FC2ブログ

プロフィール

kohnai

Author:kohnai
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

クラウド版Office

米マイクロソフトは28日、業務用ソフトを
ネットワーク経由で利用できる
クラウドサービス「オフィス365」
最新版を発表しました。

顧客は、インターネットを通じて、
同社の主力商品である電子メールソフト
「アウトルック」や表計算ソフト「エクセル」、
文章作成ソフト「ワード」などを、
さまざまな機器から場所を選ばず
利用することが可能になります。

マイクロソフトは法人顧客をグーグルの
クラウドサービスに一部奪われているそうです。

オフィス365でグーグルに反撃するそうです。

収益性の高い主力の「オフィス」ソフト事業に
比べて利益率が低いクラウドサービスでは、
企業のIT(情報技術)支出全体における
シェアを拡大することで利益率の低下分を
埋め合わせることを狙っているそうです。

企業がどんどんクラウドサービスへ移っています。

マイクロソフトもついにオフィスを
クラウドにするのですね。
時代の流れでしょうか。

注目です。

スポンサーサイト



燃費のよい車は

自動車の燃費向上の競争は
どんどん続いています。


エコカー市場を牽引してきた
ハイブリッドカーは、東日本大震災の
影響もあり生産台数が減少しているが、
トヨタ、ホンダの両雄は「プリウスα」
「フィットシャトルハイブリッド」という
ワゴンタイプを発売しました。

プリウスαの燃費はガソリン1リットル当たり
26.2キロ(JC08モード)、
フィットシャトルハイブリッドは25キロ(JC08モード)です。

電気自動車(EV)では、三菱自動車の「i-MiEV」が
低容量バッテリーを採用した廉価版の投入を
正式に発表しました。

トヨタもiQをベースにした近距離移動向けEVを
開発中です。

ガソリン車も負けてはいません。
アイドリングストップ機能を実装し、
「第3のエコカー」として生き残りを
かけています。

例えば、マツダがついにSKYACTIV TECHNOLOGYによる
新型エンジンをデミオに採用。
アイドリングストップ機能とあわせて
「リッター30キロ」(10・15モードの場合。
JC08モードでは25キロ)を実現しました。

どんどん燃費が向上しています。

ハイブリッドではなくても、燃費が
向上しています。
軽自動車では、リッター25kmは超えています。

どこまで進化するのでしょうか。

外食の売上

日本フードサービス協会が5月の外食売上高(全店ベース)を
27日発表しました。

前年同月比2.0%減と3カ月連続の
マイナスとなりました。

2.8%減だった4月に比べて減少幅が
縮小しています。

5月は、前年に比べて土曜日が1日
少なかったことや天候不順の日が
多かったこともあり、協会では
「全般的に東日本大震災の影響から
回復しつつあるとみられる」と分析しています。

全体の客数は1.4%減、客単価は0.6%減
だったようです。

ボーナスを貰って消費者の心理も
少し変化しているようです。

自粛ムードも少なくなって
少し贅沢のいいかと思っているようです。

でも、食中毒事故が影響し、「焼き肉」の
客数は12.1%減と大きく売り上げも
11.2%しているようです。

景気も少しよくなっているようです。



中国の電動自転車

中国の広東省深セン市では
主要地域における電動自転車の
走行を禁止する法律を施行しました。

来月1日からは厳しい罰金刑も科される
そうです。

電動自転車を購入し、これまで毎日の
通勤や配送の仕事の手段にフル活用して
きた人たちはどうなるのと現地では不満も
続出だそうです。

スクーターや自動車とは異なり、
電動自転車はあまりにも
静かで近づいてきてるのに気づかず
事故になるケースが多発しているそうです。

深センでは深刻な交通事故の7件に
1件以上が電動自転車によって
引き起こされているようです。

社会問題ですね。

元々、交通ルールのない国ですから
問題は大きいですね。
本来の交通ルールの遵守が最初でしょうが、
急にはできませんからね。

いろいろある国です。

フランスのレストラン

フランスのレストランでミシュランの星を
返上するところが出てきたそうです。

高い失業率と家計の購買力減退による
客足の減少を背景に、シェフにとって
最高の名誉とも言われるミシュランガイドの
「星」を返上するレストランが現れているそうです。

