FC2ブログ

プロフィール

kohnai

Author:kohnai
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

アメリカの共和党

来年は、アメリカの大統領選です。

オバマ大統領の支持率はどんどん落ちています。

でも共和党もよい候補がいないようです。

来年11月の米大統領選に向けた
野党共和党の候補者争いは、1月3日の
アイオワ州党員集会で正式にスタートします。

安定した支持を集めるロムニー前マサチューセッツ州知事が
軸になるが、同氏を脅かす「伏兵」が次々に現れ、
過去に例のない混戦。

決着時期もはっきり見通せなくなっているようです。

共和党も、今のアメリカを変える人はでていないようです。

最近、昔の強いアメリカが見えなくなりましたね。
経済は、中国やインドなど海外の人が引っ張っています。

アメリカも変わっているのですね。

スポンサーサイト



SNSでの就職活動

12月1日、大学生らに対する会社の
採用活動が解禁されました。

今年の就活で大きなポイントと
なるのは、ツイッターやフェイスブック
などのSNSを利用した就活、
いわゆる「ソーシャル就活」だそうです。

ニフティ株式会社が開催した就活トーク&
交流会では就活力アップの秘訣は、ソーシャル
メディア活用にあるそうです。

ツイッターを使って、会社訪問をを
おこなったそうです。

新しいツールですね。

でも、これは、あくまでもツールです。
結局、アピールすることができないと
たくさん受けてもだめですよ。

ツールにおぼれてはだめですね。

中国のスト

中国で毎日のようにストが続いて
います。

韓国のLGディスプレーは28日、
南京工場で従業員によるストライキが発生しました。
生産ラインが部分的にストップしているそうです。

工場の正門前では道路沿いに警官が並び、
工場内で何が起きているのか伺うことはできない。

近くには黒い警察車両2台が停車していたが、
明確な形で対立している兆候はみられない。

ストは年末ボーナスをめぐり、韓国人従業員の
ほうが優遇されていることに地元従業員が
怒ったことが発端だそうです。

本当に毎日ですね。

昔、韓国でも、すごいストが連日ありました。
それで、日本企業は韓国から出て行きました。

このままだと、中国も同じですね。
いくら市場があっても製造できなければ
難しいですね。

東芝の除染ビジネス

東芝の除染ビジネスに進出するようです。

東芝は26日、トレーラーで運べる
放射能汚染土壌処理装置「サリー・ソイル」を
開発したと発表しました。

土壌にたまった放射性セシウムを
97%除去することが可能です。

1日当たり砂場2面相当分の1.7トンの
処理が行えるそうです。

学校や公園などの土壌や下水処理施設の
汚染灰の処理に、装置と作業員を派遣し、
1件当たり数百万円で除染を請け負う計画のようです。

いいことです。
何でも、ビジネスにするのは、すごいと
思いますが、これで、放射能の影響が
減ればよいと思います。

放射能の影響はかなり広がっていますから
すごいビジネスになりそうです。

アメーバへ不正アクセス

26日、サイバーエージェントが、
運営するブログサービス「Ameba」(アメーバ)で
不正アクセスが発生しました。

26日8時までにすべてのデータを、
トラブル発生前の状態へ完全復旧したことを
発表しました。

この被害は、12月24日21時30分頃、
第三者による不正アクセスがあり、
「Ameba」に登録している会員のうち、
約50,000件のIDが退会状態になったそうです。

閲覧はできるが、ブログ投稿や
各種サービスの利用ができなくなっていました。

サイバーエージェントでは、この事実を
12月25日0時に把握したのち、データ復旧に着手、
本日完全復旧したとのことです。

不正アクセスによる「Ameba」サービス上の
データ損失などの被害は無く、アメゴールドの
不正使用やパスワードを含む個人情報の漏洩など
これに付随する被害も一切発生していないことを
確認したそうです。

