマートフォン(高機能携帯電話)に経営資源を集中する」と
発言したそうです。
複数の関係者は懐疑的な目を向けたそうです。

スマホ市場は中国企業などの躍進で
価格競争にさらされています。
今後は頭打ちが予想されるそうです。

業界首位の韓国サムスン電子ですら
「スマホの次」の模索に躍起になっているそうです。

確かに、ソニーでは、スマートフォンでは勝てませんね。
消耗戦になります。
サムスンもこれから大変だと思います。

ミクシーが中国に進出

ミクシーが中国に進出するそうです。

ミクシィは先月28日、スマートフォン向け
ゲームアプリ「モンスターストライク」の
中国・香港・マカオ向けの事業展開に
ついて発表したそうです。

中国のTencent社が独占提供することで、
同社と基本合意に達したそうです。

同時に公募による新株発行と株式の
売出しを行うそうです。

モンスターストライクはモンスターを指で
弾くことで敵を倒すRPGゲームだそうです。
2013年10月にiOS版を、同年12月にAndroid版の
提供をスタートしたそうです。

今年2月15日時点で利用者数が300万人を
超えているそうです。

中国で成功するでしょうか。
注目です。

中国のゲーム

中国共産党機関紙・人民日報が運営する
SNSサービス人民微博です。

先月汚職官僚をたたくゲームを
リリースしたそうです。

今度は、日本のA級戦犯をテーマにした
射撃ゲームを公開したそうです。

ゲームには東條英機や土肥原賢二といった
A級戦犯14人の的が用意されているそうです。
ユーザーはその中から選べるシステムに
なっているそうです。

同ゲームはネットユーザーから注目を集め、
関連のコメントが多く寄せられたそうです。

ネットでは、ゲームに対して否定的な意見が
大半を占めていたそうです。

中国のユーザーの反応が面白いですね。
作成した意図は、反日のつもりのようですが、
ネットのユーザーは、政府を批判して
いるのが多いようです。

結局、反日よりも中国共産党への不満の
方がどんどん大きくなっているようです。

| ホーム |


 BLOG TOP