雰囲気や価格の敷居を下げたビストロ
(居酒屋)やブラッスリー(庶民的レストラン)
スタイルを取り入れるレストランも出てきていると
いうことです。

ミシュランの星を貰っても、お客は
きませんからね。
儲かるわけではありません。
それよりも安くて、大衆向けの
食事の方が人気があります。

日本でも、B級グルメの方が
人気があります。
利益も上がっているようです。

そんなものです。

自動車販売

東日本大震災で大きく落ち込んでいた
自動車生産や販売が急速に回復に
向かっています。

平成24年3月期の国内自動車大手10社の
世界販売計画台数は、23年3月期の2097万台を
上回る見通しとなったようです。

震災後の生産減少を下期の増産で
カバーできるとみているためで、
業績に与える震災の悪影響を最小限に
とどめるめどがついたようです。

各社ごとにみると、ホンダが前期比6%減、
トヨタ自動車が微減を見込んだ以外は、
日産自動車が9・9%増と2けたに迫る
伸びとするなど、各社が軒並み増加を
見込んでいます。

予想以上に、部品の供給が早く
回復したようです。

よかったですね。

自動車各社は、期間従業員の募集を
始めたようです。

できれば、正社員がよいのですが、
そこまでは、難しいのかも知れません。

電子書籍の販売

電子書籍の販売が思ったように
伸びていないようです。

電子書籍市場は、米アップルの
タブレット型端末「iPad(アイパッド)」の
人気とともに、急速な普及が期待されていました。

でも足踏み状態が続いているそうです。

昨年末に投入されたシャープとソニーの
専用端末の売れ行きは、非公表ながらも
よくないようです。

印刷大手や通信、電機メーカーが展開している
コンテンツの配信サービスも順調とはいえない。
関係者が期待するのは販売が好調なスマートフォン
(高機能携帯電話)。

通常の携帯電話よりも画面の大きい「スマホ」利用者の
取り込みを急ぐ考えだそうです。

スマートフォンは、携帯からどんどん置き換わって
います。

でも、電子書籍の端末は、何が便利になるのでしょうか。
本を読むためたけに、端末は買いませんね。

本を購入するときは、必ず中身をみますし、
他の本と比較します。
安いです。

アメリカのアマゾンは、電子書籍が普通の書籍を
抜いたようですが、日本ではまだまだかも知れません。

関電株

関西電力の株が落ちているようです。


東日本大震災による東京電力福島第一原子力
発電所事故の影響で、関西電力の株価が下落しました。

大阪市の資産が震災前に比べて約590億円
目減りしているそうです。

市は全株式の約9%を保有する筆頭株主です。

2005年以降、毎年約50億円の配当を得てきたが、
今年度の業績が反映される11月の中間配当以降は
減収の可能性もあり、財政難の市にとって
思わぬ打撃になりそうです。

でも、株価と配当は違いますからね。

関西電力も、他の電力会社と同じように
原発が動かないと、節電が必要になります。
火力になるとコストもあがります。

業績も悪くなるでしょうね。



景気判断

景気判断が少しよくなっているようです。

政府は20日公表した6月の月例経済報告で、
景気の基調判断を「東日本大震災の影響により
依然として厳しい状況にあるなかで、
このところ上向きの動きがみられる」とし、
4か月ぶりに上方修正しました。

震災後に大きく落ち込んだ企業の生産や
輸出が持ち直し始めたと判断しました。

与謝野経済財政相は記者会見で、
「予想以上に生産力の回復が早まりそうだと
いうことが、いろいろな兆候から分かってきた」と、
判断を引き上げた理由を説明しました。

周りをみると、あまり良くなって
いるようには見えませんが、
全体的にはよくなっているのでしょうか。

電機や自動車は、少しよくなって
いるようですが。


ベトナムでデモ

ベトナムの首都ハノイの中国大使館前で19日、
南シナ海の領有権問題で対立する中国への
抗議デモが行われました。

AP通信などによると、学生ら約300人が
参加しました。

抗議デモは5、12日に続いて3週連続です。

共産党支配のベトナムではデモが禁止されているが、
当局は警察官を多数配置してデモを管理下に置き、
短時間に限って容認しているそうです。

デモは前回までと同じく、南部の商業都市
ホーチミンでも行われた。
ハノイでは、参加者が「中国はベトナム領海での
違法活動をやめろ」などと書いたプラカードや
ベトナム国旗を掲げ、大使館前からハノイ市内を
行進しました。
商業施設の前では、中国製品の不買を求めて
叫ぶ光景も見られたということです。