警察に被害届けをだしたそうです。
誰が、やったのでしょうか。

最近、多いですね。


国産のスマートフォン

国産のスマートフォンが頑張っているようです。

携帯販売ランキングです。

キャリア総合では、国産スマートフォンの
快進撃が続いています。

前々回のランキングではシャープの
NTTドコモ端末「AQUOS PHONE SH-01D」が
首位を獲得しました。

今回は富士通東芝モバイルコミュニケーションズの
au端末「ARROWS Z ISW11F」が初登場で
見事に首位を獲得しました。

ARROWS Zはau冬春モデルの中でも
ハイスペックを売りにするモデルです。

デュアルコアCPUによる処理能力の
向上に加え、薄型、防水、おサイフケータイや
ワンセグ、さらには3GとWiMAXの両対応と、
充実した機能を備えています。

また、3位に入っているAQUOS PHONE SH-01Dも
また、基本性能の高さやおサイフケータイ
などの日本向け機能をしっかり押さえたモデルです。

こうした端末が続けざまに上位を獲得したのは、
やはり“全部入りスマートフォン”への
高いニーズがあったようです。

日本人は、高機能を求めますからね。

日本メーカーが頑張っています。


ノートブック

使い勝手や携帯性に優れたノート型
パソコンが相次いで登場しています。

冬商戦では米半導体大手のインテルが主唱し、
スリープ状態からの立ち上がりが早く、
本体の薄さが特長の「ウルトラブック」を
東芝や日本エイサーが発売しました。

起動時間を短縮した製品も増えている。

急速に普及するスマートフォン(高機能携帯電話)や
タブレット端末に脅かされる中、ユーザーの
不満を解消する付加価値をつけて需要喚起を
狙う動きが目立っています。

ウルトラブックはいいですね。

ノートブックは、どんどん変わっていくでしょう。

タブレットが増えていますが、仕事で
使うのは、まだまだです。

ノートブックも頑張っています。

ドコモのメール障害

NTTドコモのスマートフォン向け
インターネット接続サービスでメール障害が
発生しました。

20日、メールアドレスが勝手に
別の人のものと置き換わるなどの
トラブルが発生しました。

影響を受けた人は最大で10万人に
上るとみられています。

会社側では、利用者の情報を管理する
サーバーがデータを処理しきれなかったのが
原因だとみて、対策を急ぐことにしています。

NTTドコモのスマートフォン向けの
インターネット接続サービス「spモード」で
20日、利用者が自分のメールアドレスを
確認した際、勝手に別の人のアドレスに
置き換わるトラブルが起きました。

ipアドレスが重複していたそうです。

でも、ipアドレスが重複すると通信できなく
なるのですが、通信できたのですね。

影響が10万人もあったそうです。
震災でも、つながらないし、通常でも
問題が起こったら高いお金を返せと
言いたいですね。


Windows8

Windows8についての記事です。

IT専門の調査会社である米国IDCの調査です。

デスクトップおよびノートブックPCでは
「Windows 8」へのアップグレードが
ほとんど行われないだろうということです。

それどころか従来のPCユーザーがMicrosoftの
新しいオペレーティング・システム(OS)に
ほとんど関心を示さないだろうと予想しています。

Microsoftは新しいWindows OSの販売に
苦戦するだろう、とIDCは述べています。

タブレットと昔ながらのPCという
2つのデバイスに対して1種類のプラットフォームを
提供し、異なる2つの世界を開拓しようとしている点に
問題があるのだということです。

Windows8は、パソコンに適していないそうです。

辛辣ですね。
まだWindows8をみていないので、わかりませんが、
言っていることは正しいです。

今後に注目です。

首相の演説の中止

野田佳彦首相が街頭演説を19日に
行う予定でした。

北朝鮮の金正日総書記の死去を受け、東京・新橋で
予定していた就任後初の街頭演説を直前に
なって取りやめました。

その新橋の会場では、「前座」を務めた
蓮舫行政刷新担当相らに対し「衆院解散しろ!」
「増税反対!」などとシュプレヒコールが飛び交い、
一部が警官ともみ合い逮捕者が出るほど騒然と
なったそうです。