南シナ海の問題は、尖閣と同じですね。

今回は、ベトナムもしつこいですね。
それだけ、中国がいろいろ悪いことを
やっていますから。

中国では、毎日国内で暴動が起こって
いますから、この問題で、暴動が
広がらないければよいですが。

スマホのネット接続時間

株式会社博報堂DYメディアパートナーズは、
「メディア定点調査2011」の結果を発表しました。

マスメディア4媒体とインターネット2媒体を
合計した生活者のメディア接触時間は、
1日平均350.0分です。

昨年の347.9分からほぼ横ばいだが、
インターネットは増加が目立って
いるということです。

各メディアの1日あたりの接触時間は、
テレビが161.4分、ラジオが33.0分、
新聞が23.3分、雑誌が18.6分、パソコンからの
インターネットが81.7分、
携帯電話(スマートフォンを含む)
からのインターネットが32.0分だったようです。

テレビよりは少ないですが、
外で、インターネットが出来るのは
便利ですね。

これから、どんどんスマートフォンが
増えていくでしょうね。



中国のラーメン

香港メディアによると、4種類の
インスタントラーメンの調味料と
調味汁に可塑剤添加の疑惑があると
中国網日本語版(チャイナネット)が
報じたそうです。

日清の「大将炒麺日式焼汁味」もこれに含まれるという。

報道では、日清の「大将炒麺日式焼汁味」の
調味汁から可塑剤DEHPが2.3ppm検出され、
基準値1.5ppmを上回っているという。

上海日清法務部の戴部長は、
上海日清と香港日清はそれぞれの
地域の市場で対応しており、上海日清は、
可塑剤添加の疑惑があるインスタントラーメンを
生産したり、販売したりしたことは
ないとコメントしたそうです。

中国の報道もいいかげんですからね。
こういうことが起こるようになったのは
中国の影の部分ですね。

拝金主義になりました。
そして、格差の拡大です。
中国では、何を信じてよいのでしょうかね。



高齢者の運転事故

15日午後4時40分ごろ、東京都江戸川区船堀の
三菱東京UFJ銀行船堀支店前の歩道に
乗用車が突っ込み、歩行者を次々に
はねました。

運転していた男性を含む計5人が
病院に搬送されたが、60代女性が死亡、
40代女性が意識不明の重体となったようです。

警視庁葛西署によると、運転していたのは
81の人です。
肺挫傷の疑いがあり入院するという。

「アクセルとブレーキを踏み間違えた」と話しており、
同署は運転ミスが原因とみて回復を待って事情を
聴くそうです。

交通事故で、高齢者の交通事故が
増えています。

自分だけ事故を起こすのはよいですが、
周りの人を巻き添えにするのは、
やめて欲しいですね。

もう80歳を超えたら、運転を
辞めさせるべきです。
これからも、どんどん高齢者の
事故が増えます。

何か、対策が必要ですね。
ぶつかる前に止まる機能が必須とか。

汚染水の処理

福島第1原発事故で、東京電力は14日、
高濃度汚染水を処理するシステムを
動かし始めました。

セシウム吸着装置の試運転で放射性セシウムの
濃度が約3000分の1程度まで低減したと
発表しました。

松本純一原子力・立地本部長代理は
「除染能力としては目標を達成できた」との
見方を示したそうです。

よかったですね。

これで、循環して、放射能を出さずに、
原発の冷却がおこなえます。

一安心です。
早急に、現在の汚染水をきれいにする必要が
あります。

TSUTAYA GALAPAGOS

TSUTAYA GALAPAGOSは6月13日、
新聞や雑誌などの電子ブックストアサービスです。

「TSUTAYA GALAPAGOS」を利用できる
アプリ「GALAPAGOS App for Smartphone」が、
シャープ以外のスマートフォンも対応したことを発表しました。

動作確認済みの機種(6月13日時点)は、
ドコモの「Xperia SO-01B」
「GALAXY S SC-02B」「GALAXY Tab SC-01C」
「REGZA Phone T-01C」「MEDIAS N-04C」
「Xperia arc SO-01C」と、auの「REGZA Phone IS04」
のようです。

同アプリはAndroid マーケットで配信されています。
アプリの価格は無料です。

アンドロイドのスマートフォンのサービスが
どんどん増えています。

スマートフォンの時代になっています。

中国の暴動

中国の暴動がどんどん激しくなっています。

広東省の省都・広州市郊外の増城市で
10、11の両日、露天商に対する治安当局者の
取り締まりが原因で1000人以上の暴動が発生し、
25人が警察に拘束されたそうです。

毎日、どこかで暴動がおこっています。

まだ、全体的な、広がりにはなって
いませんが、一触即発です。

まだ、バブルもありますし、景気も
よいですから、まだ我慢できていますが、
これからは、わかりませんね。

これだけ、暴動が起こって取りしまらないと
いけないようになっているのは
問題です。

ネットでも不満がどんどん大きくなって
います。

ソニーの流出問題

ソニーのプレステーションから、
ハッカーによって、個人情報が流出した問題です。

スペイン警察当局は10日、ソニーの
ネットワークサービス「プレイステーション・
ネットワーク」(PSN)に不正侵入した容疑などで、
ハッカー3人を逮捕したと発表しました。

3人は国際的ハッカー集団「アノニマス(匿名)」の
スペイン国内のリーダーとみられ、ソニー以外にも
世界中の政府・企業のウェブサイトに攻撃を
していた疑いが持たれています。

とりあえず、ハッカーがつかまって
よかったですね。

流出したデータは、悪用されなかった
のでしょうか。
それが、心配です。

これからもハッカーは出てきますから、
対策が重要ですね。


ミネラルウォーター

首都圏を中心にミネラルウォーターの
品薄が続いているそうです。

東京都が3月、金町浄水場(葛飾区)から
暫定規制値の2倍を超える放射性物質を
検出したことが発端のようです。

4月には千葉県で母乳から放射性物質を検出。

「若い母親を中心に水の買い占めが連日続いた」
(大手スーパー関係者)ため、スーパーや
コンビニエンスストアなどは一人当たりの
購入本数を制限したそうです。

また、ミネラルウォーターの買占めが
おこっています。

困りますね。

どこまでが安全なのか基準が
欲しいですね。

国産ロボットが原発へ

やっと国産ロボットが原発の建屋に
活用されるようです。

千葉工業大などの研究チームが開発し、
福島第1原発の事故現場で使用される
災害対応支援ロボット「Quince(クインス)」が8日、
報道陣に公開されました。

10日以降に福島へ移送する予定です。

これまで原子炉建屋内の作業では、
米国製ロボットが使われたが、
国産ロボットを投入するのはクインスが初めてです。

クインスは、地震などの災害現場での
救助活動に役立てるため、同大の
未来ロボット技術研究センターの
小柳栄次副所長らが開発しました。

車体は長さ約66センチ、幅約48センチ。

六つの無限軌道で、がれきや階段などの
段差も不自由なく走行できるのが特長。

搭載したカメラで周囲の様子を映し出せるほか、
2キロ離れた場所からも遠隔操作できる。

今回、東京電力の要請で、放射線量計を付けるなど
原発作業用に改造したそうです。

わざわざアメリカのロボットを使わずに、
日本のロボットを使えばよかったと
思います。

汚染水の除去だって、フランスやアメリカの
技術を使っています。

本当に日本には技術がないのでしょうかね。

こういうときに日本の技術を使えば
進歩するのですよ。
実地に検証ができます。

 

フェイスブックのクーポン

フェイスブックもクーポンを
始めるようです。


Facebookは6月7日、自分の今いる
場所に近いお店のクーポンが手に入る
サービス「Facebookチェックインクーポン」を
日本で提供すると発表しました。

GPS対応のフィーチャーフォンや
スマートフォンで利用できます。

米国で「Check-In Deals」として
提供されていた機能で、アジアでは初の
提供となるようです。

いろいろな会社がクーポンサービスを
始めます。

グーグルやアマゾンなどです。

そんなに、いろいろなところが始めても
利用するのでしょうかね。
よくわかりませんが。


君が代訴訟

君が代訴訟の2例目です。

卒業式などでの君が代斉唱時に起立を
命じた校長の職務命令は違憲だとして、
都立高校の元教諭ら13人が東京都に損害賠償を
求めた訴訟の上告審判決で、最高裁第1小法廷
(白木勇裁判長)は6日、命令を合憲と判断し、
元教諭側の上告を棄却しました。