そう思いますね。

国民は民主党に怒っています。
今まで、怒号はあっても警官ともみあうまでは
ありませんでした。

民主党は、もっと国民のために
政治をしないと、もうだめですよ。



日欧EPAの交渉

枝野幸男経済産業相は16日、
来年1月から欧州連合(EU)議長国となる
デンマークのオールセンデューア貿易・
投資担当相とジュネーブ市内で会談しました。

貿易相は日欧間の経済連携協定(EPA)に関し、
来年前半に正式交渉入りしたいとの意向を表明。

4~6月をめどに開く日・EU定期首脳協議での
交渉開始合意を視野に、加盟国と調整する考えを示した。

枝野経産相は、EU側の姿勢を歓迎した上で、
早期交渉入りができるよう、EUが問題視している
医療機器や食品に対する日本の認証取得手続きなど
について、具体的な議論に入る用意があると説明したそうです。

日本が、TPPの検討をはじめますからね。
ヨーロッパ、中国、韓国は、態度が変わって
きました。

いいことです。
TPPより、EPAやFTAがよいと思います。
 
TPPは戦略だったのかも知れません。

CM好感度

CMに関する調査を行うCM総合研究所が
15日、都内で『BRAND OF THE YEAR 2011』を
開催しました。

本年度のCM好感度ランキングを発表しました。

視聴者から最も好感度が高かった企業は
【ソフトバンクモバイル/SoftBank】で、
お父さんが犬という白戸家です。
登場した2007年から5年連続で首位を独走。

CM展開8232銘柄のなかで今年もトップに
君臨した。

次いで2位には「ぽぽぽぽーん」の
フレーズが話題となった【ACジャパン/あいさつの魔法】、

3位は昨年と変わらず【NTTドコモ/NTT DOCOMO】が続いた。

また、ポルトガル人のミゲル君が歌声を
響かせた【エステー/消臭力】は昨年85位から
7位へと大躍進したそうです。

確かに、白戸家の宣伝は面白いですね。
毎回、笑ってしまいます。

周りの出演者もいいですね。

1位は、納得できます。

掃除ロボット

掃除ロボットが普及しはじめて
いるようです。

自らが動き回って室内を掃除する
「ロボット掃除機」が浸透し始めているようです。

米アイロボットは“元祖”ロボット掃除機の
「ルンバ」を4年ぶりにフルモデルチェンジし、
販売数量を伸ばしています。

国内メーカーでも、過去にロボット掃除機を
発売していた東芝が再参入し、需要開拓を狙うそうです。

10月に発売したルンバの新モデルは、
最先端の人工知能を搭載し、部屋の広さや
汚れ具合のほか、段差や障害物の場所を自分で判断し、
40以上の行動パターンから最適な掃除方法を選択するそうです。

最近は、共働きや高齢者が増えましたから、
掃除も大変です。

やってくれればよいですね。
市場がだんだん広がってきたのですね。

F35の選択

日本が次期主力戦闘機(FX)に
F35戦闘機を採用する方針を固めたそうです。

米軍の次世代型の戦闘攻撃機で、米国防総省は
同盟国間の兵器の共通化による相互運用性を
強化するため、日本に導入を求めてきました。

ただ、開発と生産を同時進行させる同省と
開発主契約社のロッキード・マーチン社の方針は、
度重なる設計変更と飛行試験の遅れを招いています。

米空軍にも実戦配備されていない未知の翼です。

緊縮財政でF35も予算削減から逃れられる聖域ではなく、
単価や日本への機体引き渡し時期には不透明感が漂っているようです。

でも、いいと思いますよ。

少なくとも最先端の技術を日本は手に入れることが
できます。
とりあえずは、アメリカから購入しますが、
日本でも作れる技術を持っておくべきです。


中国経済

中国人民銀行(中央銀行)金融政策委員会の
李稲葵委員は、来年の経済成長率が
8.5%に鈍化する可能性が高いとの
見方を示したそうです。

来年の消費者物価指数(CPI)
上昇率は平均2.9%に大幅鈍化する
見通しということです。

中国の総合ポータルサイト、
新浪( sina.com.cn )にリポートが掲載された。

同委員は、来年の経済成長率が年8%を
割り込むリスクがある場合は、政府が
基本インフラへの投資を拡大できると指摘したそうです。

中国は、8%が生命線のようですから、絶対に
死守するでしょうね。

でも、この数字も本当かどうかはわかりません。
鈍化すると発表するくらいですから
かなり悪いと思います。

注意する必要があります。

COP17

京都議定書以降の地球温暖化対策の
新枠組み(ポスト京都)を話し合う
国連気候変動枠組み条約第17回締約国会議
(COP17)の最終日です。

議長のヌコアナマシャバネ南アフリカ外相が、
新枠組みの内容や今後の交渉過程に関する
議長案を各国に提示しました。

それによると、すべての国が参加する新枠組みは、
京都議定書延長後、20年以降に始まり、
その枠組みは遅くとも15年までに採択する、としています。

一方、来年末で先進国の削減義務期限が
切れる議定書の延長問題に関しては、
来年5月までに、先進国に13年以降の第
2約束期間の削減目標を提出するように要請したそうです。

運用上、温暖化対策の空白期間が
生じないように配慮したようです。

ただし、日本やカナダ、ロシアは参加を
拒否しているので削減義務は課せられないそうです。

国の利害があるので、まとまりませんよ。

日本は、お金を出して相手国の二酸化炭素を
買っていたのです。
おかしいですよ。
5000億円近くをだしてです。

こんな、議定書をおこなう必要はないと思います。


ホテル・旅館の倒産

ホテル・旅館の倒産が増加しているようです。

帝国データバンクは8日、ホテル・旅館業界の
今年の倒産件数を発表しました。

過去最悪のペースで推移しているそうです。

11月末時点で119件となっており、
これまで最多だった2008年(123件)を
上回るのは確実な情勢です。

東日本大震災の発生と東京電力福島第1原発事故の
影響で国内外からの観光客が激減し、大きな打撃を
受けたためです。

4月以降、「首都圏を中心に東日本のホテルや
旅館で宿泊や宴会のキャンセルが相次ぎ、
経営が立ち行かなくなった」ということです。

急激な円高や燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)の
引き上げも追い打ちとなり、台湾や中国の観光客が多い
西日本でも震災関連倒産が発生したようです。

民主党の最初の馬鹿な財務大臣が円高を容認する
発言をしてから一気に円高になりました。

そして震災です。
東電の事故もあります。

全部重なっています。
でも、民主党の責任は大きいと思います。
早く総選挙をおこなうべきです。

マイクロソフトがソフト配信サービス

マイクロソフトがソフト配信に
乗り出すようです。

米マイクロソフト(MS)は6日、
来年2月の次期基本ソフト(OS)
「ウィンドウズ8(開発名)」試験版が
公開されるようです。

それに合わせて、インターネット経由で
自社や外部開発者のゲーム、実用ソフトを
携帯端末などに配信する「ウィンドウズ・ストア」を
開設すると発表しました。

MSは実質的にパソコン向けソフトが主体だったが、
先行するアップルやグーグルに対抗し、
スマートフォン(多機能携帯電話)や
タブレット型携帯端末向けのソフト配信事業に
本格参入することで、成長市場を舞台とした
利用者の囲い込み競争が一段と激化します。

サンフランシスコ市内で同日開いた
外部開発者向けの説明会で、MS幹部は
ソフト配信計画について、当初は無料で提供し、
その後、ソフト1件当たり最低1.49ドル(約116円)で
提供する方針を示したそうです。 