最高裁による起立命令の憲法判断は、
5月30日の第2小法廷の合憲判決に次いで2例目です。

当たり前です。

こんな教諭は、すぐにやめさせるべきです。
普通の市民になった方がよいです。

先生は、国のルールを教える義務が
あります。
その人がルールを守らないなら、
先生の資格はないですね。


ギリシャ問題

ギリシャ問題がまた出てきそうです。

ギリシャは、欧州連合(EU)と国際通貨基金
(IMF)から総額1100億ユーロ
(約13兆円)の金融支援を受けました。

しかし再び窮地に陥り、追加支援策の協議が
本格化しているそうです。

3日には既存の支援策から120億ユーロの
融資を7月に実施すると発表され、月内には
新たな救済措置が打ち出される見通しのようです。

ユーロにしたつけは大きいですね。

ユーロ圏のフランス、ドイツ以外の国が
足を引っ張っています。

どんどん経済が悪くなっています。
金融問題が起こっています。

通貨を1つにしたのに、経済は、
それぞれの国でおこなっています。
矛盾があります。


マツダがアメリカから撤退

マツダがアメリカから撤退する
ようです。

マツダが、米フォード・モーターと
折半出資する米ミシガン州の完成車工場での
合弁を解消するようです。

北米生産から撤退し、この北米工場の持ち分は
すべてをフォードに売却するとみられます。

一方で、中南米市場強化をにらみ、13年を
めどにメキシコに新工場を建設することを
検討しているようです。

北米向けはこの新工場と、日本からの
輸出でまかなうことになりそうです。

合弁って難しいですね。

GMとスズキも提携を解消しました。

あまり、アメリカの市場も魅力が
なくなったのでかも知れません。

メキシコの方が安い車が作れます。
日産のメキシコに工場があったと
思いますよ。

スマートフォンの法人契約

スマートフォンの法人契約が増加
しているようです。

DC Japanがモバイル法人市場に関する調査を
行いました。

2011年、スマートフォンの法人加入者は
前年比で倍に、ビジネスモビリティの
PCユーザーは500万人規模になるそうです。

スマートフォンやモバイルPCの導入が
加速する傾向にあるそうです。

IDCは、2011年のスマートフォン法人加入者が
2010年(65万人)の約2倍にあたる134万人に、
ビジネスモビリティのPCユーザーが
2010年の454万人から46万人増の500万人に
達すると予測しました。

確かに、このまま行くと、スマートフォンは
伸びるでしょうね。

持ち運びが簡単ですし、仕事も
出来ますからね。

携帯は、制約が多すぎました。

スマートフォンは、電話とパソコンですから。

どんどんビジネスに活用されると
思いますよ。


NY株が落ちる

NY株が大幅に落ちました。

先日は、あがったと思ったら
急落です。

優良株で構成するダウ工業株30種平均は
前日終値比279.65ドル(2.2%)安の
1万2290.14ドルで終わりました。

下げ幅は昨年6月4日以来約1年ぶりの
大きさです。

米国の雇用や製造業関連の経済指標が
市場予想よりも悪く、景気の失速懸念が
高まり、幅広い銘柄で売りが優勢となったようです。

先日は、ギリシャ不安が和らいだという
ことで上がりました。

今度はアメリカの景気の問題です。

最近は、乱高下です。

サッカーペルーと親善試合

6月1日、サッカーでペルーと親善試合を
おこないます。

サッカー日本代表は31日、
親善試合・ペルー戦(1日・東北電ス)を前に、
試合会場で約1時間半の最終調整を行いました。

練習は冒頭15分をのぞいて非公開で行われたが、
攻撃面の戦術確認などに時間を割いたという。

この日の練習からDF長友(インテル・ミラノ)、
吉田(VVVフェンロ)、FW本田(CSKAモスクワ)が
合流しました。

長友や本田もでるのですか。

見たいですね。

あんまり一緒に練習していなくても、
どのくらい出来るのか、みたいですね。

特に、長友は活躍していますから、
どのくらいうまくなっているのでしょうか。

| ホーム |


 BLOG TOP