確かに、今まではソフトを別に配信するサイトが
ありました。
でも、マイクロソフトがまとめるのであれば、
よいと思います。
いろいろなソフトを使うことができます。



スマートフォンの利用者

コムスコア・ジャパンが今年10月の
モバイルユーザー調査のデータをもとに
分析しました。

1456万人の国内スマートフォン所有者
のうち61.5%、895万人は男性だったそうです。

スマートフォンユーザーは、35才以下が
51.8%と過半数を占めており、このうち
25~34才が最も多くなっているようです。

また地域別では、関東甲信越地方が
4割近くを占め、以下、関西、中部、
九州地方が続いているようです。

仕事で使っているのでしょうかね。

東京などで使うと便利だと思います。
グーグルマップも使えますし、
ナビ、時刻表などいろいろなソフトが
入っています。

ホームページのチェックもできます。
画面は小さいですが。

便利ですね。

COP17と中国

中国は、COP17で方針転換をしたようです。

中国で温暖化交渉団トップを務める
解振華・国家発展改革委員会副主任(閣僚級)が4日、
国連気候変動枠組み条約第17回締約国会議(COP17)
会場内で記者団の取材に応じたそうです。

解氏は、20年以降と想定される
京都議定書以降の温暖化対策の新枠組み
(ポスト京都)について「議論に同意する」と述べたそうです。

交渉に応じる姿勢を鮮明にしたようです。

中国はこれまで、将来の温室効果ガス削減義務に
つながる議論を強硬に拒んでおり、
明確に方針転換したようです。

いろんなところで、中国に反発が起こって
いますからね。
少しは、考えたのでしょう。

入っても素直にまとまるとは思えませんが。
その間にも、中国の環境はどんどん悪くなって
います。

よくわからない国です。

プーチン与党の議席

ロシア下院(定数450、任期5年)選挙は
モスクワ時間4日午後9時(日本時間5日午前2時)、
投票が締め切られ、即日開票されました。

中央選管が発表した開票率61.8%時点の
暫定結果によると、プーチン首相(前大統領)
率いる最大与党・統一ロシアの得票率は50.05%にとどまりました。

改選前に定数の7割を占めていた議席数の
大幅減が確実な情勢です。
最終的に過半数を維持できるかが焦点のようです。

北方領土問題で、強気に出ていましたが、
支持率は上がりませんね。

ロシアの経済もヨーロッパの影響で、
悪くなっていると思いますよ。

もともと、資源だけで利益をあげている国ですから。

その資源も景気がよいときはよいですが
景気が悪くなると使いませんからね。

ロシアは天然ガスを日本に売りたいようですが、
日本は、世界最大の資源を見つけました。
日本の10%をカバーできるようです。

ロシアも大変になりそうです。


就職活動がスタート

2013年春に卒業する大学3年生の
就職活動が1日、本格的に始まりました。

これまで経団連では、会社説明会などを
10月スタートとしていました。

学業への影響を懸念する声を受けて
12月以降とするよう、会員企業の採用活動の
指針である「倫理憲章」を改め、例年より
2か月遅らせました。

今回のスケジュールでは、面接や筆記試験などが
例年通り翌年4月から予定されているようです。

説明会に参加した上で志望企業を絞る期間は、
2か月短縮される形となったようです。

この日、東京・中央区ではさっそく
合同企業説明会が開かれたようです。

結局、面接や筆記試験が4月だったら
同じような気がします。
2ヶ月間活動期間が短くなっただけの
ような気がします。

やっぱり、根本的に就職のやり方を
変えないといけないような気がしますね。

企業側も考えるべきです。

技術職の単価

技術職の単価が下がっているようです。

就職市場では「正社員志向」が
高まっています。

でも、たとえ正社員で採用されたとしても、
この不況のご時世だとリストラに遭ったり、
または会社がいつ倒産してもおかしくありません。

そんなときに心強いのが「手に職」を持っている
技術系労働者だ。
でも彼らの仕事も、軒並み単価が下がる傾向に
あるということです。

やっぱり、競争が激しくなっているからのようです。

結局、需要と供給に関係です。

技術職で単価が下がったら、技術のない人は
どうすればよいのでしょうかね。

やっぱり技術を身につけるしかないと
思いますが。

| ホーム |


 BLOG TOP